in ,

劇場アニメ『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』の場面写公開 新キャラ・テルの姿、ムビチケやフィギュアも

引用元:劇場アニメ『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』の場面写公開 新キャラ・テルの姿、ムビチケやフィギュアも

1: 湛然 ★ 2019/07/12(金) 23:14:18.96 ID:wJr3QC3C9.net
「この世界の片隅に」ロング版の場面写に新キャラ・テルの姿、ムビチケやフィギュアも
2019年7月11日 17:00
https://natalie.mu/comic/news/339346

劇場アニメ「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」新場面写真
ikutsumonokatasumi main190711 01 fixw 730 hq - 劇場アニメ『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』の場面写公開 新キャラ・テルの姿、ムビチケやフィギュアも
ikutsumonokatasumi main190711 02 fixw 640 hq - 劇場アニメ『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』の場面写公開 新キャラ・テルの姿、ムビチケやフィギュアも
ikutsumonokatasumi main190711 03 fixw 640 hq - 劇場アニメ『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』の場面写公開 新キャラ・テルの姿、ムビチケやフィギュアも
ikutsumonokatasumi main190711 04 fixw 640 hq - 劇場アニメ『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』の場面写公開 新キャラ・テルの姿、ムビチケやフィギュアも
ikutsumonokatasumi main190711 05 fixw 640 hq - 劇場アニメ『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』の場面写公開 新キャラ・テルの姿、ムビチケやフィギュアも
ikutsumonokatasumi teaser1220 fixw 640 hq - 劇場アニメ『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』の場面写公開 新キャラ・テルの姿、ムビチケやフィギュアも

左から「すずさんと晴美さん」「献立を考えるすずさん」「スケッチをするすずさん」「すずさんと周作さん」。
ikutsumonokatasumi figure fixw 640 hq - 劇場アニメ『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』の場面写公開 新キャラ・テルの姿、ムビチケやフィギュアも

劇場アニメ「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」のムビチケカード。
ikutsumonokatasumi mubichike fixw 640 hq - 劇場アニメ『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』の場面写公開 新キャラ・テルの姿、ムビチケやフィギュアも

すずを演じるのん
D Mtai6UEAMu7e5 - 劇場アニメ『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』の場面写公開 新キャラ・テルの姿、ムビチケやフィギュアも

こうの史代原作による劇場アニメ「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」より、新たな場面写真が解禁された。

このたび公開された場面写真は5点。すずとリンが二葉館の前で語らう場面や、神妙な面持ちのすずが白い息を吐きながら雪を踏みしめるシーンなどが切り取られ、同作より初登場となる新キャラクターのテルの姿が初めて披露された。

また一部の上映劇場とメイジャーの公式サイトでは、7月12日にムビチケカードが発売。ムビチケカードはペア券とシングル券の2種が用意され、異なる絵柄のオリジナルはがきがそれぞれ特典として付属する。なおムビチケの発売に併せ、新場面写真が追加された第2弾ティザーチラシも全国劇場ほかにて配布される。

さらに10月1日より全国のローソン、ミニストップでは「海洋堂製オリジナルフィギュア(絵コンテver.)付ムビチケカード」を販売。フィギュアは造形作家の香川雅彦、松本栄一郎が原型制作を行い、手のひらサイズに仕上げられた。「すずさんと晴美さん」「献立を考えるすずさん」「スケッチをするすずさん」「すずさんと周作さん」の4種類がセットで用意される。なおムビチケカードが同梱されないフィギュアのみの販売もローソン、ミニストップ限定で実施。詳細は公式サイトで確認しよう。

◆劇場アニメ「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」

2019年12月20日(金)東京 テアトル新宿、ユーロスペースほか全国公開
スタッフ

原作:こうの史代「この世界の片隅に」(双葉社刊)
企画:丸山正雄
監督補・画面構成:浦谷千恵
キャラクターデザイン・作画監督:松原秀典
美術監督:林孝輔
音楽:コトリンゴ
プロデューサー:真木太郎
監督・脚本:片渕須直
製作統括:GENCO
アニメーション制作:MAPPA
配給:東京テアトル
製作:2018「この世界の片隅に」製作委員会
キャスト

のん、細谷佳正、稲葉菜月、尾身美詞、小野大輔、潘めぐみ、岩井七世、牛山茂、新谷真弓、澁谷天外

(c)2018こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

(おわり)

 

