↓↓最近公開された映画の評判をチェック↓↓

元ジブリ米林監督が新作、宮崎駿監督「俺は見ない」

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【アニメ映画】元ジブリ米林監督が新作、宮崎駿監督「俺は見ない」
1: たんぽぽ ★@\(^o^)/ 2017/06/22(木) 18:29:34.69 ID:CAP_USER9.net
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170622-01844259-nksports-ent
日刊スポーツ

 アニメ映画「メアリと魔女の花」(米林宏昌監督、7月6日公開)スペシャルトークイベントが22日、東京・六本木ヒルズアリーナで行われた。

 「メアリと魔女の花」は、スタジオジブリで「借りぐらしのアリエッティ」(10年)、「思い出のマーニー」(14年)を手がけた米林宏昌監督(43)と、「思い出の−」をプロデュースした西村義明プロデューサーが、14年末にスタジオジブリを退社し、15年4月に設立した新スタジオ「スタジオポノック」で製作した第1作だ。

 西村プロデューサーと米林監督は、作品が完成し、最初に回した0号試写の翌日に、スタジオジブリに完成した映画を見せに行ったと明かした。宮崎駿監督は「俺は見ない」と言い、見なかったというが、高畑勲監督と鈴木敏夫プロデューサーは見たという。

 西村プロデューサーは「鈴木さんは開口一番『よく頑張った。ジブリの呪縛から解き放たれると、こういう映画を作るのか? 素直に伸び伸びといい作品を作ったね』と言ってくれた。高畑監督はファンタジーが嫌いなんですが、すごく褒めてくれた。『好感を持てる映画です。私が好感を持つということは成功は危ういんじゃないか』と言っていましたけど」と明かした。米林監督は、宮崎監督から「よく頑張った」と、ねぎらってもらったことを明かした。

 イベントには声優を務めた主演の杉咲花(19)、神木隆之介(24)、小日向文世(63)、佐藤二朗(48)、遠藤憲一(55)、大竹しのぶ(59)が登壇した。

no title

続きを読む

「メアリと魔女の花」主題歌はSEKAI NO OWARI書き下ろし、新予告も到着

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】「メアリと魔女の花」主題歌はSEKAI NO OWARI書き下ろし、新予告も到着
1: muffin ★@\(^o^)/ 2017/06/09(金) 17:17:58.83 ID:CAP_USER9.net
http://natalie.mu/eiga/news/236068
2017年6月9日 12:05

米林宏昌が手がけた長編アニメーション「メアリと魔女の花」の主題歌がSEKAI NO OWARIの書き下ろし楽曲「RAIN」に決定。あわせて本作の新たな予告編が解禁された。

これは、SEKAI NO OWARIが昨日6月8日に出演したLINE LIVEの番組内で発表されたもの。
番組には米林やプロデューサーの西村義明も登場し、メンバーとの対談の中でオファーの経緯や制作にまつわるエピソードなどを語った。

主題歌について、SEKAI NO OWARIのメンバーは「映画を観終わったあと、メアリの成長と共に自分も一歩踏み出してみようと思えるような主題歌にしようと、米林監督や西村プロデューサーと話し合いを重ねながら楽曲を作り上げてきました」とコメント。
米林は「悲しみの雨は不意にやってきて僕たちを濡らしますが、そんな中でも力強く歩いていきたいと思えるような、勇気をくれる歌です」と言及した。

そしてYouTubeで公開された予告編には、杉咲花が息を吹き込んだメアリ、神木隆之介が声を当てたピーターらが登場。
後半には「RAIN」が流れる中、メアリがほうきで空を飛ぶシーンなどが切り取られていく。なお本映像は明日6月10日から全国の映画館で上映される。

7月8日に封切られる「メアリと魔女の花」は、イギリスの女流作家メアリー・スチュアートの児童文学をもとに、魔女の国へと旅立つ少女メアリの冒険を描いた作品。
杉咲と神木のほか、天海祐希、満島ひかり、大竹しのぶ、小日向文世、佐藤二朗、渡辺えりがキャストに名を連ねる。
(続きはソースをご覧下さい)

