↓↓最近公開された映画の評判をチェック↓↓

「坂道のアポロン」淳兄役はディーン・フジオカ、百合香役は真野恵里菜

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】「坂道のアポロン」淳兄役はディーン・フジオカ、百合香役は真野恵里菜
1: muffin ★@\(^o^)/ 2017/05/26(金) 20:38:39.91 ID:CAP_USER9.net
http://natalie.mu/eiga/news/234114
2017年5月26日 6:00

知念侑李(Hey! Say! JUMP)の単独初主演作「坂道のアポロン」に、ディーン・フジオカ、真野恵里菜、中村梅雀が参加するとわかった。

小玉ユキのマンガを三木孝浩が実写映画化した本作は、長崎・佐世保に引っ越してきた高校1年生の西見薫を主人公とする青春音楽ラブストーリー。
心を閉ざしがちな薫が、クラスメイトとの出会いを通してジャズの魅力に目覚めていくさまを描く。
知念が薫を演じるほか、学校一の荒くれ者・川渕千太郎に中川大志、千太郎の幼なじみで薫が思いを寄せる少女・迎律子に小松菜奈が扮する。

ディーンが演じるのは、千太郎が“淳兄”と呼び、実の兄のように慕う桂木淳一。
ディーンはこの役のために2016年8月からトランペットの練習を始めたほか、劇中ではジャズスタンダード「But Not For Me」を歌唱しており、
「お酒を飲みもしないのにジャズバーに行ってはセッションで歌っていた、思い出の“But Not For Me”を本作品で歌えて、大変嬉しく思います。
音楽が好きで、ジャズが好きで、チェット・ベイカーが好きで、だからトランペッターが歌う、と言うキャラクターに特別に強い憧れがありました」とコメントを寄せている。

そして千太郎が一目惚れするミステリアスな美女・深堀百合香役の真野は「ちょっぴりミステリアスで恋に揺れる女性を大切に演じたいです」と意気込む。
律子の父親でレコード店店主である迎勉に扮する中村は「ベースを愛し、JAZZを愛し、そしてこよなく娘を愛する人間として、迎勉というお役を頂けたことは、とてもとても嬉しいです」と喜びを語っている。

「坂道のアポロン」は2018年に全国ロードショー。

左から真野恵里菜、ディーン・フジオカ、中村梅雀
no title

左から川渕千太郎役の中川大志、迎律子役の小松菜奈
no title

坂道のアポロン

坂道のアポロン
監督三木孝浩
脚本髙橋泉
出演者 知念侑李Hey! Say! JUMP
中川大志
小松菜奈
制作会社 アスミック・エース
C&Iエンタテインメント

坂道のアポロン』(さかみちのアポロン)は、小玉ユキによる日本漫画。『月刊フラワーズ』(小学館)にて、2007年11月号から2012年3月号まで連載された。同年5月号から9月号まで番外編「BONUS TRACK」が掲載された。単行本は全9巻と番外編1巻。作者にとって、1巻を超える長さの連載作品は初めてである。『このマンガがすごい! 2009』オンナ編で1位を獲得。第57回小学館漫画賞一般向け部門を受賞。作者の産休のため、2010年5月号から7月号まで休載した。


wikipediaより

続きを読む

映画撮影中に船舶事故 知念侑李、小松菜奈、中川大志らが重軽傷

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:映画撮影中に船舶事故 知念侑李、小松菜奈、中川大志らが重軽傷
1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/05/15(月) 20:09:45.26 0.net
知念侑李、小松菜奈ら負傷か 長崎で船舶事故
[2017年5月15日20時2分]

 長崎県佐世保市の黒島の港近くで14日夜、海上タクシー船(12トン)が防波堤に衝突したとみられる事故は
映画のロケ後の移動で、乗っていた人気アイドルグループ「Hey!Say!JUMP」の知念侑李と俳優の中川大志、小
松菜奈の出演者3人が、事故後に病院で検査を受けたことが15日、映画の配給会社への取材で分かった。

 同社は「3人に異常はなかった」としているが、軽傷を負った可能性がある。

 映画は「坂道のアポロン」。配給会社「アスミック・エース」によると、スタッフ2人が肋骨(ろっこつ)などを折るけがを負った。

http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1823988.html
no title

続きを読む

「坂道のアポロン」実写映画化!主演は知念侑李、中川大志&小松菜奈も出演

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】「坂道のアポロン」実写映画化!主演は知念侑李、中川大志&小松菜奈も出演
1: pb ★ 2017/04/28(金) 15:12:59.58 ID:CAP_USER.net
小玉ユキ「坂道のアポロン」の実写映画化が決定した。主人公の西見薫役は知念侑李(Hey! Say! JUMP)、川渕千太郎役は中川大志、迎律子役は小松菜奈が演じる。

月刊flowers(小学館)にて2007年から2012年まで連載されていた「坂道のアポロン」は、ジャズを通じて交流を深めていく学生たちを描いた青春ラブストーリー。長崎県佐世保市に引っ越してきた心を閉ざしがちな転校生・薫は、ドラムを叩く不良少年・千太郎と、心優しいクラスメイト・律子に出会ったことで変わっていく。同作は「このマンガがすごい!2009」オンナ編で1位を獲得し、第57回小学館漫画賞では一般向け部門を受賞、2012年にはテレビアニメ化もされた。小玉は「坂道のアポロンという原曲が実写化によってアレンジされ、新しい命を吹き込まれるのをいち観客として楽しみにしています」と期待を寄せている。

映画の監督は「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」「ソラニン」などで知られる三木孝浩が担当。「大好きなこの原作を素敵なキャスト陣と共に映画化できることを本当に嬉しく思います」と喜びを語った。また昨年9月よりピアノの練習に励んでいるという知念は「この作品でキーとなるジャズは絶賛練習中です。主人公のようにジャズを楽しみながら撮影していきたいと思います」とコメント。自ら電子ドラムを購入し、家での自主練も欠かさないという中川は「千太郎の叩く、力強く語りかけてくるようなドラムを、スクリーンで思いっきり表現出来るよう全力で臨みたいと思います」と、中川とともに佐世保弁での演技に挑む小松は「迎律子ちゃんという素朴で純粋な1人の女の子を丁寧に演じられたらいいなと思います」とそれぞれ意気込みを語った。

映画「坂道のアポロン」は2018年に全国公開予定。

no title


http://natalie.mu/comic/news/230601

坂道のアポロン

坂道のアポロン
監督三木孝浩
脚本髙橋泉
出演者 知念侑李Hey! Say! JUMP
中川大志
小松菜奈
制作会社 アスミック・エース
C&Iエンタテインメント

坂道のアポロン』(さかみちのアポロン)は、小玉ユキによる日本漫画。『月刊フラワーズ』(小学館)にて、2007年11月号から2012年3月号まで連載された。同年5月号から9月号まで番外編「BONUS TRACK」が掲載された。単行本は全9巻と番外編1巻。作者にとって、1巻を超える長さの連載作品は初めてである。『このマンガがすごい! 2009』オンナ編で1位を獲得。第57回小学館漫画賞一般向け部門を受賞。作者の産休のため、2010年5月号から7月号まで休載した。


wikipediaより

続きを読む

『金メダル男』2chでの評価

このエントリーをはてなブックマークに追加
N/AIMDb
2016年 10月 23日時点

no title
予告
続きを読む
広告
最新コメント