in ,

『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』2chでの評価

Yahoo
3.48 / 5
2019年02月26日時点

1015418 01 - 『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』2chでの評価
引用元:【ははいこ】母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。【安田顕 倍賞美津子 松下奈緒】

1001: ジョン・ドゥ@シネマ速報 2016/04/01(金) 10:00:00.00 ID:cinesoku.net

1: 名無シネマ@上映中 2019/02/16(土) 09:54:03.64 ID:RQMnnUz5.net
母がのこ遺した“愛のかたち”に涙する!感動の実話。

母と別れて1年後に届いた、 想像を超えた“驚くべき贈り物”とは——

「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」のオフィシャルサイト
http://bokuiko-movie.asmik-ace.co.jp/
「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」のオフィシャルtwitter
https://twitter.com/bokuiko_movie

安田顕    宮川サトシ
倍賞美津子  宮川明子
松下奈緒   真里
村上淳    祐一
石橋蓮司   利明

監督・脚本        大森立嗣
原作           宮川サトシ
主題歌「君の歌はワルツ」 作詞・作曲: BEGIN
(deleted an unsolicited ad)

大森立嗣

大森 立嗣(おおもり たつし、1970年9月4日 – )は、日本の映画監督、俳優。

来歴・人物

東京都生まれ。駒澤大学文学部社会学科卒業。

父親は舞踏家で「大駱駝艦」の創始者である麿赤兒、弟は俳優の大森南朋、女優の小野ゆり子は義理の妹に当たる。父である麿赤兒は常連俳優でもあり、脇役としてたびたび出演している。

高校生までは映画にほとんど興味がなかったが、大学で偶然入った映画サークル『8ミリ同好会』に所属したことから映画に興味を持ち始め、自主映画を作り始める。大学卒業後は俳優として活動し、その後荒井晴彦監督、阪本順治監督、井筒和幸監督、ホンマタカシの短編映画など様々な作品で助監督を務める。


wikipediaより
2: sage 2019/02/16(土) 09:55:54.68 ID:RQMnnUz5.net
安田顕

原作を拝読し、淡々としながらも、
その独自の目線にユーモアも感じつつ、
嘘のない想いに涙しました。
ゆるやかな人間賛歌の映画を生みだされた
大森立嗣監督に、
心より感謝申し上げます。

安田顕

安田 顕(やすだ けん、1973年12月8日 – )は、日本の俳優、タレント。愛称は「ヤスケン」。北海道室蘭市出身。CREATIVE OFFICE CUE(業務提携先はアミューズ)、TEAM NACS所属(サブリーダー)。2002年からは室蘭ふるさと親善大使。

来歴

兄は作曲家でラジオディレクターの安田史生。室蘭栄高校卒業後に北海学園大学に入学(経営学部卒業)。


wikipediaより
3: 名無シネマ@上映中 2019/02/16(土) 09:57:18.51 ID:RQMnnUz5.net
倍賞美津子

決して人数の多い組ではありませんでしたが、
監督を中心に皆が必死になっている姿を見て
私自身作品作りの楽しさを
思い出させていただきました。
スタッフ・キャストの思いのこもった作品に
なっておりますので、
皆様にもご覧いただきたいです。

倍賞美津子

倍賞 美津子(ばいしょう みつこ、1946年11月22日 – )は、日本の女優。茨城県出身。事務所はロータス・ルーツ。

来歴・人物

幼少時に東京都北区に移り、北区立紅葉中学校卒業後、1962年に松竹音楽舞踊学校に入学した。1965年松竹歌劇団に第18期生として入団する。


wikipediaより
4: 名無シネマ@上映中 2019/02/16(土) 09:58:51.13 ID:RQMnnUz5.net
松下奈緒

初めて映画のタイトルを聞いた時とても衝撃的でした。
大切な人がいなくなった時、
人は何を思い、何を考えるのだろうか。
いなくなってしまった事が悲しい、寂しい・・・
けれども、それだけじゃない。
そんな思いを優しく包み込んでくれるような
温かい作品です。

松下奈緒

松下 奈緒(まつした なお、1985年2月8日 – )は、日本の女優、ピアニスト、作曲家、歌手。

奈良県生駒市生まれ、兵庫県川西市出身。東京音楽大学音楽学部音楽学科ピアノ専攻卒業。所属事務所はジェイアイプロモーション。所属レーベルはエピックレコードジャパン。


wikipediaより
5: 名無シネマ@上映中 2019/02/16(土) 10:00:36.71 ID:RQMnnUz5.net
村上淳

静かで暑い撮影だった。初の大森組。
娯楽としてどうこの脚本を具現化するのか。
それにはスタッフそして俳優部の粘りや技量はもちろん
ふと映画館に入って帰り道になんかあれかな。
あれ。とてもいい映画を見たんじゃないかなと
思っていただけるような作品に向かってのサムシングを
全員で模索していたような現場でした。
そのサムシングを皆様ぜひ劇場で感じとっていただきたい。
劇場でお会いしましょう。