「メアリと魔女の花」予告3


no title
no title
no title

SEKAI NO OWARI

SEKAI NO OWARI(せかいのおわり、セカイノオワリ、End Of The World)とは、2010年にインディーズデビューし、2011年にメジャーデビューした日本の4人組ロックバンド。 バンド名はFukaseが命名したもので、「世界が終わったような生活を送っていた頃に残されていたのが音楽と今の仲間だったので、終わりから始めてみよう」という想いが込められている。2011年に表記を「世界の終わり」からアルファベット表記に改めた。また、2012年にアルバム『ENTERTAINMENT』の発表以降は、DJ LOVE以外のメンバーも本名を伏せている。 メンバー 4人はFukaseを通した幼稚園から高校までの友人であり、Saoriのみ1学年後輩である。現在のDJ LOVEは2代目であるが、初代とは今でも親交がある。ちなみにDJ LOVE以外の3人はあやまんJAPANのファンタジスタさくらだ、女流書道家の金澤翔子と小学生時代の級友である。メンバーと仲間のスタッフで、一軒家を借りて共同生活を送っている。 当初は私服姿 でライブやPV、アーティスト写真の撮影をしていたが、その後それらのパフォーマンスで揃いの衣装 を着用するようになった。
wikipediaより

続きを読む

神木隆之介、ジブリ出身・米林監督と7年ぶりタッグ 『メアリと魔女の花』に声優参加

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】神木隆之介、ジブリ出身・米林監督と7年ぶりタッグ 『メアリと魔女の花』に声優参加
1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2017/05/23(火) 05:11:56.62 ID:CAP_USER9.net
2017-05-23 05:00

 俳優の神木隆之介(24)が、スタジオジブリ出身・米林宏昌監督の最新アニメーション映画『メアリと魔女の花』(7月8日公開)で、ヒロイン・メアリの小さな嘘によって大事件に巻き込まれてしまう12歳の少年・ピーターの声を担当していることが明らかになった。
米林監督とは、『借りぐらしのアリエッティ』(2010年)以来7年ぶり2度目のタッグ。歴代邦画興収ランキング1~3位(『千と千尋の神隠し』『君の名は。』『ハウルの動く城』)すべてに声の出演をしていることから“神ってる”と話題になった神木の参加で、同作をさらに盛り上げる。

 同作は、2014年末にジブリを退社した米林監督が、新拠点スタジオポノックで製作する初の長編作品。イギリスの作家メアリー・スチュアート氏の児童文学に基づき、赤い館村に引っ越してきた主人公メアリが、7年に一度しか咲かない禁断の魔女の花“夜間飛行”を見つけたことから始まる冒険を描く。
主人公メアリを杉咲花が演じるほか、天海祐希、小日向文世、満島ひかり、佐藤二朗、遠藤憲一、渡辺えり、大竹しのぶが声優を務める。

 メアリが引越し先で出会う、地元の優等生的な勤労少年だというピーター役の神木は「7年ぶりに米林監督と一緒にお仕事をさせていただけると聞いて、すごく懐かしい気持ちとうれしい気持ちでいっぱいになりました」と再タッグに喜び。
「本当に夢があるストーリーで、メアリの奔放さだったり、ピーターの真っ直ぐさだったり、ちいさな勇気が大きく何かを変えるパワーを持っているということを感じました」と話している。

 神木とは、日本テレビ系連続ドラマ『学校のカイダン』以来の共演となる杉咲は「神木さんが過去に声優をされている作品を見ていたので、今回ご一緒できて本当にうれしかったです」と話し、
「神木さんの声は耳にとても心地良く、いつまでも聴いていたいと思いました」と絶賛している。

 米林監督は、「杉咲さんのメアリと神木さんのピーターのデコボココンビは、作品に温かい空気を与えてくれました」と、2人に手応えを感じている様子。
西村義明プロデューサーは、神木の起用理由について「思春期直前の少年の中にある無邪気さ、優しさ、儚さ、逞しさ。子どもでも大人でもない、その中間に一時だけ存在する少年性を求めたとき、神木隆之介さんの声に正解がありました。
お転婆なメアリに翻弄され、映画の中で最も大変な思いをするピーターですが、映画の中で一番の“いいヤツ”なのです」と説明している。


