in ,

『こちらあみ子』の評判

Yahoo
3.0 / 5
2022年07月22日時点

E38193E381A1E38289E38182E381BFE5AD90C2A9E3808CE38193E381A1E38289E38182E381BFE5AD90E3808DE38395E382A3E383ABE383A0E38391E383BCE38388E3838AE383BCE382BA - 『こちらあみ子』の評判
引用元:『こちらあみ子』の評判

1001: ジョン・ドゥ@シネマ速報 2016/04/01(金) 10:00:00.00 ID:cinesoku.net

1: 名無シネマ@上映中 2022/06/09(木) 07:49:35.26 ID:ddrxuUFo.net
たのしいことも さびしいことも——
あみ子が教えてくれるのは、
私たちが“かつて見ていたはずの世界”
劇場公開日 2022年7月8日

オフィシャルサイト
https://kochira-amiko.com/
予告編

mqdefault - 『こちらあみ子』の評判

劇場情報
https://kochira-amiko.com/#theaters

監督・脚本 森井勇佑
原作 今村夏子 「あたらしい娘」のちに「こちらあみ子」に改題 (ちくま文庫)
音楽・主題歌 青葉市子 「もしもし」

あみ子 大沢一菜
お父さん・哲郎 井浦新
お母さん・さゆり 尾野真千子
奥村天晴  大関悠士  橘高亨牧  幡田美保  黒木詔子  一木良彦

2: 名無シネマ@上映中 2022/06/09(木) 07:49:50.39 ID:ddrxuUFo.net
森井勇佑
今村夏子さんの原作小説をはじめて読んだときから、あみ子という存在が、
僕の中に住み着いて離れなくなりました。
それはたぶんあみ子に、僕の根っこの部分が共鳴したからなのだと思います。

3: 名無シネマ@上映中 2022/06/09(木) 07:50:05.85 ID:ddrxuUFo.net
今村夏子
思いっきり書くぞと決意して、その通りに書きました。
もう少し抑え気味にしたら良かった、
と若干後悔したほどです。

4: 名無シネマ@上映中 2022/06/09(木) 07:50:23.73 ID:ddrxuUFo.net
大森立嗣監督
森井は僕の映画の助監督をやっていて、映画を支えてくれていました。
映画が本当に好きで、彼は映画に救われているように僕には見えました。

7: 名無シネマ@上映中 2022/06/09(木) 16:08:09 ID:FBEYJ2zP.net
どうやって映像化するんだこれ

9: 名無シネマ@上映中 2022/07/09(土) 14:01:07.50 ID:yjDdy5h6.net
公開初日舞台挨拶 2022/07/09
mqdefault - 『こちらあみ子』の評判

井浦新、尾野真千子

完成披露上映会舞台挨拶

mqdefault - 『こちらあみ子』の評判

大沢一菜、井浦新、尾野真千子、森井勇佑監督

10: 名無シネマ@上映中 2022/07/09(土) 14:01:57.07 ID:yjDdy5h6.net
まだ観てないけど、評判はよさげ

11: 名無シネマ@上映中 2022/07/09(土) 18:54:32.19 ID:HncCcq2w.net
あした観てくる
予告編をみてすこし気になったのは、
尾野や井浦のセリフが不自然な点だな(演技じゃなくセリフそのものね)

14: 名無シネマ@上映中 2022/07/09(土) 22:19:07.38 ID:QWKxGDtz.net
ほのぼの系かと思ったらかなりハードな内容
娘は発達障害で息子はグレて暴走族
母親は精神を病んでしまう

15: 名無シネマ@上映中 2022/07/09(土) 23:46:28.01 ID:SjGFVAet.net
原作今村夏子だからね

今村夏子

今村 夏子(いまむら なつこ、1980年2月20日 – )は、日本の小説家。広島県広島市安佐南区生まれ。大阪市在住。

経歴

広島県内の高校を経て大阪市内の大学を卒業。その後は清掃のアルバイトなどを転転とした。29歳の時、職場で「あした休んでください」といわれ、帰宅途中に突然、小説を書こうと思いついたという。そうして書き上げた「あたらしい娘」が2010年、太宰治賞を受賞した。


wikipediaより
16: 名無シネマ@上映中 2022/07/10(日) 09:42:55.84 ID:gojzGRQI.net
冒頭のあみ子の「拝んでって〜」で笑った。そんなフランクにいうことかよと笑まぁその後の悲劇のフリになってるんだけど。

演技指導どうやってたのかな。凄い自然というかいわゆる問題児童らしい演技がリアルだった。
どんどん暗くなっていく話とは裏腹にあみこ子自身は成長していくんだよね。イマジナリーフレンドが海から遠ざかっていくのは自己が確立されていく様子だったのかな。多分ADHDとASDの併発だと思うけどこれって大人になるにつれて軽度になることはあるのか だろうか。

