↓↓最近公開された映画の評判をチェック↓↓

富野由悠季「悔しいけど出来のいい映画。そりゃあもう嫉妬心ムラムラですよ」…『この世界の片隅に』片渕監督と対談

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】富野由悠季「悔しいけど出来のいい映画。そりゃあもう嫉妬心ムラムラですよ」…『この世界の片隅に』片渕監督と対談
1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2017/02/21(火) 20:06:50.38 ID:CAP_USER9.net
富野由悠季×片渕須直の対談が実現 「悔しいけど出来のいい映画。そりゃあもう嫉妬心ムラムラですよ」
2017.2.21 Tue 18:24

アニメ・ゲーム・声優関係の様々な番組コンテンツを配信する新ポータル「AG-ON Premium」は、3月17日の本オープンを前にプレオープンし、オープン記念対談・特別番組が決定したことを発表した。スペシャル対談には『機動戦士ガンダム』シリーズで知られる富野由悠季監督と、大ヒット中の映画『この世界の片隅に』を手掛けた片渕須直監督が登場する。

対談は「前篇」と「後篇」に分けての配信となる。「前篇」では「和田昌之と長久友紀のWADAX Radio」の特別編として、両監督へのインタビューが行われた。
『この世界の片隅に』を観て片渕監督との対談を切望したという富野監督は、同作に対する評価を問われると「悔しいけど出来のいい映画。そりゃあもう嫉妬心ムラムラですよ(笑)。自分で作りたいと思った」との大賛辞を送ったほか、富野監督ならではの作品論や技術論を展開している。

一方の「後篇」はニュースサイト「ダ・ヴィンチニュース」とのコラボによる、「ダ・ヴィンチニュース編~映画『この世界の片隅に』富野監督×片渕監督 特別対談」と題した両名の対談だ。
このなかで片渕監督は「すずさんは日常生活を営んでいたはずだったのに、何に追い詰められて“戦争をする側”の意識に至ってしまったのか」としたうえで、「戦争は何が罪かというと、昨日まで普通の市民だった人が徴兵されて兵隊になるわけですね。そうやって人が本来犯すべきではない罪を背負わされたり、あるいは罪でもないのに罪悪感を背負わされたりする。そういう末に、すずさんは『私は戦っているのだ』という意識に至ってしまう」と、人物造形について詳細に解説している。

配信中の「前篇」は8月20日まで、「後篇」は3月10日から9月10日まで視聴可能だ。世代の異なる2人のアニメーション監督はどんな対談を繰り広げるのか、アニメファン必聴のコンテンツといえそうだ。

「富野由悠季監督×片渕須直監督対談」※対談特番「前篇」
視聴可能期間: 好評配信中~2017年8月20日(日)23:59まで

(以下略、全文はソースをご覧ください。※本文は原文ママ)


no title

no title

http://animeanime.jp/article/2017/02/21/32646.html

続きを読む

のん 「この世界の片隅に」引っ提げメキシコへ「誰にでも響くと思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】のん 「この世界の片隅に」引っ提げメキシコへ「誰にでも響くと思う」
1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2017/02/15(水) 20:05:56.96 ID:CAP_USER9.net
 ◇毎日映画コンクール表彰式

 2016年度(第71回)毎日映画コンクールの表彰式が15日、神奈川・ミューザ川崎シンフォニーホールで行われた。

 アニメ映画「この世界の片隅に」が、日本映画優秀賞と大藤信郎賞をダブル受賞。昨年は大藤信郎賞の審査員を務めていた片渕須直監督(56)は、「去年は会場にいて、来年はどのへんにいるかなと思っていた。今のこの状態を去年の自分に教えてやりたい」と感激の面持ちだ。

 63スクリーンでのスタートだったが、現在は289スクリーンにまで膨れ上がり興収も20億円を突破。「今日で公開から96日目ですが、まだまだ上がっていて、たくさんの人が広げてくれている。本当にありがたい」としみじみ話した。

 主人公・すずの声を担当したのん(23)も日本映画優秀賞のトロフィーを受け取り、「監督をはじめスタッフ、共演者、見てくださる皆さんが広めていってくれている感覚があって、とても興奮しています」と満面の笑み。既に世界23カ国での上映が決まり、3月には片渕監督とともにメキシコに赴く予定で「この映画の一番のテーマは、日常の中にはたくさんの楽しいことが転がっているということ。それはどこの国の誰にでも響くと思う」と期待を寄せていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170215-00000147-spnannex-ent
no title

続きを読む

片渕氏感激!「この世界の片隅に」がアニメ作品で監督賞初受賞/ブルーリボン賞

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画片渕氏感激!「この世界の片隅に」がアニメ作品で監督賞初受賞/ブルーリボン賞
1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 05:18:54.93 ID:CAP_USER9.net
2017.1.26 05:02

