↓↓最近公開された映画の評判をチェック↓↓

窪塚洋介が「GO」「凶気の桜」を回想、最近は娘に「メロメロメロンパンナ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】窪塚洋介が「GO」「凶気の桜」を回想、最近は娘に「メロメロメロンパンナ」
1: muffin ★@\(^o^)/ 2017/07/09(日) 11:54:06.34 ID:CAP_USER9.net
http://natalie.mu/eiga/news/239939
2017年7月8日 14:37

「アリーキャット」の公開を記念した「“窪塚洋介”オールナイト」が7月7日から8日かけて東京・テアトル新宿で行われ、窪塚洋介が登壇した。

窪塚とDragon Ashの降谷建志がダブル主演を務めた「アリーキャット」は、とある女性を守るためコンビを組むことになったアウトサイダー2人が都会を奔走するさまを描くクライムドラマ。
このオールナイトでは窪塚が第25回日本アカデミー賞の最優秀主演男優賞に輝いた「GO」をはじめ、「凶気の桜」「ジ、エクストリーム、スキヤキ」の3作品がスクリーンにかけられた。

緑と白のボーダーTシャツ姿で登場した窪塚は、まず「トム・ハンクスです」と海外俳優の名前で自己紹介をするというお決まりの一ボケ。
「だんだん思い浮かぶ俳優が少なくなってきてアンソニー・ホプキンスが2回出てきたこともありましたけれど」と語り笑いを誘う。
「七夕の今日に俺の映画が観たいと思ってくれるもの好きな(笑)、やさしいファンの方々に集まってもらえてうれしいです」と挨拶する。

本日上映される3作品は窪塚自身も選定に関わったという。自分が主演した作品は子供のようなものと語る窪塚は、急に思い出したかのように「子供といえば、赤ちゃんかわいいなあ」と、先日生まれたばかりの娘“あまとちゃん”を思い出し表情をほころばせる。
すると会場からは一斉に拍手が起こり「おめでとうー!」と娘の誕生を祝福する声も飛んだ。

窪塚は「もうメロメロ、メロメロメロンパンナちゃんなんですけれど。毎朝6時半に起きて、おしめ替えたりとか、俺がおっぱい出ればいいんですけど、俺出ないんでね。
サポートしたりとか、なんでもう眠いんです。最近は23時には寝てるんで」と開始が22時前という夜遅いイベントのせいか、眠たげな顔でつい本音をもらす。

(続きはソースをご覧下さい)
no title
no title
no title
no title

窪塚洋介

窪塚 洋介(くぼづか ようすけ、1979年5月7日 - )は、日本の俳優、歌手。神奈川県横須賀市出身。神奈川県立横須賀高等学校卒業。所属事務所はモノポライズ。卍LINEという名義でレゲエDeeJayとしても活動しているほか、空水名義ではミュージック・ビデオの監督も務めている。身長177cm。血液型はO型。2003年ごろまではテレビドラマにも出演していたが、以降は映画、舞台をメインに活動している。 1995年、テレビドラマ『金田一少年の事件簿』(日本テレビ系)でデビュー。 1995年 - 1998年、2時間ドラマや深夜ドラマの端役などで活動。この頃は『ヨースケ』という芸名であった。 1998年、『GTO』(フジテレビ系)の優等生・菊池善人役で出演。 2000年、ヒットドラマ『池袋ウエストゲートパーク』(TBS系)にて、キングこと安藤タカシ役で出演。 2001年、『ストロベリー・オンザ・ショートケーキ』(TBS系)に出演。 同年、NHK総合テレビで放送されたドラマDモード『もう一度キス』にてテレビドラマ初主演(音楽大学生:三枝歩役)。
wikipediaより

続きを読む

窪塚洋介:降谷建志とのW主演は“ガイダンス”「天の導き、来たな」

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】窪塚洋介:降谷建志とのW主演は“ガイダンス” 「天の導き、来たな」
1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2017/06/24(土) 05:09:35.33 ID:CAP_USER9.net
2017年06月23日

 俳優の窪塚洋介さんと人気ロックバンド「Dragon Ash(ドラゴンアッシュ)」の降谷建志さんが23日、東京都内で行われたダブル主演映画「アリーキャット」(榊英雄監督、7月15日公開)のプレミア上映会に登場。
窪塚さんは、降谷さんと2年前に知人の結婚式で初対面し、その2週間後にダブル主演のオファーをもらったといい、「“レゲエ的”に言うと『ガイダンス』、天の導き、来たなって。やるしかねえな。“バディもの”ってだけで燃えますけど、輪をかけて前のめりで台本を読ませてもらいました」と振り返った。

 映画は、後遺症を抱える元ボクサーで、今は警備員のバイトで食いぶちをつなく“マル”こと朝秀晃を窪塚さん、保健所で保護ネコを引き取った際にマルと出会う“リリィ”こと梅津郁巳を降谷さんが演じ、ひょんなことからバディとなった男二人が、一人の女を守るために奮闘する再生の物語。
シングルマザーとしてひたむきに生きるヒロインに市川由衣さん、ヒロインの元恋人で凶悪なストーカー役でお笑いコンビ「品川庄司」の品川祐さんも出演している。

 舞台あいさつには窪塚さん、降谷さんに加え、品川さんと市川さんも登場。市川さんは窪塚さんと降谷さんのことを「私たち30代にとっては本当のカリスマ的存在の方々。この役をやるんだって台本を読んでいたから、ワクワクしかしなかった」と笑顔。
また、撮影現場で降谷さんのことを「新人俳優」といじっていたという品川さんは「(降谷さんは)本当にすげー気さく。思っていた以上にすごい気さくなんですけど、ちょいちょい“ドラゴンアッシュがもれる”時がある」と明かし、降谷さんは横で大笑いしていた。


