in

大泉洋、自身をイメージして執筆された小説「騙し絵の牙」映画化で主演決定

引用元:大泉洋、自身をイメージして執筆された小説「騙し絵の牙」映画化で主演決定

1: 湛然 ★ 2018/04/03(火) 05:16:47.03 ID:CAP_USER9.net
2018年4月3日5時0分 スポーツ報知
大泉洋、自身をイメージして執筆された小説「騙し絵の牙」映画化で主演決定

 俳優・大泉洋(45)を主人公にイメージして執筆された小説「騙し絵の牙」が大泉主演で映画化されることが2日、分かった。

 神戸新聞社で記者だった塩田武士氏の2018年本屋大賞ノミネート作が原作。4年間取材を重ね、出版界を舞台にした社会派ミステリーで、大泉は雑誌廃刊の危機に奔走する編集長・速水輝也役。誰にでも愛される人たらしだが、笑顔の裏に深い陰を持つ二面性のある役どころを演じる。

 大泉が、同書の編集者に「僕が主演できるような小説ない?」とラブコールを送り続けた結果、その編集者が「もう私が作ります」と塩田氏に執筆を依頼したところから企画がスタートした。大泉は「今はただただ、この主役の話が自分に来たことに安どしております(笑い)。私に当て書きしていただいた作品。本来、何の役づくりも必要ないはずなんですが、えらい難しい役になっています」と苦笑いしつつ「必ずや面白い映画になると確信しております」と自信を見せる。

 塩田氏は大泉の出演作や本人取材などから徹底分析し、口調やモノマネなどを忠実に小説に反映させた。「早く大スクリーンで天性の人たらしが見たい。『社会派』と『40代の色気』をまとった大泉洋は無敵です」とコメントを寄せた。監督と脚本、配給は後日、発表される。

自身の発案による映画に主演する大泉洋(右)と原作者の塩田武士氏
20180402 OHT1I50150 L - 大泉洋、自身をイメージして執筆された小説「騙し絵の牙」映画化で主演決定
http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180402-OHT1T50223.html

大泉洋

大泉 洋(おおいずみ よう、1973年4月3日 – )は、日本の俳優、タレント、声優、コメディアン、作家、歌手。CREATIVE OFFICE CUE(業務提携先はアミューズ)、演劇ユニットTEAM NACS、及び劇団イナダ組所属。身長178cm。北海学園大学経済学部卒業。北海道江別市大麻 出身。


wikipediaより

1001: ジョン・ドゥ@シネマ速報 2016/04/01(金) 10:00:00.00 ID:cinesoku.net

5: 名無しさん@恐縮です 2018/04/03(火) 05:39:46.73 ID:6VgATMww0.net
嫌いじゃないけど映画がなんかバラエティーっぽくなっちゃうんだよね

6: 名無しさん@恐縮です 2018/04/03(火) 05:41:38.64 ID:6VgATMww0.net
やっぱ最初のイメージってあるから適材適所を見極めてほしいな

9: 名無しさん@恐縮です 2018/04/03(火) 05:50:30.28 ID:PUs5wD8n0.net
映画なんか、どうでも良いから、ミスターとカブで旅しろよ

11: 名無しさん@恐縮です 2018/04/03(火) 06:05:44.48 ID:ibUJHiFX0.net
>>9
道内と沖縄が残ってるよな。ヨーロッパもアイルランドだけ行ってないからアイルランドを
カブで一周もいいな。

10: 名無しさん@恐縮です 2018/04/03(火) 06:00:38.22 ID:BR3HVB4f0.net
これ、監督と脚本がヘボかったら台無しよ。

12: 名無しさん@恐縮です 2018/04/03(火) 06:15:14.56 ID:O0ZbimOM0.net
塩田さんの作品だったらまず「罪の声」を映画化すべきでしょ

13: 名無しさん@恐縮です 2018/04/03(火) 06:41:04.05 ID:pSw5oB1v0.net
大泉洋は最近調子に乗っていると
どうでしょうさん、そろそろあいつを

18: 名無しさん@恐縮です 2018/04/03(火) 06:56:58.90 ID:TA1g+ZYO0.net
ユーモアのセンスと人柄が両立してる芸能人は本当にわずか
そのわずかのうちの中で最年少なのが大泉洋
この人は世代や人を選ばないんだよな
blank - 『スパナチュ』はジェンセン・アクレスとジャレッド・パダレッキが辞めない限り続く!

『スパナチュ』はジェンセン・アクレスとジャレッド・パダレッキが辞めない限り続く!

blank - 「娼年」原作者・石田衣良「カップルで見た後、ラブホに行って!」とアピール

「娼年」原作者・石田衣良「カップルで見た後、ラブホに行って!」とアピール