 サンケイスポーツなど在京スポーツ7紙の映画記者が選ぶ「第59回ブルーリボン賞」が25日、決定。「この世界の片隅に」で片渕須直監督(56)が監督賞を

受賞。一般映画の監督と競ってアニメ作品で初めて受賞したことに「感謝しています。題材が実写映画に近いのかな」と感激した。

 興収は15億円を突破。能年玲奈から改名した女優、のん(23)が、戦時中の広島・呉市を舞台に懸命に生きようとする主人公すずの声を熱演したこに「実写に近い、女優として演じている雰囲気でとらえていただいた」と感謝した。


no title

http://www.sanspo.com/geino/news/20170126/geo17012605020021-n1.html

続きを読む

マイマイ新子と千年の魔法:「この世界の片隅に」ヒットでリバイバル上映 片渕監督がファンを前に感慨

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】マイマイ新子と千年の魔法:「この世界の片隅に」ヒットでリバイバル上映 片渕監督がファンを前に感慨
1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2017/01/21(土) 05:07:40.16 ID:CAP_USER9.net
2017年01月20日

 ヒット中の劇場版アニメ「この世界の片隅に」の片渕須直監督が手がけた劇場版アニメ「マイマイ新子と千年の魔法」のリバイバル上映が20日、新宿ピカデリー(東京都新宿区)で行われた。同作は、「この世界の片隅に」のヒットを受けて再上映されることになったといい、片渕監督は、劇場に集まったファンを前に「こんなにたくさんのお客さんに見ていただけるとは……」と感慨深げに語った。

 「マイマイ新子と千年の魔法」は、2009年に公開され、高い評価を得たものの、動員はやや苦戦した。これまでフィルムで上映されていたが、「この世界の片隅に」のヒットによって注目が集まっていることから、DCP(デジタルシネマパッケージ)が製作され、この日がDCP版のお披露目となった。片渕監督は「『マイマイ新子』の再出発となった気がします。いろいろなことが実現でき、本当にありがたい」と感謝の言葉を述べた。

 「マイマイ新子と千年の魔法」は、高樹のぶ子さんの自伝的小説が原作。昭和30年代の山口県防府市を舞台に、空想好きな小学3年生の少女・新子、東京から引っ越してきた引っ込み思案な少女・貴伊子らの日常を描いたアニメ。第14回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞にも選ばれた。


・「マイマイ新子と千年の魔法」のリバイバル上映に登場した片渕須直監督
no title

http://mantan-web.jp/2017/01/20/20170120dog00m200044000c.html

マイマイ新子と千年の魔法

マイマイ新子と千年の魔法
監督片渕須直
脚本片渕須直
出演者 福田麻由子
水沢奈子
森迫永依
本上まなみ
音楽 村井秀清
Minako "mooki" Obata
主題歌 コトリンゴ『こどものせかい』
制作会社マッドハウス
上映時間93分

マイマイ新子と千年の魔法』(マイマイしんことせんねんのまほう)は、高樹のぶ子の自伝的小説『マイマイ新子』を原作とするアニメーション映画である。インターナショナルタイトルは"Mai Mai Miracle"。監督は片渕須直文部科学省特選


wikipediaより

続きを読む

アニメ「この世界の片隅に」作り事でない戦時中の描写にこだわった 監督の片渕須直さん

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】 アニメ「この世界の片隅に」作り事でない戦時中の描写にこだわった 監督の片渕須直さん
1: 鉄チーズ烏 ★@\(^o^)/ 2017/01/15(日) 09:02:42.58 ID:CAP_USER9.net
 「広い層に自分の作品を見てもらうにはどうしたらいいか、いつも悩んでいた。本当にうれしい」

 監督作「この世界の片隅に」が第90回キネマ旬報ベスト・テンで、「となりのトトロ」以来、28年ぶりにアニメ作品として日本映画第1位に選出された。アニメ作品初となる日本映画監督賞も同時に受賞した。

 こうの史代さんの漫画を映画化。第二次大戦中の広島・呉を舞台に、名もない人々の日常を描いた。派手さのない内容から思うように資金が集まらず、インターネットで資金を募るクラウドファンディングで製作を開始。昨年11月に公開されると、徹底した調査で再現した当時の暮らしや日常を少しでも明るく生きようとする主人公・すずらの姿を描く内容が人気を呼び、約86万人を動員、興行収入は約11億円を記録する大ヒットとなった(9日現在)。

 「作り事ではない真実性のある戦時中の描写にこだわった。そこに若い世代が共感してくれ、父母や祖父母を誘う形で映画が広がった。本当に良かった」

 日大芸術学部映画学科在学中から宮崎駿監督作品「名探偵ホームズ」に脚本家として参加。平成13年に「アリーテ姫」で監督デビューし、21年には「マイマイ新子と千年の魔法」で高い評価を得た。

 すずの声を好演した、のんさんも高い評価を得た。「すずのせりふが広島弁として正しいのか、ちゃんと当時を表現できているのか不安だった。でも、広島の観客が『おばあちゃんと同じ話し方。おばあちゃんが若い声でしゃべってた』と言ってくれた。あれはうれしかった」と笑った。(岡本耕治、写真も)


2017.1.14 22:06
http://www.sankei.com/entertainments/news/170114/ent1701140018-n1.html
no title

続きを読む
広告
最新コメント