↓↓最近公開された映画の評判をチェック↓↓

『土竜の唄 香港狂騒曲』2chでの評価

このエントリーをはてなブックマークに追加
N/AIMDb
2016年 12月 25日時点

no title
予告
続きを読む

生田斗真が二階堂ふみを失神させたと衝撃告白「トラウマです」…映画「脳男」舞台あいさつ

このエントリーをはてなブックマークに追加
ネタ元:【芸能】生田斗真が二階堂ふみを失神させたと衝撃告白「トラウマです」…映画「脳男」舞台あいさつ
禿の月φ ★[sage] 2013/02/09(土) 12:27:41.75 ID:???P
    俳優の生田斗真さん(28)が9日、東京都内で行われた
    主演映画「脳男」の舞台あいさつに女優の二階堂ふみさん(18)らと
    一緒に登場。
    劇中ではアクションシーンも見どころで、撮影時を振り返った
    生田さんは二階堂さんの首を絞めるシーンで監督から
    もっと強く絞めてほしいとリクエストされたといい、
    「忍びなかったんですけど、グッとやったら、
    (二階堂)ふみちゃん落ちちゃって。(当時)17歳の少女を
    落としてしまったって。トラウマです」と語り、観客を驚かせた。
   
    一方、撮影で生田さんに“落とされた”二階堂さんは
    失神したときのことを
    「ふわって(なりました)。未知なる体験でしたね」と淡々と語って、
    笑いを誘った。
   
    映画は、生まれながらに並外れた知能と肉体を持ち、
    正義のためには殺人をもいとわない美しき殺人者“脳男”が主人公。
    都内で連続爆破事件が発生。警察は犯人・緑川のアジトに
    踏み込むが、そこで捕らえられたのが、鈴木一郎を名乗る
    “脳男”だった。
    脳男は、犯行の異常性から精神鑑定を受けることになるが、
    担当の精神科医・鷲谷真梨子は、一切の感情を出さない彼に
    興味を持ち、彼の過去を調べ始める……というストーリー。
   
    舞台あいさつには、生田さん、二階堂さんのほか、松雪泰子さん、
    江口洋介さん、太田莉菜さんらが登場。
    生田さんは、「映画館に足を運んでくれれば、そこにはとんでもない衝撃が
    待っています」と主演映画をアピール。
    さらに「こんな作品が日本で作れるんだという証しになったと思います。
    そういった意味でも『脳男』に可能性を感じていますし、自分自身が
    日本の文化を支えられる人間になれたらと、
    改めて思いました」と語っていた。(毎日新聞デジタル)
   
    ソース:毎日jp(毎日新聞)
    http://mainichi.jp/mantan/news/20130209dyo00m200002000c.html
    画像:映画「脳男」の舞台あいさつに登場した二階堂ふみさん
    001
    164_large
    264_large
    364_large

続きを読む

生田斗真が高橋のぼる氏の人気漫画を実写映画化する「土竜の唄」に主演…三池監督×クドカンの強力タッグ

このエントリーをはてなブックマークに追加
ネタ元:【映画】生田斗真が高橋のぼる氏の人気漫画を実写映画化する「土竜の唄」に主演…三池監督×クドカンの強力タッグ
禿の月φ ★[sage] 2013/01/21(月) 05:11:39.50 ID:???P
    俳優の生田斗真が、高橋のぼる氏の人気漫画を実写映画化する
    「土竜の唄」に主演し、主人公・菊川玲二に扮することがわかった。
    ある犯罪組織を壊滅させるために送り込まれた
    潜入捜査官という役どころで、メガホンをとる三池崇史監督と
    脚本を手がける宮藤官九郎という
    組み合わせから、過激な描写が予想される。
   
    生田は、「日本が誇るふたつの才能がぶつかり合う瞬間に
    現場をともに過ごせること、とても楽しみで興奮しています。
    三池&宮藤ワールドの地下深くまでどっぷり潜りたいと思います。
    気合入ってます!!! ばっちこーい!!!!」と意欲をみなぎらせている。
   
    原作は「週刊ビッグコミックスピリッツ」に連載中で、33巻まで
    刊行されたコミックは累計発行部数は350万部。
    多数の作品を抱える版元の小学館社内でも、
    “読者が映像化を切望する最後の大物”と言われており、
    多くのミュージシャンやお笑い芸人、漫画家などもファンを公言している。
    それだけに、今回の映画化に寄せられる期待は高まるばかりだ。
   
    三池監督は「5分に1度、何かが起きてスクリーンから目を離せない、
    『ジャパニーズ・ミッション・インポッシブル』と呼べるような、
    スピード感あふれる作品にしたい」と意気込む。
   
