↓↓最近公開された映画の評判をチェック↓↓

『ジェラルドのゲーム』2chでの評価

このエントリーをはてなブックマークに追加
7.0/10IMDb
2017年10月04日時点

no title

引用元:Netflix 洋画総合 Part 12
続きを読む

川島海荷、ジャニーズWEST主演Netflix『炎の転校生』ヒロインに決定

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【ドラマ】川島海荷、ジャニーズWEST主演Netflix『炎の転校生』ヒロインに決定
1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2017/09/29(金) 05:17:59.76 ID:CAP_USER9.net
2017-09-29 05:00

川島海荷、ジャニーズWEST主演ドラマ『炎の転校生』ヒロインに決定

 女優の川島海荷が、7人組男性アイドルグループ・ジャニーズWESTが主演するNetflixオリジナルドラマ『炎の転校生 REBORN』(11月10日よりNetflixで世界配信)に登場する、ヒロイン・日花里(ヒカリ)役に決定した。

 同ドラマは、『週刊少年サンデー』(小学館)で1983年から85年まで連載された島本和彦氏の漫画『炎の転校生』が原作。かつて、転校を繰り返し、行く先々で事件を解決していし、「炎の転校生」と呼ばれた滝沢昇は、ある目的のため、謎のエリート校「種火学園」を設立し、校長となる。そこに現れた7人の転校生。偶然にも7人全員、下の名前が「駆(カケル)」だった。滝沢校長は、彼らを全国の問題がある学校に転校生として送り込み、学校を内部から改善する極秘ミッションで競わせる。No.1「炎の転校生」を目指し、7人の駆たちの熱血学園バトルが始まる。

 監督は、数々の人気バラエティ番組を手がけ、『デトロイト・メタル・シティ』『神様はバリにいる』など、映画監督としても自由な発想で、これまでにない作品を生み出してきた李闘士男氏が務める。

 川島は「日花里は、頑張ってみんなを転がそうとするけど転がしきれていないところが愛らしいキャラクターです。監督からは?マークがいっぱい出るような私が思ってもいない視点からの演出指導をいただきました(笑)。みんなで必死に、そして楽しみながら作ったドラマです、みなさんにもぜひ楽しんでご覧いただきたいです」と、メッセージを送っている。

 また、校長の滝沢を俳優の鹿賀丈史が声で演じることも明らかになった。公式サイトでは、ジャニーズWEST のメンバーが扮する7人の駆(かける)たちの個性が炸裂したビジュアルと特報映像も公開している。

(以下略、全文はソースをご覧ください。)


Netflixオリジナルドラマ『炎の転校生 REBORN』(11月10日よりNetflixで世界配信)でヒロイン・日花里(ヒカリ)を演じる川島海荷(C)Kazuhiko Shimamoto, SHOGAKUKAN/J Storm Inc.
no title
no title
no title
no title
原作者・島本和彦氏が描いた7人の駆。ジャニーズWESTのメンバー7人のイメージカラーで彩られている(C)島本和彦/小学館 ケ?ッサン
no title
http://www.oricon.co.jp/news/2098082/full/

川島海荷

川島 海荷(かわしま うみか、1994年3月3日 - )は、日本の女優、歌手であり、9nineの元メンバー。本名同じ。

埼玉県新座市出身。レプロエンタテインメント所属。明治大学文学部卒業。


wikipediaより

炎の転校生

炎の転校生』(ほのおのてんこうせい)は、島本和彦による日本の漫画作品。『週刊少年サンデー』(小学館)において、1983年から1985年にかけて全118話が連載された。俗に「炎転」(ほのてん)と略される。作者島本和彦の2作目のオリジナル連載作品であり、代表作の1つ。

1991年にはOVA化されている(正確にはオリジナルレーザーアニメーションであり、「ビデオ」ではない。


wikipediaより

続きを読む

Netflixのみの配信作は映画か否か? カンヌ映画祭が突きつけた大問題とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】<Netflixのみの配信作は映画か否か?> カンヌ映画祭が突きつけた大問題とは
1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/09/26(火) 12:40:32.60 ID:CAP_USER9.net
ペドロ・アルモドバルが爆弾発言!


ようこそ、カンヌへ! 

 といいつつ、まったく速報性のないこのコラム。Webの記事は早さだけではない。いつでも読めることにも意味があるんだ、と無理矢理進めていきます。

 さて、70回目の節目となったカンヌ映画祭で目立ったのは、テレビやストリーミング配信、VRといった、劇場用映画以外の映像作品。中でもストリーミング配信大手Netflixの作品である、ポン・ジュノの『オクジャ』と、ノア・バームバックの『マイヤーウィッツ家の人々(改訂版)』の2本は、最高賞パルムドールを争うコンペティションに入ったのだが、果たして配信作品は映画なのか、という論争が巻き起こった。

