↓↓最近公開された映画の評判をチェック↓↓

宮崎あおい涙「寂しくて…」 渡辺謙に感謝、映画で芽生えた“父娘”の絆にジ~ン

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【ゲイ能】宮崎あおい涙「寂しくて…」 渡辺謙に感謝、映画で芽生えた“父娘”の絆にジ~ン
1: きゅう ★@\(^o^)/ 2016/09/18(日) 08:11:16.05 ID:CAP_USER9.net
no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title


 俳優、渡辺謙(56)が17日、東京・有楽町のTOHOシネマズ日劇で行われた主演映画「怒り」(李相日監督)の初日舞台あいさつに、共演の宮崎あおい(30)ら豪華キャストと出席した。渡辺の娘役を演じた宮崎は渡辺に対し、「もうお父ちゃんと会えないと思うと、寂しい」と涙を流しながら感謝。渡辺も「いつでも連絡をくださいね」と笑顔で応じ、一緒に作品を作り上げた熱い絆を見せた。(サンケイスポーツ)

 豪華キャストが集結した大作の公開初日に、渡辺と宮崎が“親子の絆”を見せた。

 映画は夫婦殺人事件から1年後、逃亡を続ける犯人と思わせる3人の青年が東京と千葉、沖縄に現れ、彼らを取り巻く人々が揺れる姿を描く群像劇。渡辺と宮崎は千葉編で親子を演じた。

 2人は、今月8~18日に開催されたカナダ・トロント国際映画祭に同作が出品された際にも一緒に現地へ訪れるなど、計4回にわたりPR活動を行ってきたが、そろってイベントに参加するのはこの日が最後。

 舞台あいさつは観客からのQ&A形式で行われ、渡辺の印象を問われた宮崎は「今は、寂しくて。明日から“お父ちゃん”(渡辺)に会えなくなるので…」と涙した。

http://www.sankei.com/entertainments/news/160918/ent1609180005-n1.html
http://www.sankei.com/entertainments/news/160918/ent1609180005-n2.html

 続けて、昨年9月末に千葉県内の漁港で行われた撮影を振り返り、「現場でも支えていただいて、私の居場所を作ってくれた。私は一人でいることが多いのですが、隣に椅子を置いて、たまに少し話したりしてくれたり」と声を震わせ、「謙さんの娘を1回でも演じられたことが幸せです」とあふれる思いを口にした。

 渡辺は、親子の確執や風俗嬢の過去など複雑な感情表現を要求される難役を宮崎が演じきったことに「彼女がこの役をやることは、かなりの覚悟だったと思う。撮影期間は(約半月と)短かったが、濃密な親子の時間をすごせた。僕もあおいちゃんと同じ気持ちです」と感慨深げに語り、「いつでも連絡をくださいね」と、この日で別れる“娘”へ名残惜しそうに声を掛けた。

 一方、恋人役を演じた松山ケンイチ(31)について問われた宮崎は「とてもおしゃべりが好きで、気持ちの良い方。頼りがいのある存在」とべた褒め。にもかかわらず、松山は「ある女優さんに『今までで一番変人な女優さんは誰?』と聞いたことがあり、その女優さんはあおいちゃんと言っていた。今回の共演で、その意味が分かりました」と、それまでしんみりとした会場を大爆笑させた。

★主演級キャスト集結

 「怒り」は渡辺、宮崎、松山のほか森山未來(32)、妻夫木聡(35)、綾野剛(34)、広瀬すず(18)ら主演級の豪華キャストが総出演する超話題作で、初日から劇場は大盛況。興業収入20億円を狙える好スタートを切った。現在、スペインで開催中の「第64回サン・セバスティアン国際映画祭」(24日まで)では最高賞に当たるコンペティション部門に選出されており、23日(日本時間24日)のプレミア上映には渡辺と李相日監督(42)が出席する。

続きを読む

渡辺謙、男泣き…主演映画にスタンディングオベーション「外国にも届く」

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】渡辺謙、男泣き…主演映画にスタンディングオベーション「外国にも届く」
1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2016/09/12(月) 05:38:06.64 ID:CAP_USER9.net
2016.9.12 05:05

