↓↓最近公開された映画の評判をチェック↓↓

「銀魂」原作・空知英秋氏が選ぶ見どころ11個、「小栗くんのアゴ芸」「環奈ちゃんのハナクソ」など

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】「銀魂」原作・空知英秋氏が選ぶ見どころ11個、「小栗くんのアゴ芸」「環奈ちゃんのハナクソ」など
1: muffin ★@\(^o^)/ 2017/07/20(木) 17:03:32.83.net
https://mdpr.jp/cinema/detail/1701724
2017.07.20 12:09

映画『銀魂』(主演:小栗旬、脚本/監督:福田雄一)の公開を記念し、原作者・空知英秋氏の描き下ろしメッセージが全文公開された。

「皆さんがこの本を手にする頃に既に映画は公開され、ヤフーレビュー等で袋叩きになり やっぱり銀魂は空知先生が一番だな という書き込みを読んで 僕がほくそ笑んでいる頃でしょうが」という邪悪な書き出しから始まる「映画 銀魂 SILVER MEMORIES ビジュアルブック」(集英社刊)に掲載されたメッセージには
「実写が合わなかった人達、そしてこれから映画を観に行く奇特な人達のためにここさえおさえて見れば絶対面白いよという僕なりのオススメポイントをまとめてみました」とある通り、
空知氏ならではの11個のオススメポイントが羅列されており、映画を見た人も、これから見る人も楽しめる内容。

1. 小栗くんのアゴ芸(この映画でしか観れません)

2. 菅田くんのボタン(あっそういう風になってたんだ)

3. 環奈ちゃんのハナクソ(10万円で売ってください)

4. 環奈ちゃんのゲロ(じゃぁ20万でどうですか)

5. また子のまた(ムラムラします)

6. まさみのまさ(ムラムラします)

7. 佐藤二朗(全部面白いです ただし全部ただの二朗です)

8. 桂を背後から狙うスナイパー(かつら うしろォォォ!!)

9. 高杉が天人と一緒に立ってる絵ヅラ(いや君はもうとっくにブッ壊れてるよ)

10. 消えるエリザベス(いやそんな設定ねェよ)

11. 裏主題歌(これ配信とかしたら また一儲けできますぜ どうですか福田のアニキ)

(続きはソースをご覧下さい)
no title
no title

関連記事

空知英秋

空知 英秋(そらち ひであき、1979年5月25日 - )は、日本の漫画家。北海道出身。男性。身長162cm 。血液型はAB型。集英社の少年漫画雑誌『週刊少年ジャンプ』で活動している。ペンネームの由来は、出身地北海道の空知地方。 『週刊少年ジャンプ』2002年42号にて「だんでらいおん」でデビュー。引き続いての2003年、同じく『週刊少年ジャンプ』にて「しろくろ」を発表する。 2004年、初の連載作品である「銀魂」を開始。奇抜な題名や作風、あまり達者とはいえない絵柄などから、「弱肉強食のジャンプでは生き残れないだろう」と編集部や担当から思われており、連載開始から最初の10週が経過した時点では掲載順位が低く打ち切りギリギリであった。その後、作者の談によれば第十一訓から人気は徐々に上昇していき、『DEATH NOTE』第1巻と共に発売された単行本1巻の初版は僅か3万部と部数が少なかったこともあり即日完売状態で入手困難となった。
wikipediaより

続きを読む

『銀魂』2chでの評価

このエントリーをはてなブックマークに追加
続きを読む

山田孝之 エリザベスの“中身”で奮闘 小栗旬「オファーが来てもやれない 凄いよ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画 銀魂】山田孝之 エリザベスの“中身”で奮闘 小栗旬「オファーが来てもやれない 凄いよ」
1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★@\(^o^)/ 2017/07/14(金) 17:47:17.60 ID:CAP_USER9.net
山田孝之 エリザベスの“中身”で奮闘 小栗旬「オファーが来てもやれない 凄いよ」
2017年7月14日 17:27
http://m.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/07/14/kiji/20170714s00041000214000c.html

 俳優の小栗旬(34)が主演する映画「銀魂」(監督福田雄一)の初日舞台あいさつが14日、都内の映画館で行われ、
謎の宇宙生物・エリザベスの着ぐるみを劇中で声優を務めた俳優の山田孝之(33)が務め、来場したファンを沸かせた。

 「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載中のSF時代劇の映画化。鎖国が解かれた途端、エイリアンが襲来した江戸時代という奇想天外な設定のアクションコメディー。
初日舞台あいさつとあって、小栗をはじめ、菅田将暉(24)、橋本環奈(18)、長澤まさみ(30)、岡田将生(27)、柳楽優弥(27)、
吉沢亮(23)、ムロツヨシ(41)、佐藤二朗(48)といった豪華キャスト陣を、「本日から公開!」の看板を持ったステージでエリザベスが出迎えた。

no title

続きを読む

超映画批評:「銀魂」80点

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:超映画批評:「銀魂」80点
1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/11(火) 20:23:40.16 ID:xfQbZFeaa.net
>人気漫画の実写映画化はだいたい文句を言われ、炎上するのが定番の展開といえる。
それでもワーナー・ブラザースは今年だけで何本もそんな企画をやろうという。どれも大ヒットコミックで、神をも恐れぬ攻めっぷりである。
とりあえずはその一つ、空知英秋の同名大ヒットコミックの実写化「銀魂」の出来を語るとしよう。