 特に舌鋒鋭かったのが、なんと公平を期すはずの審査委員長である、ペドロ・アルモドバル。

『オール・アバウト・マイ・マザー』などで知られるスペインの大物監督が、映画祭初日の記者会見でいきなり、映画館で映画を観るという文化を守るべきだという趣旨の声明文を読み上げ、「個人的には映画館で上映されない作品に賞をあげたくない」とぶち上げたのだ。

 委員長が出品作を観る前から否定するようなことを言うもんだから、みんなびっくり。同じく審査員のウィル・スミスが「うちの子どもたちはNetflixも観るけど、映画館にもよく行くよ」なんてフォローしても、アルモドバルはしらっとしていた。

 のちに、この発言は行き過ぎだったとして、アルモドバルは撤回したのだが、結局評判は良かったものの『オクジャ』も『マイヤーウィッツ家の人々(改訂版)』も、賞に絡むことはなかった。

 スーパーピッグをめぐる大活劇『オクジャ』は日本でも配信されているので、ぜひ観られる人には観てほしいし、アダム・サンドラー、ベン・スティラー、ダスティン・ホフマンが親子を演じる、ノア・バームバックのコメディ『マイヤーウィッツ家の人々(改訂版)』はアカデミー賞に絡むんじゃないかと思っている。一流になりそびれた人たちはどう生きていくか、という題材もぐっときたし、専業主夫の兄役を演じたアダムが特によかった。個人的には、ね。

つづく

9/26(火) 12:01配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170926-10013914-creaweb-cul

no title

ペドロ・アルモドバル

ペドロ・アルモドバル(Pedro Almodóvar, 1951年9月24日 - )は、スペインの映画監督・脚本家・映画プロデューサーである。



生い立ち

シウダー・レアル県カルサーダ・デ・カラトラーバで4人兄弟のひとりとして出生。資料によっては1949年生まれと表記される場合がある。父は字がほとんど読めず、ラバでワイン樽を運搬する仕事で一生のほとんどを過ごしたため、アルモドバルは母に依頼された地元の非常勤講師から読み書きを教わった。8歳のとき、両親から司祭になることを期待され、スペイン西部の町カセレスの寄宿学校に送られた。


wikipediaより

続きを読む

『ナルコス (Narcos)シーズン3』2chでの評価【Netflix】

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【Netflix】Narcos/ナルコス - 2
1: 奥さまは名無しさん 2017/09/18(月) 06:00:30.14 ID:YEYsKaMi.net
Netflix制作のオリジナルシリーズ「Narcos」を語るスレです。

ナルコス
http://www.imdb.com/title/tt2707408/

前スレ
【Netflix】Narcos/ナルコス [転載禁止]©2ch.net・
http://egg.2ch.net/test/read.cgi/tv2/1441134711/

no title

ナルコス

『ナルコス』(Narcos)はアメリカ合衆国で製作されたドラマシリーズである。ネットフリックス制作のオリジナルドラマで、コロンビアでアメリカ合衆国に麻薬を供給する麻薬組織とアメリカから派遣された麻薬取締捜査官達の戦いを描く。本国では2015年8月28日より配信が開始され、日本では2015年9月1日から配信が開始された。シーズン2は、2016年9月2日に配信された。2016年9月6日、シーズン3および4の製作が発表された。シーズン3は2017年9月1日に配信された。

スペイン語圏が舞台のためスペイン語が使われる場面が非常に多いことが特徴。


wikipediaより

続きを読む

ネットフリックス社長「日本人は世界的大ヒットしたクオリティ高い海外ドラマより国内のくだらないバラエティを好む。理解不能」

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【悲報】ネットフリックス社長「日本人は世界的大ヒットしたクオリティ高い海外ドラマより国内のくだらないバラエティを好む。理解不能」
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/18(月) 17:27:19.188 ID:GSb7IApya.net
世界的大ヒットドラマより『テラハ』な日本人

NETFLIXと言えば、110億円(1億ドル)以上の制作費を投入し世界的大ヒットとなったオリジナルドラマ『ハウスオブカード』を皮切りに、
『デアデビル』『マルコポーロ』『ナルコス』などのハリウッド映画顔負けの超大作ドラマが目白押し。それが月々950円で見放題
なのだから、海外ドラマファン垂涎、加入者殺到かと思いきや、実はそうでもない。日本で人気なのは、フジテレビと共同制作した
『テラスハウス』などの国内作品ばかり。せっかく世界的優良コンテンツが見放題なのに、字幕が面倒なのか、話数の多い海外ドラマ
に身構えてしまうのか、日本視聴者は国内制作のイージーコンテンツに流れがちだ。NETFLIXの基本スタンスは「ユーザーの嗜好に
合わせたラインナップを取り揃える」だから、顧客の好みを批判することはないが、NETFLIX日本社長のグレッグ・ピーターズもこれには
困り顔だ。「言語と文化の壁」と言ってしまえば簡単だが、クオリティよりも取っつきやすさに走る“ガラパゴス性”には頭を悩ませている。

http://getnews.jp/archives/1480463

no title

続きを読む
広告
オススメ
最新コメント