in ,

スーパーマン”S”マークデザインの歴史

2006年の『スーパーマン・リターンズ』は無かったことにして、『ダークナイト』に続けとクリストファー・ノーラン製作、ザック・スナイダー監督によってリブートされる『マン・オブ・スティール』ですが、今回はスーパーマンをかっこ良く映画化する際の悩みの種、スーパーマンのロゴの歴史が一目で解る画像を紹介します。

7ea39579 s - スーパーマン”S”マークデザインの歴史

1001: ジョン・ドゥ@シネマ速報 2016/04/01(金) 10:00:00.00 ID:cinesoku.net


時代ごとのコミックス版と映画版のデザインの変遷は、赤、青、黄色の派手なタイツをどうやって時代にマッチさせるかというデザイナーの格闘の歴史ではないでしょうか。
新作『マン・オブ・スティール』版はダークナイトに続く、暗めのデザインですね。『300』『ウォッチメン』と原作再現度の高さに定評があるザック・スナイダー監督ですが、『ガフールの伝説』『エンジェル ウォーズ』と最近はガッカリな作品ばかりだったので、ノーラン監督と組んでカッコイイ現代風のスーパーマンにしてくれるのを期待しましょう。




高桥 沙树

How about turning a snow globe in a light bulb? I enjoy your blog – no, honestly I love it. Regards from Germany.

blank - 実写『魔女の宅急便』おソノ役は尾野真千子 清水崇監督はオリジナル世界観に自信

実写『魔女の宅急便』おソノ役は尾野真千子 清水崇監督はオリジナル世界観に自信

映画の吹き替えに本職の声優以外起用 若年層に否定意見多し