6: 名無シネマ@上映中 2019/02/16(土) 10:01:57.32 ID:RQMnnUz5.net
石橋蓮司

大森監督とは十数年ぶりの
再会となりますが、
監督はもうすでに巨匠感を
漂わせる風情で、驚かされました。
次回お会いした時は、
監督『さん』と呼ばなければと
思っております。

9: 名無シネマ@上映中 2019/02/19(火) 23:32:26.91 ID:flABfrkv.net
予告みたことない

10: 名無シネマ@上映中 2019/02/19(火) 23:41:15.00 ID:47y78amq.net
某映画のように「母の遺骨をたべたい」と思った人は自分だけじゃないは

14: 名無シネマ@上映中 2019/02/24(日) 15:00:45.99 ID:4fw9/xQA.net
見事にレベルの違いを見せてくれた
もう一度見ようと思う

ロッキー、ゲゲゲの女房、セトウツミのオマージュっぽいのがある
瀬々っぽさも少し感じた。ヤスケンはアイリーンに続く感じだが
こっちはモテてる。36歳主人公なんでもっとアイドル人気
ある主演なら客を呼べたのになあとは思う。

光と日日と、信じられない程に遠くに連れて行ってくれたが
ここでやっと一息ついた感じがあってホッとした
正直、日日が一息つく作品だと思ってたが、やっとホントに一息ついた

監督の母親ってどういう人なのかなと想いを馳せつつ
これは大森南朋映画って側面もあるなと
一大作家の新作はやっぱ見逃せない

16: 名無シネマ@上映中 2019/02/24(日) 17:40:36.69 ID:xieJ8uX+.net
安田顕はリアルで遺骨食いそう

17: 名無シネマ@上映中 2019/02/24(日) 17:49:46.39 ID:l+7N04vT.net
勝新太郎の逸話を思い出したわ

18: 名無シネマ@上映中 2019/02/24(日) 18:15:29.75 ID:6IO60PRK.net
見事なまでに「チラシの裏に書いとけ!」みたいな作品
だが恥ずかしいことも嫌なことも包み隠さずに表現していて
それゆえ逆に共感したり反省してしまう
年寄りがぐずぐずするのはしょうがないよ
「こうしたらいいだろ!」じゃなく優しく見守ってあげよう

19: 名無シネマ@上映中 2019/02/24(日) 18:19:53.14 ID:6IO60PRK.net
監督の母親はあの人の嫁だからな
今「翔んだ埼玉」観てきたけど白塗りふんどしで楽しそうにしていた

20: 稚羽矢 2019/02/24(日) 21:31:05.04 ID:ilCsa/So.net
骨髄移植を受けると不妊症になる可能性があるなんて知らなかった…

21: 名無シネマ@上映中 2019/02/24(日) 21:49:51.28 ID:o5veM5db.net
俺も子作りを躊躇していたのは、てっきり子供も白血病になりやすい体質になるからだとばかり思ってたわ
つか俺のホームタウンの上野で何で上映しないんだよ! わざわざ日比谷まで行ったわw

23: 名無シネマ@上映中 2019/02/25(月) 10:01:26.28 ID:R3sDaezf.net
うちも父、母と兄妹とみんなで今でも毎週のようにスポーツ観戦でかけるくらい仲いいから
癌かどうかはともかく両親にやがてこういう状況がやってくるかと思うと正直、怖いと思いながら見てた。

ああでも、遺骨を食べたいとまでは思わないけどw

24: 名無シネマ@上映中 2019/02/25(月) 10:58:22.42 ID:J0ZCaIub.net
ひでータイトル

27: 名無シネマ@上映中 2019/02/25(月) 23:46:49.74 ID:FRoMTV+L.net
なかなかいい映画だった
今から帰るんだけど
カレーか明太子マヨおにぎり
どっちを食うか迷う

28: 名無シネマ@上映中 2019/02/26(火) 00:15:35.19 ID:0ifE7W3R.net
海で裸になった時、みんな靴下だけは脱いでなくてワロタw

29: 名無シネマ@上映中 2019/02/26(火) 10:49:07.66 ID:fFC1FolM.net
この映画じゃさすがにヤスケンは脱がないだろう・・・と思ったら、最後の最後にこんな映画でも脱ぎやがった・・・
blank - アカデミー賞で高畑勲監督、橋本忍さん追悼

アカデミー賞で高畑勲監督、橋本忍さん追悼

blank - 大森立嗣監督 悲しみ乗り越える家族 ユーモア交え 映画「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」

大森立嗣監督 悲しみ乗り越える家族 ユーモア交え 映画「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」