↓↓最近公開された映画の評判をチェック↓↓

松田龍平17年ぶりのカンヌ「散歩する侵略者」

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】松田龍平17年ぶりのカンヌ 「散歩する侵略者」公式上映
1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★@\(^o^)/ 2017/05/23(火) 10:50:28.22 ID:CAP_USER9.net
松田龍平17年ぶりカンヌで成長実感 「散歩する侵略者」公式上映
http://m.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/05/23/kiji/20170522s00041000362000c.html
2017年5月23日 05:30

no title

カンヌ国際映画祭の「ある視点」部門で「散歩する侵略者」が公式上映され、観客の拍手に笑顔を見せる
(左から)松田龍平、黒沢清監督、長谷川博己 Photo By スポニチ

 フランスで開催中の第70回カンヌ国際映画祭で「ある視点」部門に選出された「散歩する侵略者」(9月9日公開)の公式上映が21日(日本時間22日)に行われ、俳優の松田龍平(34)、長谷川博己(40)、黒沢清監督(61)が参加した。松田はデビュー作「御法度」以来17年ぶりのカンヌで、「間違いなく17年前と違う」と成長を実感。再びカンヌのレッドカーペットを歩くことにも意欲を見せた。

 上映が終わると、約1000人の観客からは温かい拍手が送られ、「ブラボー!」の声が飛んだ。松田は「お客さんの反応を感じながら一緒に見ることはなかなかないので、妙な高揚感や心地よさがあった。映画っていいなと改めて思いました」と感激に浸った。

 同作は数日ぶりに妻(長澤まさみ)の元に戻ってきた夫(松田)が宇宙人に乗り移られているサスペンス。奇想天外な展開に笑いも起きるなど客席の反応は上々で「(観客の)せき一つも気になって、顎をかみしめすぎて痛くなりました」と力が入っていた様子だ。

 デビュー作でいきなりレッドカーペットを歩いた思い出の地。00年に「御法度」がコンペティション部門に出品され、故大島渚監督やビートたけし(70)らと参加した。当時はまだ17歳で「何も考えずにきらびやかな世界を楽しんでいた。海に入ったり、高揚感だけを味わっていた」と振り返り、「今回もそういう高揚感と同時に、自分は役者として来てるんだなと思った。間違いなく17年前とは違う」と手応えを得た。夜には黒沢監督らと食事やワインを楽しみ、「お酒も飲めるようになって、そういう楽しみ方もできてよかった」と笑顔で話した。

 黒沢監督は6度目のカンヌ参加で、15年には「岸辺の旅」が「ある視点」部門で監督賞を受賞。松田の魅力を「何にも汚染されておらずピュアでフラット。演出家の腕が試される。また演出したい」と話し、再タッグを希望した。松田は3度目のカンヌへの思いを聞かれ「また来たいに決まってるじゃないですか。(監督に)連れてきてもらっている身なので、それに恥じない仕事をしないと」と意欲十分。カンヌ初参加の長谷川は「素晴らしい時間を経験させていただいた。早く一杯やりたいです」と喜び、「もっとしっかりやらなきゃと改めて思いました」と意気込んだ。

松田龍平

松田龍平
生年月日1983年5月9日
身長183 cm[1]
血液型B型
職業俳優
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1999年 -
主な作品
映画
御法度
青い春
恋の門
悪夢探偵』シリーズ
アヒルと鴨のコインロッカー
探偵はBARにいる』シリーズ
舟を編む
テレビドラマ
ハゲタカ
あしたの、喜多善男
まほろ駅前番外地
あまちゃん

松田 龍平(まつだ りゅうへい、1983年5月9日 - )は、日本の俳優東京都出身オフィス作所属


wikipediaより

続きを読む

黒沢清監督の映画が好きな奴いる????????

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:黒沢清監督の映画が好きな奴いる????????
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/07(金) 21:07:58.798 ID:gIrp0Lqd0.net
AmazonプライムでCUREっての観たけど全く意味わかんなかったぞ
怖くもねーし
no title

黒沢清

黒沢清
生年月日1955年7月19日
職業 映画監督脚本家映画批評家小説家
ジャンル 映画オリジナルビデオテレビドラマ
活動期間 1983年 -
主な作品
CURE
回路
トウキョウソナタ

