in

宝田明「ゴジラ」最後の“日劇襲来”に感無量「終生忘れることができません」

Pocket

引用元:宝田明「ゴジラ」最後の“日劇襲来”に感無量「終生忘れることができません」[18/02/04]

1: サイカイへのショートカット ★ 2018/02/05(月) 13:12:04.45 ID:CAP_USER9.net
宝田明「ゴジラ」最後の“日劇襲来”に感無量「終生忘れることができません」
2018年2月4日 21:05 映画.com速報
http://eiga.com/news/20180204/10/

感無量の面持ちを浮かべた宝田明
640 - 宝田明「ゴジラ」最後の“日劇襲来”に感無量「終生忘れることができません」

[映画.com ニュース] 俳優の宝田明が2月4日、東京・有楽町のTOHOシネマズ日劇で開催された「さよなら日劇ラストショウ」で、出演作「ゴジラ(1954)」の上映後にトークショーを行った。

MCを務めた「キネマ旬報」編集長・青木眞弥氏の呼びかけで登壇した宝田は、胸にそっと手を当てて、満席の客席をゆっくりと見渡した。場内は割れんばかりの拍手、そして大音量で響き渡るゴジラのメインテーマ。宝田は思わず「今年で84歳になる宝田明を泣かせないでください」と声を震わせ、時折目頭を押さえながら「今、日本中にある劇場で舞台挨拶もあり、色んな公演も終演を迎えていると思います。こんなに温かい拍手、終生忘れることができません。同僚の河内桃子、1期上の平田昭彦、名優の志村喬、田中友幸プロデューサー、円谷英二特撮監督、天におります彼らも喜んでいると思います」と万感の思いを込めた。

観客とともに上映にも立ち合った宝田は「モノクロの映画には訴える力がある」と改めて感じたという。「かつてシカゴの美術館でレンブラントの絵を前にした時、立ちすくんで金縛りにあったような感覚になった。黒の白との対比が実に見事。『ゴジラ』の画とオーバーラップします」と語ると、本作の初号を見た際の思い出を明かした。「かび臭い映写室で見て、ひとり泣きました。ゴジラがあまりにも可哀相で。彼自身も被ばく者だと考えると、オキシジェン・デストロイヤーで海の藻屑とさせてしまうのは、人間の“業”とでも言いましょうか。まるで子どものように泣きました」と振り返っていた。

アメリカで開催されたイベントを通じて「ゴジラは日本以上に、アメリカでは大ヒーロー」と実感した宝田。英語表記「GODZILLA」を例に出すと「最初の3文字は“神”のGOD。ゴジラは聖なる獣、聖獣なのかなと考えました」と話すと、ギャレス・エドワーズ監督作「GODZILLA ゴジラ」に入国審査官役としてオファーを受けた際の出来事を述懐した。「監督に会ったら、昔懐かしいゴジラのポスターにサインを求められたんです」「(出演シーンは)尺が長すぎて、結局カット。監督からは『申し訳ない、申し訳ない』と(笑)。(出演者の)渡辺謙には『お前のところ、1分か2分カットしてもらえば、俺が入るだろう』と言いましたよ」と暴露して、場内の笑いを誘っていた。

1934年生まれの宝田は、33年に産声をあげた「日劇」を“同期の桜”と言い表して「歴史ある建物が使命を終え、新たに生まれ変わることは嬉しい限り」と感激の面持ち。さらに、今後「ゴジラ」映画が日本で製作され、出演することになった場合は「セリフは何もいりません。ゴジラが日本に上陸したら、私はひとりポツンと立って、彼と相対します。私は唯一ゴジラとアイコンタクトができる。『ゴジラ、懐かしい、よく来てくれたな。でも日本はもう立ち直った。(問題のある)“他の国”へ行け』と訴えかけます」と熱を込めて語っていた。

宝田明

宝田 明(たからだ あきら、1934年4月29日 – )は、日本の映画俳優、タレント、声優、司会者である。

日本映画の黄金期である昭和30年代、東宝を代表する二枚目スターであった。昭和40年代以降、ミュージカルを中心とした舞台に活動の場を広げ、ドラマやバラエティなどテレビ出演も増えるようになった。1964年に文部省芸術祭奨励賞、1972年にゴールデンアロー賞、2012年に文化庁芸術祭大衆芸能部門大賞を受賞。これまで出演した映画は200本を越える。


wikipediaより

Pocket

1001: ジョン・ドゥ@シネマ速報 2016/04/01(金) 10:00:00.00 ID:cinesoku.net

8: 名無しさん@恐縮です 2018/02/05(月) 13:17:08.15 ID:1+ZoneTT0.net
ゴジラ食ったら美味いのかなぁ

23: 名無しさん@恐縮です 2018/02/05(月) 13:35:47.39 ID:/0Cj/+es0.net
>>8
高濃度の放射性物質だから喰ったら即死だろ。
味なんか感じる暇は無い。

