↓↓最近公開された映画の評判をチェック↓↓

のん 「この世界の片隅に」引っ提げメキシコへ「誰にでも響くと思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】のん 「この世界の片隅に」引っ提げメキシコへ「誰にでも響くと思う」
1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2017/02/15(水) 20:05:56.96 ID:CAP_USER9.net
 ◇毎日映画コンクール表彰式

 2016年度(第71回)毎日映画コンクールの表彰式が15日、神奈川・ミューザ川崎シンフォニーホールで行われた。

 アニメ映画「この世界の片隅に」が、日本映画優秀賞と大藤信郎賞をダブル受賞。昨年は大藤信郎賞の審査員を務めていた片渕須直監督(56)は、「去年は会場にいて、来年はどのへんにいるかなと思っていた。今のこの状態を去年の自分に教えてやりたい」と感激の面持ちだ。

 63スクリーンでのスタートだったが、現在は289スクリーンにまで膨れ上がり興収も20億円を突破。「今日で公開から96日目ですが、まだまだ上がっていて、たくさんの人が広げてくれている。本当にありがたい」としみじみ話した。

 主人公・すずの声を担当したのん(23)も日本映画優秀賞のトロフィーを受け取り、「監督をはじめスタッフ、共演者、見てくださる皆さんが広めていってくれている感覚があって、とても興奮しています」と満面の笑み。既に世界23カ国での上映が決まり、3月には片渕監督とともにメキシコに赴く予定で「この映画の一番のテーマは、日常の中にはたくさんの楽しいことが転がっているということ。それはどこの国の誰にでも響くと思う」と期待を寄せていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170215-00000147-spnannex-ent
no title

続きを読む

“主演作大ヒット”のんが見せた「癒しの笑顔」

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】“主演作大ヒット”のんが見せた「癒しの笑顔」
1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2016/12/29(木) 10:07:43.39 ID:CAP_USER9.net
2016年12月29日 09時00分 公開 [週刊大衆2017年01月09・16日号]

 当初は小規模の公開だったが、異例の大ヒット。社会現象となっている映画『この世界の片隅に』(片渕須直監督)。
「のんちゃんがいいんですよね。声がね。めちゃくちゃよかった」と、イノッチこと井ノ原快彦もNHK『あさイチ』で絶賛した同作の主演声優・のん(本名・能年玲奈=23)が「癒しの笑顔」を見せた。

 映画の舞台、広島・呉を旅した写真集『のん、呉へ。2泊3日の旅』(双葉社)が発売され、サイン本お渡し会が先日、東京・八重洲ブックセンター本店で行われたのだ。

 報道陣の取材に答えたのんは、自分の写真集を見た第一印象を、「すごく……楽しそう(笑)。一番は呉に行きたくなる、呉の魅力がつまった本になったと思います」

 そう語り、お気に入りの写真は? という質問には、「ものを食べているところ。ほおばっている動物のような……」と答え、本誌カメラマンの「同じポーズを!」という要望にも、満点の表情で応えてくれた。

「おでんを食べたんですが、広島特有のがんす、という具がありまして、“これががんすでがんすか”と、ずっと言ってたんです、食べながら」とダジャレも披露して、笑いを誘っていた。

 ヨコハマ映画祭では審査員特別賞を受賞し、毎日映画コンクールでは女優主演賞にノミネートされたのん。快進撃はまだまだ続きそうだ。


no title

http://taishu.jp/detail/26097/

続きを読む

映画宣伝の常識変えた「この世界の片隅に」 ヒットの背景

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【のん】映画宣伝の常識変えた「この世界の片隅に」 ヒットの背景
1: ニライカナイφ ★@\(^o^)/ 2016/12/08(木) 11:01:39.36 ID:CAP_USER9.net
◆映画宣伝の常識変えた 「この世界の片隅に」ヒットの背景

アニメ映画「この世界の片隅に」の勢いが止まらない。
4日までの興行収入は3億5000万円で、観客動員数は32万人を突破。
11月12日の公開時は63館だった上映館数も88館に広がり、今後さらに拡大する見込みだという。
ミニシアター系の映画としては、異例のヒットとなっている。

戦時中に広島・呉に嫁いだ18歳の主人公・すずの日常を描いた同作には、
専門家からも最大級の賛辞が相次いでいる。
映画評論家の町山智浩氏はラジオで、同作を“町山大賞”とした上で、「本当に素晴らしい映画」と絶賛。
ラジオパーソナリティーのライムスター宇多丸氏も「5000億点。日本映画史に残る大傑作」とべた褒めだ。

◇SNS時代を象徴

3日に発表された「ヨコハマ映画祭」では、今年大ヒットした「シン・ゴジラ」や、
「君の名は。」などを抑え、作品賞を受賞している。
しかし、不思議なのは、これほど評判な映画にもかかわらず、
地上波テレビなど大手メディアがほとんど取り上げないことだ。

おそらく、主人公・すずの声を担当したのん(23)が、影響しているのは間違いないだろう。
もともと、のんは「能年玲奈」の名で活動していたが、所属事務所からの独立騒動で露出が激減。
改名した上で、出直しを図っているが、民放などは所属事務所に気を使って“腫れモノ”扱いしているのである。

だが、SNSが全盛の時代において、名作であればツイッターなどを通じて、評判はドンドン拡散していく。
芸能界の“事情”なんて関係ないのだ。

映画批評家の前田有一氏はこう言う。

「今年は映画のプロモーションが大きく変わった1年だったと思います。
『シン・ゴジラ』も『君の名は。』も、SNSを通じて評判が広がっていった。
一方で、テレビや雑誌に出まくり大きな宣伝費を投入したにもかかわらず、大コケしたものもある。
日本の映画界にとってはいいことだと思います。質が良くなければ、口コミも広がりませんから」

