↓↓最近公開された映画の評判をチェック↓↓

『ナラタージュ』2chでの評価

このエントリーをはてなブックマークに追加
N/AIMDb
2017年10月10日時点

no title

ナラタージュ

ナラタージュ』は、島本理生の恋愛小説。島本にとって初めて文芸誌などでの発表を介さない書き下ろしの作品発表(単行本発行)であった。2005年2月28日に単行本が発行されると、「この恋愛小説がすごい! 2006年版」(宝島社)第1位「本の雑誌が選ぶ上半期ベスト10」で第1位、2006年の本屋大賞で第6位に選出されるなど注目を集めた。第十八回山本周五郎賞候補。


wikipediaより

引用元:【行定勲監督】ナラタージュ 2【松本潤・有村架純】©2ch.net
続きを読む

『復活ロマンポルノ』 気鋭の5監督が新作 見どころは作家性

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】『復活ロマンポルノ』 気鋭の5監督が新作 見どころは作家性
1: 鉄チーズ烏 ★@\(^o^)/ 2016/11/20(日) 13:07:47.10 ID:CAP_USER9.net
 制作開始45周年を記念した「日活ロマンポルノ・リブート・プロジェクト」の新作5作品が11月26日から来年2月にかけて、東京・新宿武蔵野館などで順次公開される。映画界の日陰の花として芽を出したロマンポルノの新作に、園子温監督ら現代の気鋭5人が挑んだ。その見どころを紹介する。【毎日新聞学芸部・勝田友巳】

 ◇元のロマンポルノは低予算750万円で撮影10日間

 1971年、映画大手5社の一つだった日活は、傾いた社業を立て直すべく、成人映画路線にかじを切った。60年代後半には映画界は斜陽化していたが、独立プロの低予算ピンク映画が製作本数の40%を占め、観客を集めていた。日活は撮影所の設備と人材を使い、「芸術的なポルノ作品」で売り出そうとしたのだ。

 製作費750万円、撮影日数は10日前後、音楽は既成曲、少人数のスタッフ編成、移動はマイクロバス1台--など、製作面ではギリギリまで切り詰めた。それでも独立プロと比べれば予算は倍、オールカラーとぜいたくだった。

 内容も、10分に1回のラブシーンがあればあとは自由。路線転換を受け入れない多くの監督、スタッフが日活を離れた一方、つかえていた重しが取れて、若手が一線に躍り出た。88年にビデオに押されて幕を閉じるまで、日活ロマンポルノは百花繚乱(りょうらん)咲き乱れる。

 テーマはさまざま。性表現の可能性の追求、男女の性愛と情念、社会風刺。ジャンルも多様で、コメディーもスリラーも、シリアスドラマも文芸作もあった。神代辰巳、藤田敏八、長谷部安春、小沼勝、曽根中生らが次々と秀作を発表。人間の本能である性を見つめた作品は作家性を強く持ち、今も衰えぬ人気を保っている。

 ◇ロマンポルノ・リブート・プロジェクト始動

 時は巡り、直接的で過激、身もふたもない性表現がネットで無料で見られるようになった。そこで扇情だけでないロマンポルノが再評価される。「リブート・プロジェクト」と名付けられた企画は、元祖の第1作から45周年を記念して、日活が新作を連続公開するものだ。

 当時と同じ条件を付けて、気鋭の監督に映画を委ねようという試みである。条件は、ロマンポルノ初挑戦▽製作費は一律▽撮影期間1週間▽原作なしのオリジナル▽10分に1回のベッドシーン。今回はエロで集客という商売心より、作家性を発揮してもらうことが主眼だ。

 今回の5人はいずれも脂がのったベテラン、それぞれの持ち味を出して腕を競い合った。監督とタイトル、公開日は次の通りだ。

 行定勲「ジムノペディに乱れる」(11月26日)▽塩田明彦「風に濡れた女」(12月17日)▽白石和彌「牝猫たち」(2017年1月14日)▽園子温「ANTIPORNO(アンチポルノ)」(同1月28日)▽中田秀夫「ホワイトリリー」(同2月11日)。

