↓↓最近公開された映画の評判をチェック↓↓

『追憶』2chでの評価

このエントリーをはてなブックマークに追加
N/AIMDb
2017年 05月 11日時点

no title
予告
続きを読む

高倉健さん、死してなお日中の懸け橋…日本人俳優初の特集上映に劇場超満員

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】高倉健さん、死してなお日中の懸け橋…日本人俳優初の特集上映に劇場超満員
1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2015/06/15(月) 05:13:11.06 ID:???*.net
昨年11月に悪性リンパ腫のため亡くなった日本を代表する映画スター、故高倉健さんの
トリビュート上映会が14日、中国で開催中の第18回上海国際映画祭で行われ、
映画「鉄道員(ぽっぽや)」などでタッグを組み、健さんの「幻の新作」を準備していた
降旗康男監督(80)がオープニングセレモニーに出席した。

中国最大級の劇場は現地ファンで超満員。
降旗監督は、亡くなってもなお日中の懸け橋となる健さんが、
最期まで映画作りに情熱を燃やし続けた様子を明かした。

1058席の大劇場は熱気でムンムンだった。
中国で日本人俳優の特集上映が行われるのは初めて。
「鉄道員」の上映前にあいさつに立った降旗監督は「肉体は失われても、
健さんの精神がずっと残っていくと信じています。時々、抱きしめてあげてください」
と目を潤ませると、万雷の拍手を浴びた。

「新網走番外地」シリーズや遺作の「あなたへ」など高倉さんの出演した
205作中20作品でタッグを組んできた降旗監督。
メガホンを取るはずだった健さんの幻の新作「風に吹かれて」についても言及した。
舞台は阿蘇山。「健さんと、健さんの家族だか家族じゃないんだかという人たちの物語」で、
テーマは「老い」だった。

最後に顔を合わせたのは昨年5月31日だった。
健さんが自ら車を運転し、降旗監督の家を訪れた。

「後から『医者に車を運転するな、と言われていた』と聞いた。
無理して運転し(新作の脚)本について『まとまってきましたね』と感想を言ってくれたのが
『やろう!』という意欲の表れだった」と明かし、「『夏にCMを撮るから、秋には大丈夫だろう』
と言っていたんですが…」と無念そうに振り返った。

新たな作品は生まれなかったが、現地で「よき友人」と称される健さんの姿を見ようと、劇場は満員に。
中国人は映画のエンドロールを見る習慣がないそうだが、この日は多くのファンが席を立たずに
最後まで鑑賞し、大きな拍手を送った。

国境を超えて映画界を照らした巨星の輝きは、今もなお日中の懸け橋となっている。

・劇場前で高倉健さんのパネルを持つ降旗康男監督=中国・上海
no title

http://www.daily.co.jp/gossip/2015/06/15/0008123747.shtml
2015年6月15日

続きを読む
広告
オススメ
最新コメント