in

西島秀俊、佐々木蔵之介らが「空母いぶき」に自信、「日本映画もここまできた」

引用元:西島秀俊、佐々木蔵之介らが「空母いぶき」に自信、「日本映画もここまできた」

1: muffin ★ 2019/04/23(火) 14:28:09.40 ID:RtYI0l8Z9.net
https://natalie.mu/eiga/news/328955
2019年4月22日

空母いぶき」の完成披露が4月22日に東京・国際フォーラムで開催され、キャストの西島秀俊、佐々木蔵之介ら22名が登壇した。

西島と佐々木のほかには本田翼、小倉久寛、高嶋政宏、玉木宏、戸次重幸、市原隼人、片桐仁、和田正人、平埜生成、土村芳、深川麻衣、山内圭哉、中井貴一、村上淳、吉田栄作、藤竜也、佐藤浩市、原作者のかわぐちかいじ、企画を担当した福井晴敏、監督の若松節朗が出席した本イベント。西島は「ついに日本映画もここまできたかというリアルな戦闘シーン。そして深い人間ドラマ。必ず皆さんが感動する作品に仕上がっています」と作品の出来に自信をのぞかせる。佐々木は「最初は怖いなとひるみましたが、『平和のための映画だ』と聞いて、覚悟を持って出演させていただきました」とオファーを受けてから本作への参加を決めるまでの心境を明かした。

出演が決定する前から原作マンガを読んでいた玉木は「嵐の櫻井翔くんに面白いマンガがあると薦めてもらったんです」と話して観客を驚かせ、市原は「自分の中の大和魂や愛国心を掻き立てられる大切な作品です」と感慨深げにコメント。そして中井は「艦長とか、みんなの紹介がかっこいいなあと思っていたら(自身のキャラクターは)店長でした」とおどけて会場の爆笑をさらい、佐藤は「三國(連太郎)も草葉の陰でニタニタしていると思います」と父の名前を出し、内閣総理大臣役を初めて演じた気持ちを語った。

イベントでは、本作のストーリーにちなんでMCから登壇者へ「人生最大の決断は?」と質問が飛んだ。西島は「家庭を持ったこと」という回答を出し「次の世代に今の平和を残せるかということをより感じるようになりました」としみじみ。佐々木は「風呂を先にするか、ビールを飲むか……」とのんびりとした口調で前置きをして観客の笑いを誘いつつ、「俳優という職業を選んだことです」と真摯に答える。続いて高嶋が「やはり、シルビアと結婚を決めたこと!」と声を張ると会場から大きな拍手が。藤は高嶋の母である寿美花代の舞台を観に行った際の思い出を振り返りながら「待ち合わせに遅れた女の子を待っていたらスカウトマンが来て、俳優になることを決めました」と発言し観客をどよめかせた。(続きはソースをご覧下さい)

5月24日公開の「空母いぶき」は、国籍不明の軍事勢力から突如攻撃を受け、領土の一部を占領された近未来の日本を舞台とした物語。事態を収拾させるために派遣された自衛隊初の航空機搭載型護衛艦「いぶき」とそれを取り巻く人々の姿が描かれる。

54 fixw 730 hq - 西島秀俊、佐々木蔵之介らが「空母いぶき」に自信、「日本映画もここまできた」
60 fixw 640 hq - 西島秀俊、佐々木蔵之介らが「空母いぶき」に自信、「日本映画もここまできた」

kuboibuki 201903 fixw 640 hq - 西島秀俊、佐々木蔵之介らが「空母いぶき」に自信、「日本映画もここまできた」

『空母いぶき』新予告映像【90秒ver.】(5月24日 全国ロードショー)

mqdefault - 西島秀俊、佐々木蔵之介らが「空母いぶき」に自信、「日本映画もここまできた」

空母いぶき

空母いぶき』(くうぼいぶき)は、かわぐちかいじ作、恵谷治監修による日本の漫画。『ビッグコミック』(小学館)にて、2014年24号から連載中。「いぶき」は、作中に登場する架空の航空機搭載型護衛艦 (DDV) の艦名でもある。話数カウントは「第nソーティ」。

