in ,

ピクサーのストーリーを創る22のルール

c39b7ef6 s - ピクサーのストーリーを創る22のルール

ピクサーがストーリーを創る時に設けているルールが、ピクサーのストーリーアーティストであるEmma Coatesによってtwitterに投稿されました。

1001: ジョン・ドゥ@シネマ速報 2016/04/01(金) 10:00:00.00 ID:cinesoku.net


1.キャラクターがより良いものになるように挑戦を続けましょう。

2.作家として楽しい話を書くのではなく、
  観客が楽しい話を書くように努めましょう、それらは異なります。

3.テーマを持つことは大切ですが、実際に物語を書き終わるまでは
  何がテーマなのかは判らないものです。書き直しましょう。

4.『むかしむかし、___がいました。』
  『毎日、___でした。』
  『ある日、___をしました。』
  『それのため、___になりました。』
  『それのため、___になりました。』
  『最後に___になりました。』

5.物語を単純化してください。焦点を絞ってください。
  キャラクターを合体させて減らしましょう。
  物語の寄り道を省略しましょう。
  あなたは貴重なものを失ったように感じるかもしれませんが、
  この作業はあなたを自由にします。

6.キャラクターの優れているところはなんですか?
  彼は快適に生きてますか?
  彼を正反対の境遇に放り投げましょう!
  挑戦させましょう。
  さあ彼はどうします?

7.物語の中盤くらいまで書いたらエンディングを考えましょう。
  本当に、本当にエンディングを考えるのは難しい作業ですが、
  前もって決めておきましょう。

8.話を書き終えたら、それがたとえ完璧だと感じなくても、
  よしとして前進しましょう。
  理想では完璧なものを求めるかもしれませんが、
  次回にもっと上手くやればいいのです。

9.途中で書き詰まった時は、次に”起きない事”のリストを
  作成しましょう。
  このリストはあなたを前進させる手助けになるでしょう。

10.あなたの好きな物語は引き離しましょう。
  あなたが好きなその物語はあなたの一部です。
  それを使う前に、何故好きなのかを理解しましょう。 

11.物語を何かに書き始めると、無意識にあなたは
  物語を固定し始めてしまいます。
  頭の中でだけ考えている間は、
  決して誰とも物語を共有しないでしょう。

12.心に最初に浮かんだものは無視しましょう。
  2、3、4、5に浮かんだアイデアもです。
  思いつきやすいアイデアは極力避けるべきです。
  自分自身を驚かせましょう。

13.キャラクターには独自の価値観をもたせるべきです。
  協調的で受動的なキャラクターには好感が
  持てるかもしれませんが、観客には毒かもしれません。

14.あなたは何故この物語を語る必要があるのですか?
  あなたの中でこの物語を語りたい原動力はなんですか?
  それが物語の核心です。

15.あなたがそのキャラクターだったら、このような状況で、
  どのように感じますか?
  素直な意見ほど信じられない状況に信憑性を与えます。

16.その物語には何を賭けていますか?
  観客にキャラクターを応援する理由を与えましょう。
  彼らが失敗した場合、どうなりますか?
  そうなる理由を積み重ねてください。

17.なたの苦労は決して無駄になりません。
  もしそのアイデアが生きる場所が無かったとしても、
  前進を続けましょう。
  後でまわりまわって役に立つ時がきます。 

18.自分を知りましょう。
  最善を尽くすことと細かいことを気にすることの違い。
  物語はあなたを試します、挑まなければ洗練された話にはなりません。

19.キャラクターをトラブルに放り込むために
  偶然を使うのは素晴らしいことです。
  しかし、トラブルを解決する為に偶然を使うことは反則です。 

20.練習:あなたが嫌いな映画の素材を利用してください。
  あなたが好きな映画にするには、どのように再編集しますか?

21.あなたがキャラクターと置かれた状況になりきらなければ
  クールな物語は書けません。
  あなたならどうします?

22.その物語の本質はなんですか?
  それを簡潔に説明すると?
  それができれば、あなたは物語を構築することができます。

ネタ元:http://aerogrammestudio.com/2013/03/07/pixars-22-rules-of-storytelling/




UFOか? 俳優ラッセル・クロウさんが謎の発光体を撮影しYouTubeに投稿

blank - アグネス・チャン「児童兵士が0になる日を夢みています」…映画「魔女と呼ばれた少女」の公開記念トークイベント

アグネス・チャン「児童兵士が0になる日を夢みています」…映画「魔女と呼ばれた少女」の公開記念トークイベント