in

フットボール選手の脳しんとう問題に焦点を当てた映画が3本競作へ

引用元:【映画】フットボール選手の脳しんとう問題に焦点を当てた映画が3本競作へ[14/01/06]

1: やるっきゃ希志あいのφ ★ 2014/01/06(月) 14:58:25.83 ID:???0
激しい接触プレーがつきものの米プロフットボールリーグNFLの選手の脳しんとう問題に、ハリウッドがにわかに注目している。現在、脳しんとうとそれが引き起こす脳へのダメージ、脳障害に関する映画企画が、判明しているだけで3本進行中だ。

1本は、11月に製作が報じられた、リドリー・スコット監督がメガホンをとる予定のタイトル未定の作品。もう1本は、元NFLのワイドレシーバーという経歴を持つマシュー・A・チェリーが監督と脚本を手がけ、イザイア・ワシントンが主演する「Game Time Decision(原題)」。ワシントンが、退行性脳障害に苦しむ元NFL選手を演じる。3本目は、2013年10月に刊行されたノンフィクション「League of Denial: The NFL, Concussions and the Battle for Truth」の映画化。原作は、過去には米野球界のステロイド問題を追求した「Game of Shadows」を上梓した米ESPN記者のマーク・ファイナル・ワダとスティーブ・ファイナルの著書で、「フライト」「グラディエーター」のプロデューサーとして知られるウォルター・パークスとローリー・マクドナルド夫妻が、争奪戦の末に映画化権を獲得した。いずれも、激しい接触プレーなどで生じる脳しんとうが長期にわたって選手に与える影響、またそうした脳へのダメージに関する啓蒙を行わず、激しいプレーを良しとし、脳障害の事例を隠ぺいしてきたリーグ側の姿勢などに焦点が当てられる。

NFLに関しては近年、現役選手が交際相手を射殺したうえで自殺する事件があったほか、引退した名選手ジュニア・セアウ氏が脳障害の末に自殺するなど、脳しんとうや後遺症との関連が疑われる問題が取り沙汰されている。

ソースは
http://eiga.com/news/20140106/5/
元NFL選手を演じるイザイア・ワシントン
d6c467b7 - フットボール選手の脳しんとう問題に焦点を当てた映画が3本競作へ

1001: ジョン・ドゥ@シネマ速報 2016/04/01(金) 10:00:00.00 ID:cinesoku.net

10: 名無しさん@恐縮です 2014/01/06(月) 15:09:24.11 ID:jEnWBkXZ0
>>1
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140106/k10014275131000.html
スポーツでの脳震とう 直ちに運動中止を提言
1月6日 5時25分

スポーツ中に頭を強く打ち、重い後遺症が残ったり死亡したりする事故が後を絶たないことから、日本脳神経外科学会は、脳震とうを起こして気分が悪くなったりした場合には直ちに運動をやめるなどとする一般の人向けの提言をまとめ、注意を呼びかけています。

この提言は、中学校の授業で武道が必修化されたことなどを受け、スポーツの初心者に多い深刻な事故を少しでも減らしてもらいたいと日本脳神経外科学会がまとめました。

提言では、まず、スポーツ中に頭を強く打つなどして起きる脳震とうは、気分が悪くなるなど軽症に見えることも多いとしたうえで、そのまま続けると脳や血管が傷ついて命に関わるおそれもあることから、脳しんとうを起こしたら、すぐに練習や競技をやめるよう求めています。

また、再開のタイミングについては、症状が完全に消えてから徐々に行うとし、硬膜下血腫など脳の周りで出血が起きた場合などは治療を受けて回復しても原則として競技に復帰すべきではない、としています。

提言をまとめた日本大学の片山容一教授は「脳震とうは病院に来る前の対応が非常に重要だ。深刻な事故は初心者に多いので、特に学校現場などでは提言を参考に適切な対応を取るようにしてほしい」と話しています。

3: 名無しさん@恐縮です 2014/01/06(月) 15:02:51.79 ID:r012w5DW0
2ちゃんのやり過ぎによる脳障害の映画化はよ!