(▼続きは以下のURLでご覧下さい)

日刊ゲンダイ 2016年12月8日
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/195312/1
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/195312/2
no title

続きを読む

のん、金の法被とプリンセス風ドレスで岩手米「金色の風」&りんご「冬恋」をPR 「第二の故郷を応援に」

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【芸能】のん、金の法被とプリンセス風ドレスで岩手米「金色の風」&りんご「冬恋」をPR 「第二の故郷を応援に」
1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2016/12/08(木) 17:25:36.89 ID:CAP_USER9.net
のん、岩手りんご「冬恋」をPR「第二の故郷を応援に」
2016.12.8
https://www.daily.co.jp/gossip/2016/12/08/0009734356.shtml

 女優ののん(本名・能年玲奈)が8日、都内で岩手県産プレミアムりんご「冬恋」のPRイベントに同県達増(たっそ)拓也知事と参加した。

 岩手県を舞台にした2013年上半期のNHK朝の連続ドラマ「あまちゃん」で主役を務めたのんは、プリンセス風のドレスで登壇。同県応援団として「のんです。岩手にお世話になっていて、第二の故郷を応援するべく来ました」とあいさつした。

 その後は3組のカップルにりんごをプレゼントしながら、「冬恋を食べてお幸せに。仲良くなると思います」、「冬恋の甘さを共有してどんどん仲良くなってください」、「冬恋を食べて元気にお幸せになれると良いと思います」とそれぞれのペアにメッセージ。

(以下略、全文はソースをご覧ください。)



のん、岩手の新ブランド米応援「気持ちがほどけるような気がした」
2016.12.8 16:49
no title


 岩手県は8日、来年秋から市場に出荷する新ブランド米の名称を「金色の風」に決めたと発表した。東京都内で開かれた発表会で達増拓也・岩手県知事は「お米本来の味を極限まで追求した」とアピール。
応援に駆け付けた女優のん(能年玲奈から改名)も「ふわっと香りが広がり、歯触りはふくっとして、かんだ時の粘りは、気持ちがほどけるような気がした」と感想を語った。

 新ブランド米のロゴは、金の風がお米を包むイメージ。達増知事は「県の最高級品種だ。中尊寺の金色堂や、稲穂の色を連想させる」と名称に込めた意味を紹介した。

(以下略、全文はソースをご覧ください。)



∥画像∥
「金色の風」
no title

no title

no title

「冬恋」
no title

no title

no title

no title

続きを読む

『この世界の片隅に』のんの演技が高評価 海外でも?

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】『この世界の片隅に』のんの演技が高評価 海外でも?
1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/11/26(土) 11:45:49.76 ID:CAP_USER9.net
のんが主人公の声優を務めているアニメーション映画『この世界の片隅に』が好調だ。
11月12日より公開され、公開1週目、2週目ともに全国映画動員ランキングで10位にランクイン。
全国63館での公開ながら動員数は10万人、興行収入1億6000万円を突破している。

『この世界の片隅に』の舞台は昭和18~20年の広島・呉市。
少し抜けているが優しい女性・すず(のん)が夫・周作とその家族とともにつつましくも幸せに暮らすなか、大空襲に見舞われる…といった内容だ。
原作は『漫画アクション』(双葉社)に連載されたこうの史代の漫画で、これを片渕須直監督が6年をかけてアニメ化した。
2015年3月から5月にはクラウドファンディングサイト「Makuake」で製作資金を募り、絶大な支持を得て誕生したという経緯がある。

Twitterには、映画を観た人から

「『この世界の片隅に』この作品を通じて一つの大きなメッセージを受け取るよりもむしろ、すずという一人の生を追うことで、
引っかかるところ、刺さるところが多すぎて、自分の日常にも考えることが本当はたくさんあるんじゃないか?と強く思った」
「噂にたがわぬすごくいい作品だった。そして、じわじわと怖さが来る、怖いというと語弊があるけれど、平凡だけど大切な日常が戦争という理不尽な暴力によって壊れていく怖さ」

など、ストーリーを絶賛する声が多く投稿されている。

また、

「戦時中の広島呉が舞台ですが悲壮感ばかりではなく、どんな状況でも工夫し作って食べて生き抜く日常光景の尊さがありました。
散りばめられた別れは辛いものですが、帰る場所と家族で囲む食卓はいいものだな…と思える作品。のんさんの声がすずの人柄に凄くしっくりくる」(原文ママ)
「もともとこうの史代さんの原作を素晴らしいと思っていて観に行った作品だったが、原作以上に傑作に仕上がっていて心が震えた。
能年玲奈改めのんの声の演技も素晴らしかった。広く多くの人に観てもらえるといいなと思う」

と、のんの声が「すず」そのものだったという称賛も多数。

イギリス、フランス、ドイツ、メキシコ、アメリカなど世界15カ国での配給も決定しており、11月22日からは、これらの国々に片渕監督が赴くための渡航費用・滞在費用のクラウドファンディングがスタート。
目標金額 は1080万円だったが、11月23日深夜にはすぐに達成となった。

作品の内容にくわえ、のんの好演がさらなる魅力となっている『この世界の片隅に』。世界的なヒットとなるか?

http://news.livedoor.com/article/detail/12334881/
2016年11月26日 11時0分 R25

no title

no title

no title

no title

https://image-akiba-souken.ssl.k-i

続きを読む
広告
最新コメント