映画「アリーキャット」のプレミア上映会に登場した窪塚洋介さん(右)と「Dragon Ash」の降谷建志さん
no title
https://mantan-web.jp/2017/06/23/20170623dog00m200033000c.html

関連記事

続きを読む

窪塚洋介×降谷建志初タッグ、映画『アリーキャット」』予告解禁

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】窪塚洋介×降谷建志初タッグ、映画『アリーキャット」』予告解禁
1: イセモル ★@\(^o^)/ 2017/05/12(金) 18:22:04.57ID:CAP_USER9.net
窪塚洋介とKjこと降谷建志(Dragon Ash)を主演に迎えた映画『アリーキャット』の予告編が解禁された。

本作は、野良猫(alley cat)のように街の片隅でひっそり生きる男マル(窪塚洋介)が、ひょんなことから相棒となった男リリィ(降谷建志)と一緒に、一人の女を守るために奮闘し、闇社会に絡んだクライムサスペンスの要素を持ちつつも、人生に躓いた人間の再生を描いた物語。主演ふたりの胸躍るような顔合わせが、本作の全体の空気感を包み込んでいる。また、シングルマザーとしてひたむきに生きるヒロインには市川由衣、ヒロインの元恋人で凶悪なストーカーを演じるのは品川祐。そして、主人公のボクサー時代のパトロンだったヤクザの幹部を火野正平が演じ、異彩を放つ。ほか、三浦誠己、高川裕也、柳英里紗、川瀬陽太、森岡豊、馬場良馬ら存在感のある面々が脇を固める。

監督には、『捨てがたき人々』『木屋町DARUMA』など、野心作を世に生み出し続けている榊英雄。また、主題歌「Lost and Found」は、デビュー25 周年を迎えるシンガー・ソングライターの榊いずみが手掛けた。

『アリーキャット』は、2017年7月15日よりテアトル新宿ほか全国ロードショー。


◎『アーリーキャット』予告編
https://youtu.be/fjmI9DCWm0Y



*****
引用ここまで
http://www.billboard-japan.com/sp/d_news/detail/50899/2
no title

続きを読む

『沈黙 サイレンス』2chでの評価

このエントリーをはてなブックマークに追加
7.7/10IMDb
2017年 01月 23日時点

no title
予告
続きを読む

窪塚洋介、あのハリウッド俳優と一触即発!?

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【芸能】窪塚洋介、あのハリウッド俳優と一触即発!?
1: 鉄チーズ烏 ★@\(^o^)/ 2017/01/19(木) 05:29:27.61 ID:CAP_USER9.net
 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを果たした俳優の窪塚洋介(37)が、17日に都内で行われたジャパンプレミアで取材に応じ、同作で共演した『アメイジング・スパイダーマン』シリーズのアンドリュー・ガーフィールド(33)と一触即発の状態になったエピソードを語った。

 遠藤周作の小説「沈黙」を巨匠マーティン・スコセッシ監督が映画化した本作。江戸時代初期の日本を舞台に、激しいキリシタン弾圧の中で棄教したとされる師の真実を確かめるために来日した宣教師・ロドリゴ(アンドリュー)の体験を通して、人間にとって本当に大切なものとは何かを問う。

 物語の鍵を握る日本人キチジローを演じた窪塚は、キリシタン弾圧下の日本でも自分の信念を貫こうと葛藤するロドリゴを演じたアンドリューについて「撮影中もすごいなと思うところがいっぱいあった」と感心するが、アンドリューが役に入り込むあまり、ぶつかりそうになる瞬間もあったそう。

 「彼は役にものすごく入り込むタイプの役者さんなので、(物語が進むにつれて)フラストレーションがたまるようなところもあって、正直僕がちょっとバチッてなることもあったんです。ん! って(イラッと)なるときもあったんですけど、“Fワード”は言わずに……彼は言っていましたけど(笑)」。

 しかし、完成した作品を観て、「やっぱり素晴らしい役者さんだと思いました」とあらためてアンドリューの演技に感銘を受けたと語る窪塚。「本当に感動したし、何度もアンドリューのシーンで涙を流したので、あのときはごめんってなりました。この前も会ったときに気持ちを伝えてハグをして。素敵な役者さんだと思います」とたたえた。(編集部・中山雄一朗)

映画『沈黙-サイレンス-』は1月21日より全国公開


1/19(木) 5:20配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170119-00000002-flix-movi
no title

窪塚洋介

窪塚洋介
生年月日1979年5月7日
身長177cm
血液型O型
職業 俳優歌手(レゲエDeeJay)、ミュージック・ビデオ監督、カメラマン
ジャンル 映画テレビドラマ、レゲエ(歌手面)、ヒップホップ(歌手面)
活動期間 1995年 -
主な作品
映画
俺は、君のためにこそ死ににいく
サンブンノイチ
GO
ピンポン
凶気の桜
Laundry
同じ月を見ている
ドラマ
GTO
池袋ウエストゲートパーク
ストロベリー・オンザ・ショートケーキ
ロング・ラブレター〜漂流教室〜
舞台
血は立ったまま眠っている

窪塚 洋介(くぼづか ようすけ、1979年5月7日 - )は、日本俳優、レゲエシンガーミュージック・ビデオ監督カメラマン神奈川県横須賀市出身。神奈川県立横須賀高等学校卒業。所属事務所はモノポライズ。レゲエDeeJay(歌手)としては卍LINE名義ミュージック・ビデオ監督としては空水名義で活動している。俳優としては主に映画舞台で活動しているが、2002年まではテレビドラマにも出演していた。


wikipediaより

続きを読む
広告
オススメ
最新コメント