26: 名無しさん@恐縮です 2014/01/06(月) 15:19:26.23 ID:dLUvF4G30
>>3

29: 名無しさん@恐縮です 2014/01/06(月) 15:22:16.40 ID:dLUvF4G30
>>3
脳障害危険度

2ちゃん>>ボクシング≧アメフト>ラグビー≧柔道

5: 名無しさん@恐縮です 2014/01/06(月) 15:05:29.30 ID:mWRLphgJ0
2ch脳がNFL脳を評価するのは・・・

7: 名無しさん@恐縮です 2014/01/06(月) 15:07:23.14 ID:dLUvF4G30
ラグビーも相当な数

13: 名無しさん@恐縮です 2014/01/06(月) 15:10:19.46 ID:uRvtVEII0
アメフトのこの問題にサッカーで匹敵するのは大宮広島のあの激突くらいだろ

15: 名無しさん@恐縮です 2014/01/06(月) 15:10:57.76 ID:MCMprPs40
サッカーもヘルメット付けたほうがいい

21: 名無しさん@恐縮です 2014/01/06(月) 15:15:12.39 ID:u0DsdKl80
>>15
ヘルメットは頭が固定される分、逆に脳へのダメージが大きいんだぞ

18: 名無しさん@恐縮です 2014/01/06(月) 15:12:07.47 ID:usWomqd20
QBだと引退まで考えなきゃいけないしな

20: 名無しさん@恐縮です 2014/01/06(月) 15:14:22.32 ID:+SNiguRIO
脳震盪を一番起こしやすいのは接触プレイじゃなくて
地面との接触。上手く受け身を取れない状況でタックル受け
て、頭から倒れるパターンはよく見る

23: 名無しさん@恐縮です 2014/01/06(月) 15:17:18.86 ID:nOQXf19w0
ディフェンスの選手とか絶対どこかおかしくなるレベルだよね

32: 名無しさん@恐縮です 2014/01/06(月) 15:24:09.27 ID:gwBZFASY0
ボブザップよりやばい奴らが思いっきり正面や後ろからタックルしてくんだぞ。ヘルメットじゃ守り切れねーだろw

33: 名無しさん@恐縮です 2014/01/06(月) 15:25:23.65 ID:mhvNJzmL0
格闘技と同じで分かっててやってるんだから別にいいだろ。

37: 名無しさん@恐縮です 2014/01/06(月) 15:28:25.05 ID:dLUvF4G30
>>33
柔道より遙かにラグビーの方がフルコンタクト格闘技
アメフトは体重100㎏オーバーの奴が高速でタックルしてくるから
70㎏ぐらいの素人がやられたら死ぬレベル

34: 名無しさん@恐縮です 2014/01/06(月) 15:26:59.35 ID:u0DsdKl80
はっきり言って今は猶予状態
WHOが本腰入れだしたらあっという間にタバコのように社会から駆逐されるよ

58: 名無しさん@恐縮です 2014/01/06(月) 15:52:49.67 ID:7f21vSKB0
軽四に跳ねられるぐらいのパワーありそうだもんな。
あれはやばいって。

59: 名無しさん@恐縮です 2014/01/06(月) 15:53:02.53 ID:eFGIQ+Dz0
卓球が一番安全だな

65: 名無しさん@恐縮です 2014/01/06(月) 16:12:47.08 ID:W6Op1kPZ0
レシーバーのラン・アフター・キャッチを原則禁止してみるとか?
それだけでもだいぶ違うかも。

70: 名無しさん@恐縮です 2014/01/06(月) 16:26:18.68 ID:so1ZY9QF0
ESPNのスポーツ・ドキュメントの方が面白いが、映画はスポーツに興味の無い層向けの内容になってそうだな
今日もアメフトのワイルド・カードが極寒のグリーンベイでやってたが盛り上がってたな

73: 名無しさん@恐縮です 2014/01/06(月) 17:08:58.91 ID:efofP9eI0
サッカーだとENGプレミアリーグのツェフってのが大きな脳震盪をやったね

で、ヘッドギアを装着して試合に出るようになった。脳震盪は一度でもヤバいが
二度目は致命傷になるって啓蒙活動にも熱心。

75: 名無しさん@恐縮です 2014/01/06(月) 17:14:48.01 ID:HoRTeqOo0
>>73
脳震盪どころか頭蓋骨骨折な

77: 名無しさん@恐縮です 2014/01/06(月) 17:41:37.79 ID:uzz8uNYi0
しかしNFLはあのハードさのおかげで面白いのは間違いない

映画大好き名無し

>現役選手が交際相手を射殺したうえで自殺する事件
「ラスト・ボーイスカウト」かよ!いや、ちょっと違うか…。

映画大好き名無し

アメフトの象徴とも言えるあのガチガチの装備は、それだけあのスポーツの危険性の高さを物語っているからね。
だもだからこそ装備やルール、それにトレーニングにまで常に最新の技術や理論を積極的に取り入れてるのもアメフトなんだよ。

blank - 管理人が選ぶ2013年ベスト映画

管理人が選ぶ2013年ベスト映画

blank - ダニエル・ラドクリフ「僕はハリポタを演じるには毛深すぎた」…12歳の時にはすでにスタッフから脚の毛を剃られていたと告白

ダニエル・ラドクリフ「僕はハリポタを演じるには毛深すぎた」…12歳の時にはすでにスタッフから脚の毛を剃られていたと告白