いきなりテンションの高いパロディから始まるギャグ映画なので、観客にはある意味覚悟が必要である。
「これは「変態仮面」を撮った監督が、豪華キャストを使って最初っから無茶苦茶飛ばしまくるシュールギャグ映画なのだ」としっかり認識し、覚悟した上で鑑賞する。
これが大事である。
映画会社のオープニングをからかうところから始まり、橋本環奈をいじりまくり、その他の超有名作品を無許可でからかいまくる。
ハリウッドメジャーのローカルプロダクションが、よくもまあ著作権的にあぶないものまでやるものだと感心させられる。

とくにこのご時世ヤバいのは橋本環奈に対するロリコンネタであろう。
アニメ声で童顔の年端もいかないアイドルに、あんな危ないギャグをやらせて大丈夫なのか。
ケナタッチさん激おこで国連から文句を言われても知らないぞ。
そんな心配をよそに、彼女は相変わらずスクリーンに映えるスター性を見せつける。
逆奇跡の一枚というべき、妙にデブ度を強調する衣装で、だけど顔はきれいだし、でも口は悪いしと、色々ギャップ感がすごい。

ほかにもたくさん面白い人たちが出てくるが、これらのキャラクターは原作の展開とは違った局面でバンバン登場する。
違和感はない。映画ではこう見せたほうが笑えるだろ、という福田監督の自信が感じられる。
こうしてみると、人気漫画の実写映画化というのは、コメディージャンルのほうが良いようにも思える。
どうせ真面目に作ったって笑われるんだから、最初っから笑いだけ追いかけた方がマシということか。

とはいえ、笑われるのと笑わせるのでは、天と地ほどの違いがある。
福田監督はこれだけのキャストにも、5000万部の人気原作にも、外資系メジャーからのプレッシャーにも負けず、独自の作風で素晴らしいコメディー映画を作り上げた。
原作と離れているように見えても、原作のファン層にうけるギャグを計算的に取り入れており、きっと好意的に受け入れられることだろう。
突飛に見えて決して独りよがりではない、メジャー映画としてのギャグ映画を目指したことを高く評価する。
http://movie.maeda-y.com/movie/02189.htm

no title

続きを読む

「銀魂」完全再現で話題の菜々緒、来島また子まさかの“裏側”明かす

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】「銀魂」完全再現で話題の菜々緒、来島また子まさかの“裏側”明かす
1: muffin ★@\(^o^)/ 2017/07/11(火) 16:56:18.72 ID:CAP_USER9.net
https://mdpr.jp/news/detail/1699845
2017.07.11 16:06

no title

映画「銀魂」(7月14日公開)に出演するモデルで女優の菜々緒が11日、Instagramにて自身が演じる来島また子の“裏側”を明かした。

今作では、高杉晋助(堂本剛)率いる“攘夷過激派武装集団”の鬼兵隊の紅一点・来島また子役を演じる菜々緒。
公開された写真には、お腹を大胆に露出した真っ赤なセクシーコスチュームのまた子姿の菜々緒と、全く同じ衣装の男性の姿が。男性はロングのウィッグを付けて髪型までもまた子になりきっている。

菜々緒は写真の男性の正体について、「私の身長でアクションや吹き替えできる女性が居ないので吹き替えは #サイレーン(2015年関西テレビ・フジテレビ系ドラマ『サイレーン 刑事×彼女×完全悪女』)でもお世話になった男性の方!兄様と同じくスネ毛を剃って頂きました!笑」と説明。
なんと、自身の姿に女装した男性のスタントマンが、アクションシーンなどでの吹き替えを担当していたこと明かした。

この2ショットに、ファンからは「凄い再現!」「わ!すね毛ツルツル!(笑)」「吹き替えの方もスタイル抜群〜!!」「スタントさんの着こなしも凄すぎる」「女性で出来る人いないってレベルが凄い…」など、様々な反響が送られている。

菜々緒

菜々緒(ななお、1988年10月28日 - )は、日本のファッションモデルで、女優。172センチメートル・80-57-83・股下85センチメートル・9頭身。O型。埼玉県出身。本名荒井 菜々緒(あらい ななお)。プラチナムプロダクション所属。 芸能活動の本格始動は20歳当時の2009年初め頃のことで、当初は格闘技のラウンドガールやレースクイーンとして活動したものの、ファッション雑誌『PINKY』からのレギュラーモデル起用が転機となり、続く東京ガールズコレクション「ミスTGC」の受賞や2010年度「三愛水着イメージガール」への抜擢、さらに『non-no』のレギュラーモデル起用などを経て、いつしかファッションモデルとしての認知が定着。
wikipediaより

続きを読む
広告
最新コメント