↓↓最近公開された映画の評判をチェック↓↓

『シマウマ』2chでの評価

このエントリーをはてなブックマークに追加
N/AIMDb
2016年5月23日時点

no title

 
予告
続きを読む

竜星涼、須賀健太、日南響子…“読んではいけない漫画”『シマウマ』実写化に挑む

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】竜星涼、須賀健太、日南響子…“読んではいけない漫画”『シマウマ』実写化に挑む
1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2016/02/05(金) 05:33:21.91 ID:CAP_USER*.net
2016年02月05日 05:00

竜星涼、須賀健太、日南響子ら注目の若手俳優が、
“絶対に読んではいけない漫画”とうたわれる衝撃作『シマウマ』の実写化に挑むことがわかった。

本作は、「ヤングキング」(少年画報社)にて連載中、累計発刊部数約150万部突破の
人気コミックを原作に、映画『探偵はBARにいる』シリーズの橋本一監督がメガホンを取る。

主人公は、美人局で仲間達と一緒に金稼ぎをしていた倉神竜夫。
ある日、ヤクザを引っ掛けてしまったことから、転がるように闇へと堕ちていき、
“回収屋”の“ドラ”として、禁断の世界へ足を踏み入れいく姿を描く。

他者に受けた屈辱などをありとあらゆる方法を用いて昇華させる“回収屋”のドラこと
倉神竜夫役を竜星が演じるほか、同じく回収屋の一員で“ジョーカー”のような奇抜な
メイクを施した猟奇的な快楽殺人者・アカ役には須賀。
回収屋の紅一点で敵か味方か分からない“ミステリアス”な女・キイヌ役には日南。
さらに、回収屋を取り仕切る謎に包まれた“ボス”の男・シマウマ役として、
加藤雅也が圧倒的な存在感を見せつける。

本作の撮影は、昨年4月頃に行われたと話す竜星は
「やっと今年、この問題作を世の中に送れるのかと思うと武者震いします。
こんな新しい自分を引き出してくれる役に出会えて幸運です。
色々な方に見て頂き、衝撃を受けて欲しいです」と公開を心待ちにしていた様子。

初めて“悪役”に挑戦した須賀は
「アカは正直、言葉も行動も理解できないようなサイコキラー…
でもなぜかグッとくるカッコよさを持っていました。須賀史上最悪キャラです」と語り、
日南も「なかなかクレイジーな内容でしたので、コレが映像になったらどうなるのだろうかと、
現場に入る前から楽しみにしておりました。原作のキイヌとは(容姿が)少し違いますが、
とても演じがいがありました」と、魅力的な役柄を楽しんだようだ。。

映画『シマウマ』は、5月21日よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロードショー。


・映画『シマウマ』に出演する日南響子、竜星涼、須賀健太、加藤雅也
69669d78.jpg


・漫画『シマウマ』
b509384c.jpg


http://www.crank-in.net/movie/news/41260

続きを読む
広告
オススメ
最新コメント