1001: ジョン・ドゥ@シネマ速報 2016/04/01(金) 10:00:00.00 ID:cinesoku.net

8: 名無しさん@恐縮です 2019/07/12(金) 23:26:33.92 ID:+HCZJKTt0.net
ドラマすずをノンで見たかった

 

12: 名無しさん@恐縮です 2019/07/12(金) 23:32:17.15 ID:olyTXbhl0.net
8月3日のNHKで放映する

「この世界の片隅に」

ふだんアニメを観ない爺婆たちにばれちゃうな

 

13: 名無しさん@恐縮です 2019/07/12(金) 23:38:52.90 ID:4+VEi1P10.net
最初の映画ではリンさんのエピソードがっつり削ってたからちょっと楽しみ

 

14: 名無しさん@恐縮です 2019/07/12(金) 23:41:27.23 ID:Soguo4PO0.net
正直全然面白くなかった

 

20: 名無しさん@恐縮です 2019/07/12(金) 23:50:13.59 ID:olyTXbhl0.net
>>14

そもそも、あの映画は観終わった後「面白い」って質の映画ではないだろ
いい映画だとか、辛い映画だとか、重いとか…人それぞれだろうが
映画の感想が「面白くない」ってのは、観たのか?と違和感がある

 

15: 名無しさん@恐縮です 2019/07/12(金) 23:41:53.82 ID:vHRROr/N0.net
キネ旬一位は伊達じゃないわ

 

16: 名無しさん@恐縮です 2019/07/12(金) 23:43:46.76 ID:iLWNs3tt0.net
すず、りんのところは
原画の口紅絵がすごかったなぁ

 

19: 名無しさん@恐縮です 2019/07/12(金) 23:47:15.78 ID:M5TLihbZ0.net
りんと周作のあれこれ追加すると周作のイメージが
変わりそう

 

29: 名無しさん@恐縮です 2019/07/13(土) 00:14:35.10 ID:XkysFjZ30.net
のん使えばこういう名作がちょくちょく生まれるのにもったいない

 

36: 名無しさん@恐縮です 2019/07/13(土) 00:27:43.01 ID:EE9Zf2+D0.net
片渕氏はパチスロメーカーから散々せがまれているのでは?
アニメ版『BLACKLAGOON』の続きを早く作れ、と。

 

43: 名無しさん@恐縮です 2019/07/13(土) 00:52:59.76 ID:ojjP0/8P0.net
>>36
作者に言えよw

 

44: 名無しさん@恐縮です 2019/07/13(土) 01:12:14.75 ID:EE9Zf2+D0.net
>>43
最近の話だが連載再開したよ。

 

37: 名無しさん@恐縮です 2019/07/13(土) 00:30:15.36 ID:/nQNIsCQ0.net
振り返ってるポスターの絵柄見て「これは観ないでおこう」と思ったけど、
しばらくしてからなんとなく行っちゃったら大傑作でビビった

 

38: 名無しさん@恐縮です 2019/07/13(土) 00:35:26.76 ID:SrNSYj9o0.net
使わなかったカットを再編集するだけの
いわゆる完全版商法とは違うからね
おそらく当初のバージョンと同じくらい製作費使ってる
無限にこだわりポイントが次々出てきて
金があるとじゃんじゃん使いたくなる高畑勲に似てるかも

 

39: 名無しさん@恐縮です 2019/07/13(土) 00:37:59.97 ID:bzfbKvoy0.net
思いがけずヒットしたから、儲かった金を注ぎこんで
納得いくまで作り直したって感じ

高畑勲と似たような金遣いの荒さだけど、宮崎駿の稼いだ金を蕩尽した高畑と違って
自分で稼いだ分を使うだけだから誰も文句は言えんわなw

 

40: 名無しさん@恐縮です 2019/07/13(土) 00:38:34.75 ID:fHWHmZfr0.net
売春のお姉ちゃんフェードアウトしてそこだけよくわからんことになってたもんな
対になる存在のはずなのに、映画だけしか見てなかった時には夫婦間の関係を深めるきっかけに過ぎない印象というか

 

41: 名無しさん@恐縮です 2019/07/13(土) 00:48:55.34 ID:mbiJSZhR0.net
主演が下手すぎて後半主演のセリフ聞くだけで耳と脳に疲れがたまったわ
何か音痴だったし棒読みで泣くし
当然吹き替えも全部録り直しでマシになってるよね?
公開当時は主演下手な点と主人公が原作に比べてただの馬鹿になってた点以外好意的に見てたけど、
だんだん信者が暴徒化してのんのんうるさいから苦手な作品になった