32: 名無しさん@恐縮です 2018/02/05(月) 14:04:04.39 ID:i2Kx6a8L0.net
>>8
鯨入ってるからまあまあいけるんじゃ

でも被爆してるんだったな

9: 名無しさん@恐縮です 2018/02/05(月) 13:17:29.68 ID:PWcnUSN50.net
昔は気障なイメージだったけど
いつまでもダンディで気取らずかっこいいな

10: 名無しさん@恐縮です 2018/02/05(月) 13:18:04.25 ID:UrqWXtmJ0.net
>ギャレス・エドワーズ監督作「GODZILLA ゴジラ」に入国審査官役としてオファーを受けた際の出来事を述懐した。
>「監督に会ったら、昔懐かしいゴジラのポスターにサインを求められたんです」「(出演シーンは)尺が長すぎて、結局カット。
>監督からは『申し訳ない、申し訳ない』と(笑)。

ギャレス監督、サインをもらうためだけに、形だけのオファーをしたんじゃあるまいな

26: 名無しさん@恐縮です 2018/02/05(月) 13:47:25.72 ID:RKu4oXVy0.net
>>10
特典映像にしてくれりゃいいのにな

15: 名無しさん@恐縮です 2018/02/05(月) 13:24:52.39 ID:Xf83tvG70.net
ガキだった俺が宝田明さんを明確に認識したのは
宝田明のお笑いウルトラクイズからだ

45: 名無しさん@恐縮です 2018/02/05(月) 14:22:34.27 ID:iTmWvpM20.net
>>15
俺はミスユニバースの司会だよ
あとは「ミンボーの女」のホテル支配人役

38: 名無しさん@恐縮です 2018/02/05(月) 14:07:57.01 ID:79CPkMbJ0.net
しかし、終戦から時代が経ってなくて製作陣も東京大空襲とか
広島長崎の悪夢を昨日のことの様に覚えているからこそのリアリティが凄い

シンゴジラは福島の事故があったからそれを引用することで
1954年版以降のゴジラで初めて絶望感とか説得力出せたな

40: 名無しさん@恐縮です 2018/02/05(月) 14:12:06.75 ID:Yh/0zQN/0.net
まだいきてたんだ!というか、メッチャ元気そうじゃん!w
【流出】 渡辺直美と壇蜜のフウゾク時代の写真がこちらwww
Pocket

41: 名無しさん@恐縮です 2018/02/05(月) 14:12:26.57 ID:79CPkMbJ0.net
1954年版の主人公の宝田明はやたらにイケメンで凄いんだけど
実はいなくてもストーリー進行上何も困らないんだよなと今回思ったわ

44: 名無しさん@恐縮です 2018/02/05(月) 14:17:55.51 ID:IEVegegJ0.net
>同僚の河内桃子、1期上の平田昭彦、名優の志村喬、田中友幸プロデューサー、円谷英二特撮監督、天におります彼らも喜んでいると思います」と万感の思いを込めた。

なんで本多猪四郎監督の名前は出さないの?
すごく違和感あるんだけど…
仲悪かったの?

47: 名無しさん@恐縮です 2018/02/05(月) 14:26:27.72 ID:Qe+xjaBy0.net
でも「ゴジラ」で一番良い役だったのは平田昭彦

48: 名無しさん@恐縮です 2018/02/05(月) 14:26:42.05 ID:tc26bgAZ0.net
こんなにエレガントに長生き
素晴らしいわ

52: 名無しさん@恐縮です 2018/02/05(月) 14:43:36.51 ID:pPk1jr3H0.net
ゴジラのターゲットは東京タワー
たぶん位置的に日劇を踏み付けてる
21Oihpc7iJL - 宝田明「ゴジラ」最後の“日劇襲来”に感無量「終生忘れることができません」 ゴジラ <昭和29年度作品> [DVD]

¥ 4,725
河内桃子, 宝田明, 東宝, 本多猪四郎

Amazonで詳しく見る

1
コメントを残す

1 Comment threads
0 Thread replies
0 Followers
 
Most reacted comment
Hottest comment thread
1 Comment authors
  Subscribe  
新しい順 古い順 最も評価の多い
更新通知を受け取る »
アラン・スミシー

>>41
分かってないな
そういうのを狂言回しと言うんだよ
芹澤博士が主人公だったらとっととデストロイヤー使って終わりだ

blank - 『グッド・プレイス(The Good Place)シーズン2』2chでの評価【Netflix】

『グッド・プレイス(The Good Place)シーズン2』2chでの評価【Netflix】

blank - 【男を狂わす美脚】主演片山萌美、映画「富美子の足」で体当たり演技…身長170cm、92センチGカップ

【男を狂わす美脚】主演片山萌美、映画「富美子の足」で体当たり演技…身長170cm、92センチGカップ