黒沢 清(くろさわ きよし、1955年7月19日 - )は、日本の映画監督脚本家映画批評家小説家である。


wikipediaより

続きを読む

恒松祐里、映画『散歩する侵略者』出演 黒沢清監督が絶賛「末恐ろしい女優」

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【芸能】恒松祐里、映画『散歩する侵略者』出演 黒沢清監督が絶賛「末恐ろしい女優」
1: 鉄チーズ烏 ★@\(^o^)/ 2017/03/21(火) 07:31:14.45 ID:CAP_USER9.net
 女優の恒松祐里(18)が、黒沢清監督の新作映画『散歩する侵略者』(9月9日公開)に出演していることが明らかになった。外見はどこにでもいるあどけない普通の女子高生だが、中身は“侵略者”という役柄。アクションに初挑戦しつつ、微妙な表情や芝居を求められる難役を軽々演じる姿に、黒沢監督は「末恐ろしい女優」と絶賛している。

 同作は、『岸辺の旅』でカンヌ国際映画祭「ある視点」部門監督賞を受賞した黒沢監督が、劇作家・前川知大率いる劇団イキウメの人気舞台を映画化。数日間の行方不明の後、夫が侵略者に乗っ取られて帰ってくるという大胆なアイデアをもとに、サスペンス、アクション、コメディー、ラブストーリーと、さまざまなジャンルの要素が詰められた作品。長澤まさみと松田龍平が夫婦を演じ、長谷川博己、高杉真宙の出演が発表されていた。

 恒松は、フジテレビ系月9ドラマ『5→9~私に恋したお坊さん~』で石原さとみの妹役や、NHK大河ドラマ『真田丸』で真田信繁の娘すえを演じて注目を集め、以降も映画『ハルチカ』(公開中)、『サクラダリセット』(前篇は3月25日、後篇は5月13日公開)などに出演。

 今回演じた“侵略者”立花あきらは、追跡してくる者たちを肉体を駆使してなぎ倒す、スイッチが入ると誰も止めることはできないというキャラクター。10年以上のバレエで培った身体能力を生かして本格アクションシーンに初挑戦し、「どう見せたらかっこいいか、というだけではなく、黒沢監督から『“人間ってこういう感じなんだ、へえー”みたいな感じのアクションで』と言われ、そういうあきらの“度を超えた”無邪気な好奇心を表現しながらアクションをするというのがとても難しかったです」と振り返っている。

 黒沢監督は「まだ若いのに、もう芸歴10年以上になるんでしょうか。まったく躊躇せず、この難役をスラスラと演じていました。しかも、そこにいるだけでパッと華がある。大女優の素質があるんでしょう。将来が楽しみです」と期待している。

2017-03-21 07:00
http://www.oricon.co.jp/news/2087765/full/
no title

恒松祐里

恒松祐里
生年月日1998年10月9日
身長158 cm[1]
血液型B型
職業女優
ジャンル 映画テレビドラマCM
主な作品
テレビドラマ
5→9〜私に恋したお坊さん〜
映画
くちびるに歌を

恒松 祐里(つねまつ ゆり、1998年10月9日 - )は、日本女優東京都出身アミューズ所属。


wikipediaより

続きを読む

長澤まさみ×松田龍平×長谷川博己共演、黒沢清がイキウメの舞台「散歩する侵略者」映画化

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】長澤まさみ×松田龍平×長谷川博己共演、黒沢清がイキウメの舞台「散歩する侵略者」映画化
1: muffin ★@\(^o^)/ 2016/12/06(火) 17:54:07.41 ID:CAP_USER9.net
http://natalie.mu/eiga/news/211920
2016年12月6日 5:00

黒沢清がメガホンを取り、長澤まさみ、松田龍平、長谷川博己が初共演する映画「散歩する侵略者」が9月16日に公開される。
本作は、前川知大率いる劇団イキウメが2005年の初演以来、再演を重ねている同名舞台をもとにしたもの。
数日間の行方不明を経て「地球を侵略しに来た」と妻に告白する夫・加瀬真治、突然穏やかで優しくなった夫に戸惑う真治の妻・加瀬鳴海、
町で発生した一家惨殺事件を追うジャーナリスト・桜井の日常が少しずつ変容していくさまを追う。

鳴海を演じる長澤は「現実味のあるフィクションが好きなので、脚本はのめり込んで一気に読みました」と明かし、
真治役の松田は「『侵略者』がやってくる、というシンプルでわかりやすい話なのに、いろんな視点で楽しむことができるのがこの作品の魅力だと思います」、
桜井に扮する長谷川は「ジャンルを飛び越えた、すごい映画になるんじゃないかと楽しみにしています」とコメント。
黒沢は「今まで多分誰も見たことのない、まったく新しい娯楽映画ができあがったように思う」と自信をのぞかせている。

no title

続きを読む

三池崇史、園子温、黒沢清、ジョン・ウーなど アジアのジャンル映画の巨匠12が選ぶ、影響を受けたジャンル映画のこの1本

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】三池崇史、園子温、黒沢清、ジョン・ウーなど アジアのジャンル映画の巨匠12が選ぶ、影響を受けたジャンル映画のこの1本
1: muffin ★@\(^o^)/ 2016/11/01(火) 18:19:40.13 ID:CAP_USER9.net
http://www.cinematoday.jp/page/N0087202?p=1
2016年11月1日 17時42分