 

48: 名無しさん@恐縮です 2019/07/13(土) 01:39:54.62 ID:HVobc3qm0.net
先に原作を読んだから実写版はもちろんアニメもこの先見ないと思うけど原作は面白かった

 

57: 名無しさん@恐縮です 2019/07/13(土) 04:10:09.83 ID:5rcaOwtF0.net
正直、時代考証の面からしても
邦画実写とは異次元なほど手間暇かけているからな

今やアニメ>実写映画の時代なんだよな

 

68: 名無しさん@恐縮です 2019/07/13(土) 05:41:12.33 ID:rPks2wVc0.net
>>57
「クレヨンしんちゃんの戦国大合戦」の原恵一、「火垂るの墓」の高畑勲もこの映画の監督と同じようなことを口にしてた。
「そもそも体型が違う、顔つきが違う、骨格のレベルで違う。和室での和服を着た振る舞いが出来ない。プロップの調達
さえできない。ロケ地さえない。だからアニメでやる」と。
中島本町をアニメで再現したのだって、そこに住んでる人たちを実写で出しても「実際に住んでたナントカさんを演じた俳優
のカントカさん」にしかならないから、「限りなく本物に近い偽物」になっちゃう。
ちなみにアニメを見た呉のおばちゃん方は、「偽物なのに本物」「気がついたら偽物だということを忘れてた」って言ってた。
実写界の人は「ヤッパリジッシャジャナキャジッシャノホウガスゴインダ」って言うから「なんでそう思うの?」と聞いたら、昭和30年代の
作品を引き合いに出す。
そりゃその時代は大戦を生きた人従軍経験者、空襲を免れた町並み農耕馬などが沢山いたしあったし、プロップも調達
しやすかったし、和服での和室での所作も板についてたからでしょうがと呆れるより他なかった。

今はそれらが全て失われてるのに「昭和30年代は実写で出来たから」と実写でやって滑稽ですっとこどっこいなものを
作ってるのに気付いてないんだよねえ。

 

60: 名無しさん@恐縮です 2019/07/13(土) 04:23:18.20 ID:kLlRYDcH0.net
マイナーチェンジ版を作るヒマがあるなら、ふつうに続編を作ればよかったのにな

 

62: 名無しさん@恐縮です 2019/07/13(土) 05:18:33.82 ID:XB/LcKik0.net
>>60
原作あるのに勝手に作っちゃダメだろう

 

80: 名無しさん@恐縮です 2019/07/13(土) 06:24:40.82 ID:zwEAYbFL0.net
となりのトトロみたいに

テレビで放送されることで
一般にも名作アニメとして認知されるかもな

 

82: 名無しさん@恐縮です 2019/07/13(土) 06:36:52.51 ID:hhrtuWvC0.net
原作が好きだから見てないわ

 

83: 名無しさん@恐縮です 2019/07/13(土) 06:51:43.74 ID:/WdyuODh0.net
原作の咀嚼具合で監督に勝てる人はそういないのに、アニメ見ないのは勿体無い

 

85: 名無しさん@恐縮です 2019/07/13(土) 06:58:58.78 ID:/WdyuODh0.net
自分も、新作に携わって欲しいなあ、とは思った。
能力はあるからねえ

 

87: 名無しさん@恐縮です 2019/07/13(土) 07:38:33.38 ID:hIyqUPLq0.net
ファンにとっては待望の新作パートが加わった作品だろうけど、一般的にはディレクターズカットみたいに受け止められそうなんだよな
しかも上映時間が長いし、この映画の宣伝で通常版をテレビ放送したら意味がないし

 

88: 名無しさん@恐縮です 2019/07/13(土) 08:17:36.94 ID:XhjZhHH10.net
予算と上映時間の関係で泣く泣く削った部分を復活させて、監督の当初の構想通りに完成させるのが本作
ムリクリ新しいパートを付け加えるのではない
51RsOIbFI0L - 劇場アニメ『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』の場面写公開 新キャラ・テルの姿、ムビチケやフィギュアもこの世界の片隅に (特装限定版) [Blu-ray]

¥ 10,584
のん, 細谷佳正, 稲葉菜月, 尾身美詞, 小野大輔, 片渕須直Amazonで詳しく見る

blank - 映画でクソ萎える瞬間

映画でクソ萎える瞬間

blank - 何故面白くない映画が生まれるのか

何故面白くない映画が生まれるのか