↓↓最近公開された映画の評判をチェック↓↓

「鋼の錬金術師」荒川弘が7年ぶりに描く新作は“エピソード0”! 実写映画の入場者に配布

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:「鋼の錬金術師」荒川弘が7年ぶりに描く新作は“エピソード0”! 実写映画の入場者に配布
1: 芹沢健吉 ★ 2017/11/10(金) 23:46:32.56 ID:CAP_USER.net
アニメ!アニメ!:https://animeanime.jp/article/2017/11/10/35923.html

no title
実写映画『鋼の錬金術師』の第1弾入場者特典として、原作者・荒川弘が約7年ぶりに描き下ろした新作エピソードの配布が決定。
「鋼の錬金術師0[ゼロ]」と銘打ったこの新作は、実写映画に触発された荒川が鑑賞後に筆を取り、物語の“エピソード0”を描いている。

10月に行われた実写映画『鋼の錬金術師』の完成報告会見で「観た瞬間、“エドがいる!”って驚いて、冒頭からアクション全開で一気に世界観に引き込まれました」と衝撃を語った荒川。
さらに「この物語を1本の映画にまとめるために大変苦労をされたと思いますが、原作への寄り添い方とずらし方が絶妙で原作ファンの皆さんにも“こう来たか!こう来たか!”って、全編飽きることなく、楽しんで頂けると思います」と絶賛を送った。

本作に触発され、鑑賞後に執筆したという「鋼の錬金術師0[ゼロ]」だが、荒川は「エドが国家錬金術師の資格を取ってすぐの話で、ここから映画に続く、って感じで描いてみました」と説明する。
また、身体を取り戻す旅に出る前のエドだけでなく、“あるキャラクター”の衝撃の姿も描かれているそうで、実写映画を楽しみにしている人はもちろん、原作ファンにとっても見逃せない一冊になるだろう。

実写映画『鋼の錬金術師』は12月1日公開。
「鋼の錬金術師0[ゼロ]」の配布も同日より12月1日スタート。
12月23日からは第2弾として、荒川描き下ろしの表紙ビジュアルを使用した2018年ポスターカレンダーが配布となる。
入場者プレゼントは無くなり次第終了。

続きを読む

実写映画「鋼の錬金術師」ついにクランクアップ 原作者・荒川弘が撮影現場を見学

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】実写映画「鋼の錬金術師」ついにクランクアップ 原作者・荒川弘が撮影現場を見学
1: pb ★ 2016/08/31(水) 09:21:04.56 ID:CAP_USER.net
8月26日、実写映画『鋼の錬金術師』が約3ヶ月に及ぶ撮影を終えてクランクアップを迎えた。撮影中盤の8月5日には原作者・荒川弘が現場を見学し、撮影ボードにイラストを描き下ろすサプライズも飛び出した。

『鋼の錬金術師』は2016年5月に製作が発表され、ファンを中心に大きな話題を集めた。撮影は原作世界の雰囲気を感じさせるイタリアの地でクランクイン。その後、日本各地でのロケ撮影を経て、8月26日にクランクアップとなった。
主演の山田涼介をはじめとするキャスト陣は、ハードなアクションから情感たっぷりのシーンまで巧みに演じ分けて、スタッフと厚い信頼関係を築いていった。撮影も佳境の8月5日には原作者・荒川弘が現場を見学。キャスト・スタッフにねぎらいの言葉をかけ、撮影ボードに直筆イラストを描いて現場の士気を高めた。

無事に撮影を終えた曽利文彦監督は「制作においてはこれまでの日本映画ではやったことのない撮影スタイルを取るなど、新たな日本映画の可能性を追求してきました。イタリアでの撮影から始まり、約3ヶ月、キャスト、スタッフと共にリアルな映像については撮るべきものは撮れましたので、後は私には作品を完成させる義務があります。これから1歩1歩作りあげて行こうと思っています」と強い責任感を感じている様子だ。
そして「ファンの皆様には、原作やコミックのテーマ、魅力を込めつつ、実写だからこその“カタチ”をスタッフ、キャストで議論を重ねながら、作りあげたものとなりますので、是非応援頂けたらと思っております」とメッセージを伝えた。錬金術の映像表現や、アクションシーンも要注目だ。映画『鋼の錬金術師』は2017年冬の全国公開を予定している。

no title


http://animeanime.jp/article/2016/08/31/30254.html

鋼の錬金術師

鋼の錬金術師』(はがねのれんきんじゅつし)は、荒川弘による日本漫画作品。また、それを原作とした派生作品。『月刊少年ガンガン』(スクウェア・エニックス)にて、2001年8月号から2010年7月号まで連載された。全108話。同年10月号には番外編が掲載された。略称は、『ハガレン』等。


wikipediaより

曽利文彦

曽利 文彦(そり ふみひこ、1964年5月17日 - )は、日本映画監督、CG監督、映像クリエイター。大阪府出身。


wikipediaより

続きを読む
広告
オススメ
最新コメント