作品解説

本作発表前、中華人民共和国(以下中国)の台頭にともない、特に2010年の尖閣諸島中国漁船衝突事件や、散発的に発生する尖閣諸島中国船領海侵犯事件を念頭に、日中関係の中で離島防衛および奪還作戦の可能性が現実味を帯びていた。また、2012年に政権交代により誕生した第2次安倍内閣は平和安全法制の制定を目指し、国会での議論が行われていた。そのような時代背景の中で発表された本作は、『沈黙の艦隊』『ジパング』で知られるかわぐちかいじの得意とする軍事作品であるが、彼がかつて発表した作品の中でも、より現実的かつ具体性に富んだものとなっている。


wikipediaより

西島秀俊

西島 秀俊(にしじま ひでとし、1971年3月29日 – )は、日本の俳優。東京都八王子市出身。クォータートーン所属。桐朋高等学校卒業、横浜国立大学工学部生産工学科中退。身長は178cm、血液型はA型。


wikipediaより

佐々木蔵之介

佐々木 蔵之介(ささき くらのすけ、1968年2月4日 – )は、日本の俳優である。本名、佐々木 秀明(ささき ひであき)。

京都府京都市上京区出身。ケイファクトリー所属。神戸大学農学部卒業。


wikipediaより

1001: ジョン・ドゥ@シネマ速報 2016/04/01(金) 10:00:00.00 ID:cinesoku.net

32: 名無しさん@恐縮です 2019/04/23(火) 14:45:26.54 ID:JlY0yeY+0.net
>>1
やたら壮大な設定の原作をしょぼい予算で映像化してお送りするいつものアレだろ
俳優同士が大声で主義主張を怒鳴り合うヤツ

3: 名無しさん@恐縮です 2019/04/23(火) 14:29:29.85 ID:0DjoBM6l0.net
邦画のSFは絶対コケるってまだわかんないんだ

11: 名無しさん@恐縮です 2019/04/23(火) 14:35:04.10 ID:egpQju7b0.net
>>3
これSFなの?

34: 名無しさん@恐縮です 2019/04/23(火) 14:46:42.85 ID:JlY0yeY+0.net
>>3
SFだからコケるのではない
作品が悪いからコケるのだ(主に脚本と予算不足のせい)

5: 名無しさん@恐縮です 2019/04/23(火) 14:30:10.67 ID:25DLwAT80.net
ISSAヒゲめっちゃ伸びてるな

8: 名無しさん@恐縮です 2019/04/23(火) 14:32:24.37 ID:DSlEVsPJ0.net
謎の武装勢力とかぼかして駄作の予感しかねえ。
原作は普通に中国の東海艦隊と交戦してるだろうが

20: 名無しさん@恐縮です 2019/04/23(火) 14:38:40.14 ID:GX1sg5ZE0.net
敵軍は国籍不明てことにすんのね

33: 名無しさん@恐縮です 2019/04/23(火) 14:45:44.58 ID:LIskL1gh0.net
仮にCGがびっくりするくらい上手く出来てても見る価値がある映画とは思えないな・・・
空母造りましたF35乗せてますまではいいよ。じきにそうなるし。
戦闘しまくって死人出しまくってるのに戦争にしてはならんからピンポイント砲撃だ!とか魚雷でスクリューだけ破壊だ!とか
さらには対艦戦闘するくせにF2は絶対使わないどころか存在していない。
日米同盟を迷惑してるくらいに書いてる関係だしな。
沈黙の艦隊をそのまま空母にしただけ

43: 名無しさん@恐縮です 2019/04/23(火) 14:54:08.47 ID:RraWP8pp0.net
亡国のイージスみたいにつまらない駄作になるのは間違いないな。
515HTTMD1SL. SL160  - 西島秀俊、佐々木蔵之介らが「空母いぶき」に自信、「日本映画もここまできた」 亡国のイージス [DVD]