 第1回マカオ国際映画祭(中華人民共和国マカオ特別行政区)が12月8日~13日、マカオ文化センターなどで開催される。
その目玉特集企画として、三池崇史、園子温、黒沢清らが参加した「アジアのジャンル映画の巨匠12人が選ぶジャンル映画この1本」がクロスファイア(レトロスペクティブ)部門で行われることが分かった。
(取材・文:中山治美)
マカオでの政府主導の国際映画祭は初めて。映画祭のプレジデントをマカオ政府観光局局長のマリア・エレナ・デ・セナ・フェルナンデスが務めている。
開催期間は6日間と国際映画祭の中では短いながら予算は5,500万パタカ(約7億8,000万円。1マカオ・パタカ=0.07円換算)。
さらにベネチア国際映画祭などで辣腕を振るったミュラーを招聘するなど相当力が入っている。

 ミュラーは目指す映画祭の方向性について、「マーティン・スコセッシ監督が映画化した遠藤周作の小説『沈黙』で描かれている通り、
イエズス会はマカオにまず支部を設置しカトリック教を東アジア諸国に普及して行きました。
まさにマカオは多文化のプラットホーム。その歴史性を映画祭にも投影し、東洋と西洋を結び、さらにここから世界配給へと繋がって行くような可能性を持った作品を紹介して行きたい」という。

 そんな映画祭の姿勢を象徴し、かつアジア映画に造詣の深いミュラーの人脈を活用した企画が「アジアのジャンル映画の巨匠12人が選ぶジャンル映画この1本」だ。
ミュラーが人選した、自国と諸外国の架け橋となって活躍している監督たちに、影響を受けた海外のジャンル映画の選出を依頼。
ただし「東アジアとハリウッドは除く」の注釈付きだったため、なかなかユニークなラインナップとなった。

 『吸血鬼ドラキュラ』(1958)を選出した園監督は、その理由について「僕は1961年生まれ。
小学生の頃は、テレビで映画が放映される機会が多く、中でも最も印象が強かった、いや、全生涯においてのトラウマ映画と言っても過言ではないのが本作。
自分のキャリアに大きな影響を与えた監督であり、作品だと思います」という。

 意外に思えるのは、アクション映画の雄として知られるジョン・ウー監督が選んだミュージカル映画の名作『シェルブールの雨傘』(1963)。
ミュラーは「ウー監督は最初の頃、ミュージカルも製作していました。ウー監督はご存知の通り、中国で初めて公開された日本映画『君よ憤怒の河を渉れ』(1976)のリメーク『追捕 (原題)』を製作中ですが、
将来的にミュージカルを作りたいそうです」と説明した。

 また『続・夕陽のガンマン』(1967)を選んだジョニー・トー監督からは、「デジタルと、35mmフィルムのテクニスコープの両方で上映して欲しい」と要望があったという。
ジョー監督は未来の観客の育成の重要性を痛感しているそうで「特に30歳以下の若い観客たちに、2つの違いを感じて欲しい」とコメントを寄せたという。

 ほか、主な部門は若手監督によるジャンル映画を対象にしたコンペティション部門、特別招待上映部門など。
なお、アン・リー監督の承諾を得て『グリーン・デスティニー』(2000)の英題である『クラウチング・タイガー、ヒデゥン・ドラゴン/Crouching Tiger、Hidden Dragon』のタイトルを部門の名称に使用。
ジャンル映画のパノラマ部門を「ヒデゥン・ドラゴンズ」、企画ワークショップを「クラウチング・タイガー」と名付け流という。

 なお、コンペティション部門の審査委員長には、パキスタン出身でイギリス・フランス合作映画『エリザベス:ゴールデン・エイジ』(2007)など海外でも活躍しているシェカール・カプール監督が決定。
トロフィーのデザインを、『ヒューゴの不思議な発明』(2011)などを手掛けたプロダクション・デザイナーのダンテ・ファレッティが担当した。

 全上映作品は11月中旬頃に発表されるが、参加者が万遍なく鑑賞できる程度の上映本数に絞るという。
ロッテルダム国際映画祭やロカルノ国際映画祭など名だたる映画祭でディレクターを務めてきたミュラーが、過渡期を迎えている国際映画祭に新たな変化をもたらすのか、注目されそうだ。

続きます
no title

続きを読む
広告
最新コメント