>>2以降に続きます

毎日新聞 11/20(日) 9:00配信
no title

続きを読む

行定監督ら疑問訴え…ネットで地震言動への過剰批判「一瞬で悪者にするのは、腹立たしい」

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】行定監督ら疑問訴え…ネットで地震言動への過剰批判「一瞬で悪者にするのは、腹立たしい」
1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/04/26(火) 10:56:24.84 ID:CAP_USER*.net
熊本出身の高良健吾(28)橋本愛(20)行定勲監督(47)らが25日、都内で、同県を舞台にした短編映画「うつくしいひと」のチャリティー上映会に出席した。上映会後、募金箱を持ち、250人の観客に募金を呼びかけた。

 高良、行定監督は被災地で支援活動も行った。17日の朝に博多入りし、熊本へ移動した高良は、給水活動と炊き出しをした。「今回だけで終わりと思っていない」と、今後の支援活動の継続も誓った。

 一方で、阿蘇大橋も崩落した姿には「街へ行くときには、みんなが通る橋。あそこがああいう形で崩れるとは…」と絶句していた。

 県のシンボル熊本城も、瓦屋根や石垣が崩れるなど被害を受け、再建まで20年かかるとも言われている。15日に現地入りし、16日の本震も体験した行定監督は、「あるおばあさんが、『生きているうちはもう熊本城を見られんけん、映画を作ってくれてありがとう』と言ってくれた。その言葉が忘れられない」と声を詰まらせた。

 地震をめぐる言動を、ネットを中心に過剰に批判する「不謹慎狩り」と呼ばれる行為については、2人とも疑問を投げかけた。

 高良は「表面的ミスを揚げ足取りのように人格否定するのが分からない」と首をかしげた。被災地の状況を日々、伝えているメディアも批判の対象になっており、行定監督は「映画に協力してくれたキャスターやリポーターの方も、(地震報道で)寝てなくて、顔も変わっているほど。そんな人たちを一瞬で悪者にするのは、腹立たしい」と声を震わせて訴えた。

 映画は各地でチャリティー上映会の誘いがあるという。行定監督は「僕らもできる限り出向いて、熊本の良さをアピールしたい」と訴えた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160425-00000154-nksports-ent
no title



行定勲

行定勲
生年月日1968年8月3日
国籍日本
血液型
職業 映画監督脚本家
主な作品
監督作品
GO
世界の中心で、愛をさけぶ
北の零年
春の雪

行定 勲(ゆきさだ いさお、1968年8月3日 - )は、日本の映画監督である。


wikipediaより

続きを読む

橋本愛、高良健吾ら出演!行定勲監督の“熊本映画”が期間限定で無料配信

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】橋本愛、高良健吾ら出演!行定勲監督の“熊本映画”が期間限定で無料配信
1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2016/03/23(水) 05:53:33.31 ID:CAP_USER*.net
2016年3月23日 4時00

行定勲監督をはじめ、橋本愛、高良健吾ら熊本県出身者が参加した中編映画『うつくしいひと』が、
4月22日までの期間限定で公式HPにて無料配信されている。

行定監督が映画祭ディレクターを務め、熊本県菊池市で開催する「菊池映画祭2016」
(3月4日~6日)でオープニング上映したところ全国から問い合わせが殺到したため、
急きょ公開に踏み切ったという。

同作は、行定監督が所属する映像レーベル「セカンドサイト」、熊本市、菊池市、
山都町、阿蘇市などで構成する「くまもと映画製作実行委員会」が製作。
熊本の魅力を、映像を通して県内外に発信しようと熊本出身の俳優・著名人が集結し、
熊本弁のセリフに、ロケも熊本城や阿蘇の草千里、江戸時代に建造された水路橋「通潤橋」など
名所・旧跡で行うなど徹底的に熊本にこだわったご当地映画だ。