¥ 4,104
真田広之, 寺尾聰, 佐藤浩市, 中井貴一, 勝地涼, ジェネオン ユニバーサル エンターテ, 阪本順治

Amazonで詳しく見る

52: 名無しさん@恐縮です 2019/04/23(火) 14:58:52.24 ID:X1Aq6hqm0.net
脚本 伊藤和典ってのが少し気になる

伊藤和典

伊藤 和典(いとう かずのり、1954年(昭和29年)12月24日 – )は、日本の脚本家。山形県上山市出身、早稲田大学第一文学部中退。

人物

山形県上山市の映画館「トキワ館」を経営する実家で育ち、早稲田大学ではテレビ芸術研究会に所属。学生時代からテレビドラマの助監督やシナリオライターのアルバイトを始め、やがて大学は2年で中退したが、ライターの仕事では食べられずに、アニメ業界へ足を踏み入れる。

アニメ制作会社の日本サンライズでテレビアニメ『サイボーグ009』で制作進行を務めた後、スタジオぴえろへ制作として入社。スタジオぴえろの第1回作品の『ニルスのふしぎな旅』でも制作進行を務め、ここで伊藤はその後のパートナーとなる押井守と知り合う。押井守がチーフディレクターに昇格した『うる星やつら』からは文芸を担当することになった。


wikipediaより
70: 名無しさん@恐縮です 2019/04/23(火) 15:19:47.48 ID:JlY0yeY+0.net
>>52
じゃあ監督に押井守でもつけとけばちょうどいい感じになる

56: HYK卍 2019/04/23(火) 15:01:06.91 ID:Cf7AhBnr0.net
豪華キャストだけど、全然宣伝してなかったよね…
大丈夫なん?

57: 名無しさん@恐縮です 2019/04/23(火) 15:01:12.44 ID:GySp71vr0.net
西島秀俊は刑事ものやこういう作品好きそうだな。

うっかり今やってる「きのう何食べた」が当たって西島の代表作になったら、本人不本意だろうな。

西島秀俊

西島 秀俊(にしじま ひでとし、1971年3月29日 – )は、日本の俳優。東京都八王子市出身。クォータートーン所属。桐朋高等学校卒業、横浜国立大学工学部生産工学科中退。身長は178cm、血液型はA型。

来歴

子どもの頃から映画好きで映画関係の仕事がしたいと考えていたところ、19歳の時に先輩の薦めで受けたオーディションに合格し俳優の道に進む。

1992年、大学在学中に東京アクターズスタジオ第1期生、テレビドラマ『はぐれ刑事純情派5』で俳優デビュー。


wikipediaより
75: 名無しさん@恐縮です 2019/04/23(火) 15:33:48.90 ID:Axq4OQ3k0.net
>>57
西島秀俊て刑事の役を何回やるんだろうな
刑事の役だけで10作は超えてるだろ

80: 名無しさん@恐縮です 2019/04/23(火) 15:39:14.44 ID:jtWBzoK40.net
ハンターキラーと並べて予告やってたな
ハンター〜は期待以上に面白かったがこれはどうだろう
関連記事

83: 名無しさん@恐縮です 2019/04/23(火) 15:47:11.48 ID:ETB+IDJt0.net
原作通りならいいけれどまぁ無理
アラン・スミシー

空母を所有してる正体不明の集団?あほな。

アラン・スミシー

それはほら、サンライズの滅茶苦茶メカアニメ並みに「ソ連残党」とか「ネオソ連」とか「デラーズスキー艦隊」とか…

blank - 「ショーシャンクの空に」(1994年公開アメリカ映画) と同じような感動を得られる映画を教えて

「ショーシャンクの空に」(1994年公開アメリカ映画) と同じような感動を得られる映画を教えて

blank - 米津玄師「海獣の子供」で初の映画主題歌書きおろし

米津玄師「海獣の子供」で初の映画主題歌書きおろし