俳優の渡辺謙(56)が、カナダで開催中の第41回トロント国際映画祭に出品された
主演映画「怒り」(17日公開)の公式上映に女優の宮崎あおい(30)、李相日監督(42)と参加した。

トロント初訪問の渡辺は同映画祭最高賞の観客賞を巡り、盟友の米俳優、レオナルド・ディカプリオ(41)らと対決。
観客の好反応に男泣きし、「この作品は外国にも届く!」と手応えを口にした。

「ケーン!!」「ケンサーン!!」。劇場前に到着した黒いバンから颯爽と登場した
日本が誇るハリウッドスターに、カナダが沸いた。

1913年創設の由緒ある劇場、エルギンシアターは、1400席が超満員。
映画は未解決殺人事件の犯人と思われる男性と接する人々の心の揺れを描いた群像劇で、上映中は観客のすすり泣く声も。
上映後はスタンディングオベーションが起こり、渡辺は男泣きだ。

北米最大級の映画祭で米アカデミー賞の前哨戦とされるトロントでは、
デンゼル・ワシントン(61)ら豪華キャストで傑作西部劇「荒野の七人」をリメークした「マグニフィセント・セブン」や、
ディカプリオがプロデューサーを務めた「Before the Flood」などと最高賞の観客賞を競う。

渡辺は、2010年の映画「インセプション」で共演したレオ様とほぼ同時期に現地入り。
久々の再会を果たそうとメールを送るも、互いに多忙で実現しなかったが、
日米の友情はいまも続いている。

同映画祭ではライバル関係となるが、「競うというより、同じところに映画人として出られることがうれしい」と笑顔。
一方、賞への自信には明言を避けたが、「この映画は外国にも届くんだという思いをすごく強くした」と力を込めた。

「怒り」は、17日に日本で公開された後、スペインで開催される第64回サン・セバスティアン国際映画祭(16~24日)
のコンペティション部門に日本映画で唯一出品される。渡辺と監督は23日のプレミア上映にあわせて現地入りする。

約2週間で北米、日本、欧州と世界を股にかける渡辺は
「また場所が違えば、感想も違うと思う」としつつ、「(海外でも)変わりはないんだろうね、
この映画の持っている根幹みたいなものは。国や文化の違いとかは吹っ飛んじゃう」と作品の力を実感。

13年の主演作「許されざる者」でベネチア国際映画祭などを訪れて以来、
3年ぶりとなった海外映画祭は、大きな自信につながったようだ。

◆トロント国際映画祭
カナダ最大の都市トロントで1976年から毎年9月に開催され、
ベルリン、カンヌに次ぐ規模の来場者数32万人を集める北米最大の映画祭。
今年は日本から、ほかに「永い言い訳」(西川美和監督)、「海よりもまだ深く」(是枝裕和監督)などが出品。
渡辺と李監督は13年にもタッグを組んだ「許されざる者」が出品されたが、
このときはともに現地入りできなかった。


・観客のスタンディングオベーションに感無量の左から渡辺謙、宮崎あおい、李相日監督
no title

no title

・観客の温かい拍手を受け、さまざまな思いが交錯して男泣きする渡辺
no title

no title

・トロントの夜景を背に笑顔の右から渡辺、宮崎、李監督=カナダ・トロント
no title

・トロント国際映画祭参加した(左から)李相日監督、渡辺謙、宮崎あおい
no title

no title

http://www.sanspo.com/geino/news/20160912/geo16091205050006-n1.html

∥関連∥
・宮崎あおい、トロント国際映画祭で流暢な英語披露「ここは特別な場所」
http://www.sanspo.com/geino/news/20160912/geo16091205020007-n1.html

続きを読む

『追憶の森』2chでの評価

このエントリーをはてなブックマークに追加
5.5/10IMDb
2016年5月6日時点

no title
 
予告
続きを読む

“しゃべり過ぎ”マシュー・マコノヒーに渡辺謙が呆れ顔!?

