↓↓最近公開された映画の評判をチェック↓↓

「猫が教えてくれたこと」舞台はイスタンブール、猫と人のふれあい収めたドキュメンタリー新写真7点公開

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:「猫が教えてくれたこと」舞台はイスタンブール、猫と人のふれあい収めたドキュメンタリー新写真7点公開
1: muffin ★ 2017/10/16(月) 20:26:49.85 ID:CAP_USER9.net
http://natalie.mu/eiga/news/252840
2017年10月16日 12:00

ドキュメンタリー映画「猫が教えてくれたこと」の新たな場面写真が公開された。

トルコ・イスタンブールで暮らす個性的な猫たちを追った本作。
このたび到着した場面写真は7点で、猫をなでる人々の姿や、寝転がった猫に男性がブラッシングをする様子などが切り取られている。

ジェイダ・トルンが監督を務めた「猫が教えてくれたこと」は、11月18日より東京・シネスイッチ銀座ほか全国にて順次公開。

no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title

「猫が教えてくれたこと」予告編


続きを読む

吉祥寺ねこ祭りで猫と触れ合える「猫だらけ上映会」開催、会場は猫カフェ

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:吉祥寺ねこ祭りで猫と触れ合える「猫だらけ上映会」開催、会場は猫カフェ
1: muffin ★ 2017/10/10(火) 19:57:08.41 ID:CAP_USER9.net
http://natalie.mu/eiga/news/251997
2017年10月10日 8:04

「吉祥寺ねこ祭り2017」内のイベントとして、「猫だらけ上映会2017」が東京・吉祥寺の猫カフェ、きゃりこ吉祥寺店で10月22日に開催される。
本イベントでは、本物の猫たちと触れ合いながら映画を鑑賞。上映作品にはゲームアプリ「ねこあつめ」を原案とした実写映画「ねこあつめの家」が選ばれた。参加申し込みは「吉祥寺ねこ祭り2017」公式サイトにて受付中だ。

「吉祥寺ねこ祭り2017」は10月31日まで吉祥寺エリアの各ショップにて開催中。パン屋が参加する「秋のねこパン祭り」では、個性的な“ねこパン”が限定販売される。

■猫だらけ上映会2017
2017年10月22日(日)東京都 きゃりこ吉祥寺店
1回目 開場 10:00 / 開映 10:30
2回目 開場 12:30 / 開映 13:00
料金:3500円 ※フリードリンク付き
<上映作品>
「ねこあつめの家」

no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title

関連記事

続きを読む

『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』2chでの評価

このエントリーをはてなブックマークに追加
7.4/10IMDb
2017年09月01日時点

no title
関連記事

引用元:ボブという名の猫 幸せのハイタッチ A STREET CAT NAMED BOB
続きを読む

「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」ネコのボブが来日、ジャパンプレミアに新津ちせも登場

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」ネコのボブが来日、ジャパンプレミアに新津ちせも登場
1: muffin ★@\(^o^)/ 2017/08/03(木) 16:29:27.20 ID:CAP_USER9.net
https://news.walkerplus.com/article/116911/

ホームレスだったストリート・ミュージシャンを1匹のネコが救った。そんな驚きの実話を映画化した『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』(8月26日公開)のジャパンプレミアが8月2日に新宿ピカデリーで行われ、原作者のジェームズ・ボーエンとネコのボブが登壇した。

今回が初めての日本という2人(1人と1匹?)。劇中ではジェームズの肩に乗っているシーンが多いが、今日はボブが飼い主のジェームズを引っ張る勢いで歩いて登場するや、場内からは温かい拍手と歓声が上がった。

早速、MCの奥浜レイラの進行でトークショーは開始。ボブはイギリスからの長旅でお腹がすいているのか、ジェームズが持つチューブタイプのキャットフードにずっとかぶりついていて、ジェームズはそんなボブを笑顔で見守る。

ジェームズがボブとの出会いの話に続き、劇中でボブが自身役で出演した際のエピソードを披露。「彼は完全なる映画スターで、超プロだった。いまはマーロン・ブランドみたいに気難しく見えるかもしれないけどね(笑)」とジョーク交じりに紹介。

さらに「乳製品が好きで、ギャランティーが乳製品だったと聞いたんですけど」という奥浜の質問に答えようとしたジェームズ。しかし、相変わらずキャットフードをおねだりしてるボブの姿に歓声が上がり、トレードマークのハイタッチを促す。

ボブはクリームチーズが好きで、映画の中でも食べるシーンがあるそうだ。ちなみに撮影現場ではなにかあった時のために、スタッフ全員がポケットにクリームチーズを忍ばせていたのだとか。