『メアリと魔女の花』でピーターの声優を務める神木隆之介 (C)2017「メアリと魔女の花」製作委員会
no title

映画『メアリと魔女の花』(左から)メアリ役の杉咲花、ピーター役の神木隆之介(C)2017「メアリと魔女の花」製作委員会
no title

http://www.oricon.co.jp/news/2091117/full/

続きを読む

杉咲花、声優でも“花”咲かせます!ジブリ出身監督作品『メアリと魔女の花』で主人公役挑戦

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】杉咲花、声優でも“花”咲かせます!ジブリ出身監督作品『メアリと魔女の花』で主人公役挑戦
1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2017/02/24(金) 05:28:09.84 ID:CAP_USER9.net
杉咲花、声優でも“花”咲かせます!『メアリと魔女の花』で主人公役挑戦
2017.2.24 05:05

 女優、杉咲花(19)が7月8日公開のアニメ映画「メアリと魔女の花」で主人公、メアリの声優を担当することが23日、分かった。同作はスタジオジブリ出身の米林宏昌監督(43)がジブリ退社後、初めて手がける話題作。今年のブルーリボン賞助演女優賞を獲得し、若手屈指の実力派として大ブレーク中の杉咲は「メアリに“花”咲かせます!!」と“満開”の演技を約束した

キュートな風貌に天才的な演技力を秘める杉咲が、自らの声で少女、メアリに魂を吹き込む。

 同作は、ジブリ出身の西村義明プロデューサー(39)が設立したスタジオポノックの長編アニメ第1弾。ジブリで2010年の「借りぐらしのアリエッティ」、14年の「思い出のマーニー」を手がけた米林氏の監督3作目で、7年に一度しか咲かない禁断の花“夜間飛行”を見つけたメアリが一夜限り、魔法を使えるようになるファンタジー大作だ。

 魔女の国で大冒険を繰り広げる元気な主人公、メアリの声を担当する杉咲が声優に挑むのは、同じ米林作品の「-マーニー」以来、3年ぶり2度目。同作では第3のヒロイン、彩香を演じたが、今回は主役に“大出世”。杉咲がジブリ作品の中で一番好きだと公言する「-アリエッティ」を監督した米林氏と再タッグとなり、同監督もブレーク前から杉咲の声優としての才能を感じていただけに「彼女ならできます。この作品はメアリと“花”の映画」と太鼓判を押す。

(以下略、全文はソースをご覧ください。)


同作の世界観を表現したセットの前で、劇中に登場する禁断の花“夜間飛行”を手に笑顔を見せる杉咲花
no title

no title

no title

no title

no title

no title

http://www.sanspo.com/geino/news/20170224/geo17022405050008-n1.html

続きを読む

思い出のマーニーの米林宏昌監督 映画『メアリと魔女の花』を語る

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:ジブリからキャラデザパクった米林宏昌監督 映画『メアリと魔女の花』を語る
1: キドクラッチ(東日本)@\(^o^)/ [NO] 2017/02/16(木) 22:53:39.84 ID:b3QDSfeK0.net BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典
スタジオジブリ出身の米林宏昌監督が、最新作『メアリと魔女の花』をジブリを受け継ぐべく新設されたスタジオポノックにて製作する。
メアリー・スチュアート著の原作「メアリと魔女の花」(原題 The Little Broomstick)をベースとした同作について米林監督、西村義明プロデューサーが語った。

no title


米林監督は魔女という題材について、「もらった時は「え?」と思ったけれど、原作を読んだら面白い話でした。これを基にして今までとは違う、
全く新しい形のアニメーションができるんじゃないか?と」感じたという。そして「『思い出のマーニー』は僕自身すごく好きな作品で、
これで終わってもいいと思っていました。でも、もう1本作るのであれば全然違う作品を作って皆さんのイメージを裏切りたいという思いもあって。
『思い出のマーニー』は”静”の作品ですが、”動”の作品を作りたいと。マーニーが心の中を描いているので、今回は主人公の女の子メアリは躍動的で、
自分の意志で動き回るものにしたいと思いました。『借りぐらしのアリエッティ』『思い出のマーニー』同様に一人の少女のそばに立ちつつ、
観てくださった人にそっと寄り添って、少し背を押せるような作品を作りたいと思います。皆さんに楽しんでもらえるように頑張っています」。

2017年夏より公開

予告編
https://youtu.be/XrN9QZLmJ0E


続きを読む
広告
最新コメント