20: 名無シネマ@上映中 2022/07/10(日) 13:25:23 ID:eGEdGSJ7.net
>>16
病気ではなく、障害だから軽度にはならないけど、本当は親が早めに療育やカウンセリング連れて行って
その場の対応や気持ちの切り替えなんかを学ぶの
場面ごとの対応を学習することである程度はトラブル回避出来るようになる 人もいる
あみ子は気持ち悪いところ教えて欲しいって言ってたから
きっと未来は明るい
そしてあみ子が変わり者だけど、そんなことは気にせず気軽に話しかけてくれる近所の人たちがいる

32: 名無シネマ@上映中 2022/07/14(木) 23:38:53.37 ID:lNIkHPRy.net
>>16
>イマジナリーフレンドが海から遠ざかっていくのは

あいつ等、友達であると同時に死神みたいだったな
あの少女は妹なのか幼い頃のあみ子だったのか・・・

35: 名無シネマ@上映中 2022/07/16(土) 10:24:09.74 ID:6F9w6iCT.net
>>32
多分そうなのかなと思って。多分彼らがいることで救われたこともあると思うんだよ。それを考えるととても悲しい。

17: 名無シネマ@上映中 2022/07/10(日) 09:43:46.13 ID:gojzGRQI.net
冒頭のあみ子の「拝んでって〜」で笑った。そんなフランクにいうことかよと笑まぁその後の悲劇のフリになってるんだけど。

演技指導どうやってたのかな。凄い自然というかいわゆる問題児童らしい演技がリアルだった。
どんどん暗くなっていく話とは裏腹にあみこ子自身は成長していくんだよね。イマジナリーフレンドが海から遠ざかっていくのは自己が確立されていく様子だったのかな。多分ADHDとASDの併発だと思うけどこれって大人になるにつれて軽度になることはあるのか だろうか。

18: 名無シネマ@上映中 2022/07/10(日) 11:35:21.30 ID:VdC8X1DI.net
結局、音の正体はアレだったわけだけど
じゃあ学校のグラウンドや道で聞こえたのは何だったのか?

21: 名無シネマ@上映中 2022/07/10(日) 13:26:23 ID:eGEdGSJ7.net
>>18
普通のアレ
今まで気にしたこともなかったアイツの音を怖いと思うことで敏感になった

19: 名無シネマ@上映中 2022/07/10(日) 12:57:33.29 ID:ukVxay1n.net
主演の大沢一菜の演技は言わずもがな、
尾野真千子と井浦新の演技にも感服
特に寝室からあみ子を追い出すシーン凄かったなあ

22: 名無シネマ@上映中 2022/07/10(日) 13:29:03 ID:eGEdGSJ7.net
坊主の子良い子だけど、あみ子は全く眼中にないのがいいよね
本当発達の子ってそんなもん
今村さんって宗教にハマったり、闇深い人を描いたり
発達系の変わった人が周りにいるんだろうね

23: 名無シネマ@上映中 2022/07/10(日) 17:35:01.84 ID:ghNkAK/1.net
坊主頭くんいい子だったな
あみ子の行動を変と思わずに自由だと考える
ああいう子がたくさんいれば世の中は平和になる

24: 稚羽矢 2022/07/10(日) 22:01:23.18 ID:ISMtJ6tA.net
あみ子に周りが振り回されるコメディなのかと思ったら、別方向に振り回されるものだった・・・

坊主頭はいい奴だったな

25: 名無シネマ@上映中 2022/07/11(月) 07:36:40.17 ID:CvJx8ubk.net
映画観てるときは、なんでこんなの観に来ちゃったんだ!という気分で
一晩開けたら、あら不思議
先週公開した映画の中では唯一のリピート案件じゃないか

岩井堂聖子さん目当てで「幻の螢」も観てきたが
「真白の恋」の真白を破壊力100倍にしたのが、あみ子

26: 名無シネマ@上映中 2022/07/11(月) 07:38:27.24 ID:CvJx8ubk.net
武蔵野館のサイン入りポスター
ぼうず、あみ子の鼻にいたずらw

31: 名無シネマ@上映中 2022/07/14(木) 23:35:01.37 ID:lNIkHPRy.net
劇場に黒Tシャツが売ってたから買ってきた、原作本も勢いで

お母さん、死産したあとはあみ子に寄り添って生きようとしてたのに悲しいね
「弟の墓(デコシール付)」の件がなかったら、あの家族は崩壊しなかっただろうに
と、今日は両親の目線で観てきた
あみ子の目線で見たらクソ親なんだろうけど、そこに気付いていないあみ子がまた悲しい

blank - 『ミズ・マーベル 6話』の評判

『ミズ・マーベル 6話』の評判

blank - 『ミニオンズ フィーバー』の評判

『ミニオンズ フィーバー』の評判