    さらに、「中学生がトラウマになるような、過激な映画にしたいね」
    と語っており、三池ワールド全開のスリリングな
    潜入捜査コメディを予感させる。
   
    生田は、これまでに「人間失格」「ハナミズキ」「僕等がいた 前後篇」
    などで様々な役どころを演じきり、最新作「脳男」(2月9日公開)では
    生まれつき感情のない殺人マシーンという難役に挑んだ。
    今作では、初タッグの三池監督、ドラマ「うぬぼれ刑事」以来となる
    宮藤のもと、バカ丸出しでスケベなのに女性経験のない
    童貞潜入捜査官役を通し、“誰も見たことがない生田斗真”を
    惜しげもなく披露する。
    (>>2以降に続きます)
   
    ソース:eiga.com
    http://eiga.com/news/20130121/1/
    画像:
    mogura1_large
    mogura2_large
    mogura3_large

続きを読む

生田斗真&吉高由里子、主演映画「僕等がいた」は「初キスのような柔らかい、甘酸っぱい作品」/北星学園女子中学・高校でPR

このエントリーをはてなブックマークに追加
ネタ元:【映画】生田斗真&吉高由里子、主演映画「僕等がいた」は「初キスのような柔らかい、甘酸っぱい作品」/北星学園女子中学・高校でPR
禿の月φ ★[sage] 2012/03/06(火) 05:50:00.35 ID:???P
    北海道釧路市などで撮影された映画「僕等がいた」の公開を前に、
    主演の生田斗真と吉高由里子が5日、
    札幌市の北星学園女子中学・高校を訪れ、映画をPRした。
   
    生田は「映画には北海道のきれいな空や緑が詰まっている。
    皆さんに愛してもらえたらうれしい」とあいさつ。
    吉高も「初キスのような柔らかい、甘酸っぱい作品です」と話した。
   
    2人は、映画のプロデューサーが同校で行った講演会にゲスト登壇。
    約650人の女子生徒が一斉に上げる歓声に、
    生田は「女子校パワーはすごい」とたじろいだ様子。
    吉高は「いっぱい恋して、きれいになってね」と語りかけた。
   
    映画は、高校2年のときに出会った男女の成長や別離を描いた
    ラブストーリーで、同名の少女漫画が原作。前編が3月17日に、
    後編は4月21日に公開される。(共同)
   
    ソース:SANSPO.COM(サンスポ・コム)
    http://www.sanspo.com/geino/news/20120305/joh12030518300002-n1.html
    画像:映画「僕等がいた」をPRする主演の吉高由里子さん
    joh12030518300002-p1

    関連ニュース
    【芸能】吉高由里子、ものまねで人気の福田彩乃とイベント初共演 YOUのものまねに挑戦
    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1330605737/続きを読む

Mr.Childrenが4月18日に生田斗真・吉高由里子W主演映画「僕等がいた」の主題歌をリリース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ネタ元:【音楽】Mr.Childrenが4月18日に生田斗真・吉高由里子W主演映画「僕等がいた」の主題歌をリリース
禿の月φ ★[sage] 2012/01/23(月) 00:11:59.28 ID:???P
    人気ロックバンド・Mr.Childrenが、生田斗真・吉高由里子W主演映画
    『僕等がいた』(前・後篇)のために書き下ろした
    主題歌2曲を4月18日にリリースすることがわかった。
    まばゆいばかりの初恋を描いた“出会い”の前篇には
    「祈り ~涙の軌道」が、誓った未来を貫く“運命”の後篇には、
    今回タイトルが発表された「pieces」が使用される。
   
    同作は、2002年より少女漫画誌『月刊ベツコミ』(小学館)で連載中の
    小畑友紀の同名漫画が原作。
    高校で出会った男女が、大学、そして社会人へと成長していく時の流れの中で、
    北海道と東京を舞台に繰り広げる恋愛のときめきと試練を描いた純愛ストーリー。
    恋愛映画としては異例の前・後篇で製作、邦画初の2部作連続で公開する。
   
    今回の楽曲提供にあたり桜井は「作品のいちファンとして、主人公達の
    純粋さに、大いに影響を受けながら、そして、エンドロールで曲が流れる
    その瞬間をイメージして真っ直ぐな気持ちで音楽制作に取り組みました。
    物語と音楽が激しく絡み合うその時を僕も楽しみにしています」とコメントしている。
   
    映画『僕等がいた』は、(前篇)3月17日(土)、(後篇)4月21日(土)
    2部作連続ロードショー。
    Mr.Childrenの新曲「祈り ~涙の軌道 / End of the day / pieces」は、
    トリプルA面で4月18日発売。
   
    ソース:ORICON STYLE(オリコンスタイル)
    http://www.oricon.co.jp/news/movie/2006013/full/
    画像:映画「僕等がいた」の主題歌2曲をリリースするMr.Children
    2006013_201201230592366001327244436c

    映画「僕等がいた」
    2006013_201201230592649001327244436c
    2006013_201201230592850001327244436c

続きを読む
広告
最新コメント