そこで繰り広げられるのが、久々に故郷を訪れた映画監督と、
彼のロケハンに同行することになったヒロイン・透子のプチ旅行を通して、
淡く切ない恋の思い出を辿るという、行定監督らしいノスタルジックな物語。
東京大学名誉教授という経歴を持つ、熊本県立劇場理事長兼館長の姜尚中が
映画監督役で銀幕デビューを果たし、熊本県の営業部長兼しあわせ部長のくまモンも出演と
話題も豊富な内容となっている。

3月4日の国指定重要文化材の芝居小屋「八千代座」(熊本県山鹿市)で行われたプレミア上映には
行定監督をはじめ橋本や高良たちも駆けつけ、会場は満席となる熱狂ぶりだったという。
今後も「より多くの人に見てほしい」という行定監督ら製作スタッフの意向から、
東京での特別上映会、国内外の映画祭への出品、さらに熊本市内の映画館上映などを検討中だ。(中山治美)

『うつくしいひと』は4月22日まで公式サイトで無料配信中


・熊本出身の俳優・著名人が集結し、徹底的に熊本にこだわったご当地映画『うつくしいひと』 - (C) くまもと映画製作実行委員会
http://amd.c.yimg.jp/im_siggKlEdSe1FjFMFD75IJNsJUw---x900-y602-q90/amd/20160323-00000006-flix-000-1-view.jpg
http://www.cinematoday.jp/page/N0081386


∥その他の画像∥
no title

no title



∥関連∥
【4月22日まで本編配信中】くまもと映画製作実行委員会公式サイト「うつくしいひと」
http://kumamotoeiga.com/

続きを読む

吉高由里子の「紹介したい」お相手は、韓国俳優ソル・ギョング・・・オムニバス映画「カメリア」会見

このエントリーをはてなブックマークに追加
ネタ元:【映画】吉高由里子の「紹介したい」お相手は、韓国俳優ソル・ギョング・・・オムニバス映画「カメリア」会見
1 禿の月φ ★ [sage] 2011/08/10(水) 16:46:37.09 ID:???P Be:
    女優の吉高由里子が10日、オムニバス映画『カメリア』(行定勲監督ほか、
    10月22日公開)の会見に出席した。
    昨年1月頃に韓国・釜山で撮影された同作について吉高は
    「すべてが初体験で、貴重な経験をしました」といい、
    特に韓国の名優ソル・ギョングとの共演が印象深く「一緒にいて安心する。
    温かいお湯につかったような気分にさせてくれる男性でした」と振り返った。
    「みなさんにも紹介したいほど、いい方だったので、別の機会でまたご一緒できたら…。
    カムサムニダ」とラブコールを贈った。

    同作は、『釜山国際映画祭』を開催している釜山広域市を舞台にしたオムニバス映画。
    同映画祭に縁のあるタイのウィシット・サーサナティアン監督、日本の行定監督、
    韓国のチャン・ジュナン監督がメガホンをとり、「愛」テーマにした3つの物語が描かれる。
    タイでは9月、韓国では11月に公開される。

     行定監督の『Kamome』は、吉高が「カモメ」と名乗る「日本から釜山を訪れた謎の
    女の子」の役で出演し、偶然彼女を見かけた韓国俳優ソル・ギョング扮する大御所の
    撮影監督が、一緒に釜山の町を歩き回る一夜の物語。
    行定監督は、図らずも「カメリアの花言葉、『控えめな愛』『悲哀』『史上の愛らしさ』に
    一番ぴったり合う映画になった」と語る。
    (>>2->>5あたりに続きます)

    ソース:ORICON STYLE(オリコンスタイル)
    http://www.oricon.co.jp/news/movie/2000660/full/
    画像:映画「カメリア 時にあらがう三つの物語」の会見に出席した吉高由里子
    2000660_201108100300498001312961703c

    映画「カメリア 時にあらがう三つの物語」の会見の様子 “カメリア”ならぬ“カモメポーズ”で会場を沸かせた吉高由里子 
    yoshitaka10_large

    映画「カメリア 時にあらがう三つの物語」の会見に出席した(左から)行定勲監督、吉高由里子
    2000660_201108100301038001312961703c
続きを読む
広告
オススメ
最新コメント