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】 “しゃべり過ぎ”オスカー俳優に渡辺謙が呆れ顔!?
1: casillas ★@\(^o^)/ 2016/04/26(火) 20:38:35.97 ID:CAP_USER*.net
オスカー俳優マシュー・マコノヒーと渡辺謙がタッグを組んだ“泣けるミステリー”『追憶の森』が、4月29日(金)より公開される。
それに先駆け、TOHOシネマズ六本木ヒルズにて開催されたプレミアイベントに渡辺謙が登場!ユニークなマシュー・マコノヒーのVTRメッセージに渡辺&会場は大笑いだった。

4月17日(日本時間)に、大盛況の内に幕を閉じたブロードウェイミュージカル「王様と私」の公演終了後、公の場に登場するのは初となった渡辺。『追憶の森』での撮影秘話などを披露した。

残念ながら今回、来日が実現しなかったマシューは、ビデオメッセージで登場。「ケンとの共演は念願だった。
ケンは独特の雰囲気があって威厳を感じる。まさに“王様”のようだよ」と持ち上げ、「それにあんなにユーモアがあるとは。現場では笑い話で和んだよ」とニッコリ。

「渋谷で撮影した最初のテイクは使われなかったね。なぜ使われなかったのかはケンが話したら?(笑)」と話題を提供しつつ、「ケンは忌々しいほど歌が上手いんだ。歌ってみたら?」と思わぬ無茶ぶりも。

「(本作のような)アクションよりもケンとは歌って踊りたいね。次は舞台で一緒にミュージカルを!」と声高に主張し、日本での滞在話を繰り広げた後、最後は「聞いたよ。お孫さんが生まれるって。双子だって?君の血筋が続いていくのは嬉しいね」と、さまざまな話題でしゃべり続けた。
これには渡辺も呆れた様子で「コイツ皮肉屋だよね(笑)。歌ってみてだって?いいって!映画の話を!」と返答。「しゃべり過ぎ!」と突っ込んで会場を沸かせていた。

ちなみに、渋谷でのテイクが使われなかった理由は「エモーショナルに、激しく演じ過ぎたから。もっと不思議なニュアンスにしたかったんです」と解説していた。

本作は、演技力と存在感で映画界に確固たる地位を築いたマシュー・マコノヒーと渡辺謙が、ガス・ヴァン・サント監督と共に生み出したミステリアスな物語。
死に場所を求め、富士山麓の青木ヶ原樹海に入ったアメリカ人のアーサー(マシュー・マコノヒー)と、日本人男性タクミ(渡辺謙)の交流やサバイバル模様が描かれている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160426-00000047-mvwalk-movi
no title

マシュー・マコノヒー

マシュー・マコノヒー
生年月日1969年11月4日
職業俳優・プロデューサー
活動期間 1991年 - 活動中
主な作品
評決のとき
コンタクト
リンカーン弁護士
マジック・マイク
ダラス・バイヤーズクラブ
インターステラー

マシュー・デヴィッド・マコノヒーMatthew David McConaughey, 1969年11月4日 - )は、アメリカ合衆国俳優映画プロデューサーである。姓は正しくはマコノヘイである。


wikipediaより

続きを読む

渡辺謙「一人も兵士が戦死しないで70年を過ごしてきたこの国。どんな経緯で出来た憲法であれ僕は世界に誇れると思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【俳優】渡辺謙「一人も兵士が戦死しないで70年を過ごしてきたこの国。どんな経緯で出来た憲法であれ僕は世界に誇れると思う」★2
1: ぬーぼー ★@\(^o^)/ 2015/08/01(土) 22:40:11.98 ID:???*.net
渡辺謙 ?@harryken311
一人も兵士が戦死しないで70年を過ごしてきたこの国。どんな経緯で出来た憲法であれ僕は世界に誇れると思う、
戦争はしないんだと!複雑で利害が異なる隣国とも、ポケットに忍ばせた拳や石ころよりも
最大の抑止力は友人であることだと思う。その為に僕は世界に友人を増やしたい。絵空事と笑われても。

https://twitter.com/harryken311/status/627286045676077056

前スレ  ★1:2015/08/01(土) 14:53:37.04
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1438408417/

続きを読む
広告
オススメ
最新コメント