トークショーが進むなか、2人に会いたかったという子役の新津ちせがネコガールの衣装で登場。ボブに和柄のスカーフをプレゼントし、ボブもどこかうれしそう。「音楽を聞いたりしても逃げないのがすごい」と同じ役者として尊敬のまなざしで眺めていた。

プレゼントのお返しにジェームズから、日本未発売の英語による3冊目の著書をプレゼントされた新津は「英語を勉強しているので頑張って英語で読みたいなと思います」との感想に会場内から再び歓声が。「日本に来たからにはお寿司と和菓子を食べてほしい」との彼女のリクエストに「ボブもお寿司が好きだと思います」と帰国前にお寿司を食べたい旨を伝えてトークショーは終了。

最後のフォトセッションでジェームズと新津がカメラに向かって手を振るなか、ボブも尻尾を振るキュートさで、終始、来場した人々を和ませていた。

no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title



続きを読む

ヒーリング効果絶大なネコ映画ベスト5

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】ヒーリング効果絶大なネコ映画ベスト5
1: muffin ★@\(^o^)/ 2017/05/06(土) 15:59:06.58ID:CAP_USER9.net
https://www.cinematoday.jp/news/N0091324
2017年5月5日 10時00分

ここ数年、ネコ映画ブームの勢いはとどまるところを知らず、『猫侍 南の島へ行く』『先生と迷い猫』『4/猫-ねこぶんのよん-』『猫なんかよんでもこない。』『世界から猫が消えたなら』などの作品が続々公開されている。
(略)
あくまで人にこびることなく、わが道を行くライフスタイルを貫くネコ特有の魅力を映し出した映画を、「猫びより」「ネコまる」などのネコ雑誌で執筆中のネコ好きライター、平野敦子が紹介する。

■ネコ好きライターが選ぶベスト5
1位:『ティファニーで朝食を』(1961)
no title

オードリー・ヘプバーン主演の本作では茶色のネコが大活躍し、助演男優賞ものの名演を披露。
“ネコ”という名前のネコは破天荒なヒロインの部屋で自由気ままな暮らしを楽しむと同時に孤独な彼女の理解者となり、ラストシーンにも堂々登場。ネコの存在が幸せのバロメーターとなることを実証している。

2位:『好きにならずにいられない』(2014)
アイスランド=デンマーク発の本作は白黒の猫が登場。
母親と同居中の43歳シングル、人見知りのオタクな大男フーシが恋する相手シェヴンの相棒がこのネコで、結局彼は失恋してしまうのだが、
ネコだけが心優しいフーシの魅力に気づいてなつくことからも、ネコが人間の本性を見抜く鋭い観察眼をもっていることがわかる。

3位:『カミーユ、恋はふたたび』(2012)
no title

主人公はアメリカンショートヘアと思しきネコと暮らす40代の女性。
ある日タイムスリップし、外見はそのままに10代に戻ってしまう彼女のかたわらにはいつもネコの姿が。
気まぐれやわがままだと言われることが多いネコだが、実は大好きな相手のためなら忠実な良きパートナーになれることを証明してくれる。

4位:『犬に名前をつける日』(2015)
no title

イヌのみならずネコをはじめとする全ての生き物の命の尊さを描いた本作。
動物愛護センターで殺処分を待つイヌやネコの姿に、人間の身勝手さを思い知らされるが、そのような状況でも懸命に生きようとするネコたちの姿に、彼らがとてつもないパワーを内に秘めていることに改めて気づかされる。

5位:『ゴッドファーザー』(1972)
no title

オープニングシーンには、泣く子も黙るドン・コルレオーネの膝に抱かれ、すっかりリラックスしているネコが登場。
その後彼のファミリーが関わることになる血なまぐさい抗争の数々を思えば、ネコは“平和”の象徴と言えるかもしれない。

ネコ映画のブームは衰えることなく今後も新作がめじろ押し。主演のアナ・ケンドリックの“ネコ耳”姿がキュートな『バッド・バディ!私と彼の暗殺デート』(5月13日公開)、
『猫侍』シリーズのスタッフが再集結し、主演の大野拓朗が8キロを超える共演ネコ・金時へのぞっこんぶりを告白した『猫忍』(5月20日公開)などが待機中。
その他要所要所でネコが登場するイランの名匠アスガー・ファルハディによる『セールスマン』(6月10日公開)や、
天才ダンサーのセルゲイが幼い頃に飼っていたネコの姿がちらりと登場する『ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣』(7月15日公開)などもある。

続きを読む
広告
オススメ
最新コメント